思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

コルツ、カウボーイズは4連勝、ドルフィンズは長いトンネル

NFL第4週が行われ、グリーンベイ・パッカーズのQBブレット・ファーブ選手は、敵地でのミネソタ・バイキングス戦で2TDパスを記録。これでキャリア通算422TDパスとし、先週まで420で並んでいたダン・マリーノ選手を抜き通算TDパスで歴代単独トップに立ちました。試合はファーブ選手の活躍によりパッカーズが23対16でバイキングス勝利し、1998年以来となる開幕4連勝を達成しています。マリーノ選手の記録が破られてしまったことは残念ですが、ファーブ選手の頑張りには脱帽です。
3連勝のチーム、コルツはブロンコス相手に、QBペイトン選手がパス193ヤード、3TD、RBジョセフ・アダイがラン19回136ヤード、1TDと効率のよい攻めをみせて4連勝、またカウボーイズもラムズ相手に35対7で圧勝しました。QBロモ選手、339ヤード、3TD、1インターセプトtp大活躍です。これでカウボーイズも1995年以来となる4連勝です。3連勝中のスティーラーズはカーディナルスに14対21で敗戦し4連勝はなりませんでした。
b0077271_18404727.jpg

不調のレックス・グロースマンに代え、ブライアン・グリーシーを先発QBに起用したベアーズですが、パス52回中34回成功、286ヤード、2TDも3インターセプトを献上と期待に応えることができずに、ライオンズに37対27で逆転負けをきっしてしまいました。
b0077271_18405959.jpg
さてドルフィンズですが、昨シーズンのエースQBであったカルペッパー選手率いるレーダーズに17対35と完敗です。カルペッパー選手のパスは75ヤードに抑えましたが2TDを奪われ、ランでも3TDと散々な内容、初勝利はまたしてもお預けです。開幕4連敗は昨シーズンを同じ結果ですが、昨年は次戦で初勝利、今年もそう願いたいものです。

写真は http://www.nfljapan.co.jp/index.html から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-10-01 18:41 | 球技