思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

マレーシアGP決勝、このレースもストーナーのワンマンショー

この人の強さはいつ形成されたのでしょうか。マレーシアGPもスタートでリードを奪ったストーナー選手がそのまま逃げ切り今期の10勝目をあげました。
2位にペドロサ選手が入った結果、チャンピオンシップポイントの2位争いは最終戦までもつれ込むこととなりました。できればチャンピオン争いがこの2位争いのような展開であれば面白かったのですが、ストーナーの強さは別格ですね。
b0077271_7585342.jpg

MotoGP結果
1 27 C.ストーナー ドゥカティ B 43:04.405
2 33 マルコ・メランドリ Honda B +1.701
3 26 ダニ・ペドロサ Honda M +2.326
4 14 R.デ・ピュニエ カワサキ B +3.765
5 46 V.ロッシ ヤマハ M +4.773
6 24 トニ・エリアス Honda B +17.667
7 71 C.バーミューレン スズキ B +20.950
8 21 J.ホプキンス スズキ B +22.198
9 1 ニッキー・ヘイデン Honda M +22.450
10 5 C.エドワーズ ヤマハ M +29.746
11 65 L.カピロッシ ドゥカティ B +34.923
12 4 A.バロス ドゥカティ B +35.667
13 9 青木宣篤 スズキ B +44.113
14 7 カルロス・チェカ Honda M +44.486
15 13 A.ウェスト カワサキ B +49.658
16 56 中野真矢 Honda M +51.726
17 57 C.デイビス ドゥカティ B +58.905
18 6 玉田誠 ヤマハ D +59.596
19 50 S.ギュントーリ ヤマハ D +1:23.119
20 80 カーティス・ロバーツ KR212V M +1: 50.960
b0077271_7591055.jpg

250ccクラスでは、青山博一選手が今期2勝目をあげています。シーズン序盤のマシン仕上がりの遅れと本人の怪我の回復が速ければ、チャンピオン争いに参戦できたと思います。来シーズンはKTM残留か、MotoGP挑戦か、どちらを選択するか、興味津々です。
250ccクラス結果
1 4 青山博一 KTM 43:09.316

2 80 H.バルベラ アプリリア +2.251
3 1 J.ロレンゾ アプリリア +2.957
4 36 M.カリオ KTM +2.965
5 12 T.ルシ アプリリア +7.305
6 60 フリアン・シモン Honda +8.747
7 15 R.ロカテッリ ジレラ +16.105
8 58 M.シモンセリ ジレラ +26.101
9 55 高橋裕紀 Honda +28.032
10 41 A.エスパルガロ アプリリア +34.754
13 73 青山周平 Honda +48.020
b0077271_7592034.jpg

125ccクラスでは、前戦の鬱憤をはらすかのように、小山選手が2位争いを制して表彰台を確保しています。
125ccクラス結果
1 14 G.タルマクシ アプリリア 42:50.831
2 71 小山知良 KTM +6.753
3 55 H.ファウベル アプリリア +7.793
4 6 J.オリベ アプリリア +8.180
5 33 S.ガデア アプリリア +8.947
6 52 L.ペセック デルビ +9.935
7 24 S.コルシ アプリリア +10.132
8 75 M.パシーニ アプリリア +10.335
9 38 B.スミス Honda +23.426
10 7 A.マスボー Honda +24.808

写真は http://www.motogp.com/ja/motogp/index.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-10-22 07:59 | モータースポーツ