思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

終わってみれば、妥当な結果の菊花賞

b0077271_16553479.jpg昔から、ダービー2着馬は出世するといわれていますし、牡馬でダービー最先着した馬ですから、菊花賞を勝っても何ら不思議はないわけです。4番人気のアサクサキングスが直線抜け出して、アルナスラインとのたたき合いを制して見事に優勝しました。ダービーで儲けさせてくれた馬は重い印にしないとバチがあたりますね。
やはり逃げて3000mを勝つのは難しいのかもしれません。ホクトスルタンも直線までは「いい感じ」でしたが、最後の伸びはなく、道中でスタミナを消耗してしまったのかもしれません。メジロアサマ→メジロティターン→メジロマックィーンと続く長距離血統の後継者は、来春の天皇賞で実現してくれることを期待します。

結果
1△10 アサクサキングス 牡3 57.0 四位洋文 3:05.1  
2 12 アルナスライン 牡3 57.0 和田竜二
3△4 ロックドゥカンブ 牡3 55.0 柴山雄一
4 5 エーシンダードマン 牡3 57.0 角田晃一
5△16 ドリームジャーニー 牡3 57.0 武豊

写真は http://www.sanspo.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-10-21 16:31 | ギャンブル