思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ライコネン、大逆転でワールドチャンピオン獲得

フェラーリのコンビがマクラーレンを完封してブラジルGPを制し、ライコネン選手が念願のF1ワールドチャンピオンを獲得しました。
レースはスタートにあったように思います。マッサ選手が絶妙のスタートを切りハミルトン選手を牽制し、その間にライコネン選手が2番手のポジションを確保したことが大きかったように感じます。ハミルトン選手のマシンにトラブルがでて最後尾近くまでポジションを落としたことが、ライコネン選手のチャンピオン獲得にプラスとなりましたが、やはりスタートで後手をひいたハミルトン選手の精神状態はパニックに近かったのではないかと想像します。
レースはたいへん面白く、ハミルトン選手の怒涛の追い上げは見事だったと思います。中嶋選手もグランプリ初戦で10位完走は評価できるリザルトだと思います。
レース終了後に、ザウバーとウイリアムズの4台のマシンから検出された燃料が規定より温度が低かった問題に関してFIAが調査をしましたが、レーススチュワードはこの件に関して4台にペナルティや失格などの裁定は出さないことを決定したそうで、これで正式リザルトが確定、キミ・ライコネン選手の2007年ワールドチャンピオン獲得が正式決定しました。最後までドラマのあったブラジルGPでした。
b0077271_12172473.jpg
b0077271_12173374.jpg
b0077271_1217468.jpg
b0077271_12175467.jpg
b0077271_1218319.jpg
b0077271_1218111.jpg
b0077271_12181840.jpg
b0077271_12182780.jpg

決勝結果
1 K・ライコネン フェラーリ 1:28:15.270
2 F・マッサ フェラーリ + 1.493
3 F・アロンソ マクラーレン + 57.019
4 N・ロズベルグ ウィリアムズ + 1:02.848
5 R・クビサ BMW + 1:10.957
6 N・ハイドフェルド BMW + 1:11.317
7 L・ハミルトン マクラーレン + 1 laps
8 J・トゥルーリ トヨタ + 1 laps
9 D・クルサード レッドブル + 1 laps
10 中嶋 一貴 ウィリアムズ + 1 laps
11 R・シューマッハ トヨタ + 1 laps
12 佐藤 琢磨 スーパー アグリ + 2 laps
13 V・リウッツィ トロロッソ + 2 laps
14 A・デビッドソン スーパー アグリ + 3 laps
Did not finish
15 A・スーティル スパイカー + 28 laps
16 R・バリチェロ ホンダ + 31 laps
17 H・コヴァライネン ルノー + 36 laps
18 S・ヴェッテル トロロッソ + 37 laps
19 J・バトン ホンダ + 51 laps
20 M・ウェーバー レッドブル + 57 laps
21 山本 左近 スパイカー + 69 laps
22 G・フィジケラ ルノー + 69 laps

写真は http://www.afpbb.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-10-22 12:18 | モータースポーツ