思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

トーリ監督退任/レッドソックスは快勝して地元へ!

去就が注目されているMLBヤンキーズのトーリ監督ですが、退任が決定的となったようです。球団からの来年度契約が提示され、基本年俸500万ドルにプレーオフ進出などに応じた出来高が付き、最高で800万ドル(約9億2400万円)の1年契約。今季は基本年俸750万ドルだったと伝えられており、減額の提案となっています。
この提案にたいしてトーリ監督は「ノー」の答えをだしたと言われます。うがった見方をすれば、ワンマンオーナーの意向を受けて、解任するのではなく減額の年某を提示してトーリ監督自らに決断をせまったのではと思います。トーリ監督解任の場合、リベラ投手、ポサダ捕手は退団をほのめかしていますし、ジーター選手にもその意向はあるようです。またA.ロッド選手もFAを行使するかもしれませんから、今年のストーブリーグはヤンキーズ中心に動くようです。
トーリ監督のこの決定に対して、ヤンキーズの主力選手はどのような動きをするかが注目です。一番の関心事である松井秀喜選手の動向も気になりますね。
b0077271_173048.jpg

▼松井秀喜外野手の話 僕自身は何も聞いていないし、コメントする立場にない。ただ、トーリ監督を思う気持ちはずっと変わりません。

一方ヤンキーズのライバル球団のレッドソックスは、ア・リーグ優勝決定シリーズで、インディアンスと対戦、7-1で勝利し、対戦成績を2勝3敗としました。1-13三回、レッドソックスはラミレスの適時打で勝ち越し、7回に2点、8回にも3点を加えて突き放しました。先発ベケット投手は8回1失点と力投、最後はパペルボン投手が締めくくりました。
これで地元に戻っての2試合に勝利するとワールドシリーズ進出です。松坂投手も第7戦の先発が予想されていますから、松井選手と、松坂、岡島両投手との対戦が見えてきました。
b0077271_17301944.jpg


写真は http://www.afpbb.com/category/sports/baseball から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-10-19 17:30 | 球技