思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

小沢一郎辞任表明、今なぜ?

昨日小沢民主党代表が辞任表明会見をしました。まだ正式に辞任しているわけではないのですが(鳩山幹事長によれば、辞表は受け取ったが受理はしていない、慰留するとのこと)、今なぜこの時期にという気持ちはあります。
ただ、今の民主党では政権担当能力が欠如していると、小沢代表が判断し、「大連立」ではないが一部の政策については自民党と協働で担当すると言う、彼一流の考え方があったのではと思います。その考えを民主党役員会で否定されたので、今回の辞任まで発展していったのではないかと考えます。
どうも、民主党の大多数の議員、執行部は参議院選挙での圧勝で、民主党の政策が認められたと思っているのではないかとも思います。国民の一部にはそのような考え方もあると思いますが、自民党に「お灸」をすえる意味で民主党に投票した人も多かったと思います。そのあたりを小沢代表なりに分析し、この数日間動き回ったのではと考えてしまいます。
今回の辞任騒動、どう転んでも民主党にはマイナスですから、解散、総選挙が益々混迷してきましたね。
b0077271_12225537.jpg

小沢一郎民主党代表が四日、辞任表明の際に発表した「民主党代表としてけじめをつけるに当たり」の全文は次の通りです。
---------------------------------------------------------------------------
福田康夫総理の求めによる二度の党首会談で、総理から要請のあった連立政権の樹立をめぐり、政治的混乱が生じたことを受け、民主党内外に対するけじめとして、民主党代表の職を辞することを決意し、本日、鳩山由紀夫幹事長に辞職願を提出し、執行部をはじめとして、同僚議員の皆さんに私の進退を委ねました。
(1)十一月二日の党首会談において、福田総理は「衆参ねじれ国会」で自民、民主両党がそれぞれの重要政策を実現するために、民主党と連立政権をつくりたいと要請するとともに、政策協議の最大の問題とみられるわが国の安全保障政策について、極めて重大な政策転換を決断されました。
 そのポイントは
 1.国際平和協力に関する自衛隊の海外派遣は、国連安全保障理事会もしくは国連総会の決議によって設立、あるいは認められた国連の活動に参加することに限る。従って、特定の国の軍事作戦についてはわが国は支援しない。
 2.新テロ対策特別措置法案はできれば通してほしいが、両党が連立し、新しい協力体制を確立することを最優先するので、連立が成立するならば、あえてこだわることはしない。
 福田総理はその二点を確約されました。これまでのわが国の無原則な安保政策を根本から転換し、国際平和協力の原則を確立するものであるだけに、私個人は、それだけでも政策協議を開始するに値すると判断いたしました。
(2)民主党は、先の参議院選挙で与えていただいた参議院第一党の力を活用して、「マニフェスト」で約束した年金改革、子育て支援、農業再生をはじめ、「国民の生活が第一」の政策を次々に法案化して参議院に提出していますが、衆議院では依然、自民党が圧倒的多数を占めている現状では、これらの法案をいま成立させることはできません。逆に、ここで政策協議を行えば、その中で国民との約束を実行することが可能になります。
(3)もちろん、民主党にとって次の衆議院総選挙に勝利し、政権交代を実現して、「国民の生活が第一」の政治を実行することが最終目標であり、私もそのために民主党代表として全力を挙げてまいりました。しかし、民主党はいまだ、さまざまな面で力量が不足しており、国民の皆さまからも「自民党は駄目だが、民主党も本当に政権担当能力があるのか」という疑問が提起され続け、次期総選挙での勝利は厳しい情勢にあります。その国民の懸念を払しょくするためにも政策協議を行い、そこでわれわれの生活第一の政策が取り入れられるならば、あえて民主党が政権の一翼を担い、参議院選挙を通じて国民に約束した政策を実行し、同時に政権運営の実績を示すことが、国民の理解を得て、民主党政権を実現する近道であると、私は判断いたしました。政権への参加は、私の悲願である政権交代可能な二大政党制の定着と矛盾するどころか、民主党政権実現を早めることでその定着を確実にすることができると考えています。
(4)以上の考えに基づき、二日夜の民主党役員会において、福田総理の方針を説明し、「政策協議を始めるべきではないか」と提案いたしましたが、残念ながら認められませんでした。それは、私が民主党代表として選任した役員から不信任を受けたに等しいと考えます。
よって、多くの民主党議員、党員を指導する民主党代表として、また党首会談で誠実に対応してくださった福田総理に対し、けじめをつける必要があると判断いたしました。
---------------------------------------------------------------------------
これを読んで、どう思われますか。最新のニュースでは、民主党では後継代表選出に向けての作業を開始したとか、誰が新民主党代表となるのか興味がありますね。

写真は http://www.jiji.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-11-05 12:17 | 日記