思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

レッドソックス3連勝で王手、松坂日本人初のワールドシリーズ勝利

松坂大輔投手が先発したワールドシリーズ第3戦はレッドソックスが勝ち、ワールドチャンピオンに王手をかけました。試合は過去2戦とは異なり、ロッキーズも地元で意地をみせた見ていて内容の濃い一戦だったと思います。
b0077271_16412022.jpg
b0077271_16414488.jpg
まず松坂投手、5回1/3を2失点の好投でした。2失点といっても6回に2四球をだしたところで降板し、リリーフが打たれてとられた失点ですから、事実上は無失点ともいえる内容ですが、やはり突如四球を連発してしまったことが降板の原因ですから、試合後のインタビューでもうれしさ半分といったところでした。かわりに打撃で魅せてくれました。3回にレフト前ヒット(メジャー初ヒット)で2打点! こちらは自らのピッチングを楽にする上でも素晴らしいヒットだったと思います。自らの打撃で白星を導き、日本人メジャーのワールドシリーズ初勝利です。
b0077271_16431152.jpg

一方、松井稼頭央選手も存在感をみせました。松坂投手との初打席はライト前ヒット、そして後一歩までレッドソックスを追い込むきっかけとなる3塁前のバントヒット&盗塁。岡島投手をマウンドに引き出すきっかけをつくり1点差においこみましたが、試合はそのまで。その後ロッキーズの救援陣が打たれて結局5-10で敗戦、あとがなくなりました。
このままレッドソックスがスィープするか、ロッキーズが意地を見せるか第4戦が楽しみです。

写真は http://www.afpbb.com/category/sports/baseball から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-10-28 16:43 | 球技