思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

亀田興毅が謝罪会見 父史郎氏は辞任申し入れ

WBC・フライ級タイトルマッチで反則を繰り返した亀田大毅選手らがライセンス停止処分を受けた問題で、協栄ジムの金平桂一郎会長は記者会見を開き、父で元トレーナーの史郎氏が辞任を申し入れたことを明らかにし、受理することを発表しました。
あわせて大毅選手と兄の亀田興毅選手に対する処分も発表し、大毅選手に厳重注意と練習再開時に謝罪会見を開くことを求め、興毅選手には3ヶ月間の試合出場の自粛とし、協栄ジム内での練習再開を許可しました。これで、一連の亀田家騒動に一応の終止符が打たれたわけです。また会見には興毅選手が同席し、亀田家を代表して謝罪しました。
b0077271_12174738.jpg


<記者との質疑>
―亀田家を代表して会見をした理由は。
 「見ても分かるように、おやじはああいう性格で不器用。『おまえらに迷惑を掛けたらいけない』と言われたのもあったから、おれが亀田家の長男として、ここに来た」
―世界戦で反則を指示したとされるが。
 「大毅の世界戦だし、舞い上がっていた。頭が真っ白になり、何を言ったのか覚えていない。でも映像も残っているのは事実だから、深く反省している」
 ―これまでのパフォーマンスについて。
 「試合に向けての作戦というのもあったが、行き過ぎたところもあった。そのあたりも反省して、これからやっていく」
 ―史郎氏への思いは。
 「小さい時からここまで育ててくれたのはおやじだし、今ここにいるのはおやじのおかげ。みんないろんなことを言うけど、世界一のおやじだと思っている」
 ―今後について。
 「不安だらけ。何もかも1からのスタートだけど、1日も早く気持ちを入れ替えて最強のボクサーになりたい」
 ―ファンにひと言。
 「いつまでもこういう姿ではなく、明るい姿を見せたい。早くリングに上がって闘い、勝って喜んでもらいたい」

父親よりしっかりした対応を取っており、いい指導者(ボクシングだけでなく、道徳的な面)に恵まれれば、立派なボクサーとして育っていきそうですね。

写真は http://www.sponichi.co.jp/index.html から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-10-26 12:18 | 日記