思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

コルツ、ペイトリオッツ5連勝、パッカーズは連勝が止まる

NFL第5週が行われ、コルツ、ペイトリオッツが5連勝を飾りました。AFCは2強対決ムードが序盤戦終了段階ではっきりしてきたようです。
クリーブランド・ブラウンズと対戦したペイトリオッツは、トム・ブレイディ選手が3TDパスをあげ、リーグタイ記録となる開幕5試合連続3TDパスを達成しています。ペイトリオッツの開幕5連勝はチーム史上3度目となります。
タンパベイ・バッカニアーズと対戦したコルツは、マービン・ハリソン選手、ジョセフ・アダイ選手と攻撃の主力がケガで欠場しましたが、代役の先発ケントン・キース選手、アンソニー・ゴンザレス選手の活躍で33対14で勝利しました。
b0077271_1217623.jpg

注目のパッカーズ対ベアーズの試合は、5ターンオーバーを奪った守備陣の活躍で試合残り2分に勝ち越しTDを奪ったベアーズが27対20で競り勝っています。パッカーズの5連勝はなりませんでした。
そしてドルフィンズですが、試合残り1秒から57ヤードFGを決められてまたも敗戦、開幕5連敗です。テキサンズのKクリス・ブラウン選手にFGを5本成功(そのうち3本は50ヤード以上)されるなど、彼1人に負けてしまったような試合内容でした。後1本のFG、TDが足りない試合内容、初勝利は次節に持越しです。
b0077271_12174069.jpg
ピッツバーグ・スティーラーズ対シアトル・シーホークス戦は、スティーラーズが21対0、サンディエゴ・チャージャースは同地区ライバルのデンバー・ブロンコスを41対3で粉砕して連敗をようやく3で止めています。ドルフィンズと同様未勝利のセントルイス・ラムズとニューオリンズ・セインツは、ともにドルフィンズ同様に競り負け両チームとも今季初白星を逃しています。
マンディナイトは、無敗のカウボーイズが未勝利のビルズと対戦します。今期の調子からカウボーイズの5連勝濃厚ですが、果たしてどうなるか注目ですね。

写真は http://www.nfljapan.co.jp/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-10-09 12:18 | 球技