思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

亀田父子を処分 大毅選手資格停止1年 父は無期限

昨日も書きましたが、亀田親子に対してJBCから処分がくだされました。
1)大毅選手:ライセンス1年間停止
2)史郎トレーナー:セコンドライセンス無期限停止
3)興毅選手:厳重戒告


b0077271_8382449.jpg最初にこの発表を聞いたとき、史郎トレーナー、セコンドライセンスだけ停止なら練習の面倒がみれるではないかと思いましたが、彼はセコンドライセンスしか保持していないそうで、これで息子たちの指導ができなくなると知ってこの処分が理解できました。
処分が厳しいかどうかは判断しかねますがこの際、特に大毅選手は父親との関係を絶ち、禅寺にでも行って精神修行をするのがベストではないかと考えます。礼儀と口の聞き方は成人男性の最低限守らなければいけないルールです。試合が終わったら握手する、試合前の暴言は許されますが、言いすぎた場合は試合後に謝る(辰吉選手も薬師寺選手との試合後に謝ったと聞きます)、これらを励行することがまず第一ではないかと思います。
1年間の停止期間は長いという声もありますが、自らを研鑽する時間に当てて欲しいものです。ボクシングの才能はあるのですから。

最後にJBCに対しても苦言と一言。そもそも世界戦で家族はセコンドにつけないそうですが、ローカルルールという適当なルールを作成して、亀田親子がセコンドについたそうですね。これが今回の事件の発端かもしれません。JBCも自らを正す姿勢が必要だと思いますが。
相撲協会、JBC、昔からの格闘技スポーツが揺れていますが、早く立て直して欲しいですね。

写真は http://www.asahi.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-10-16 08:28 | 日記