思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

名古屋グランパス、地元最終戦はドローに終わる

b0077271_8493948.jpg今期のJリーグの試合のVTRを見ているような内容でした。スピラールが復帰して守備は安定しますたが(楢崎選手の好セーブに助けられた部分もありますが)、攻撃の詰めの甘さは相変わらず、16本のシュートを打ちながら11試合目の無得点試合でした。
この試合を観戦した、ストイコビッチ氏は「チャンスは多くつくったけどノースコア。モチベーションは高かったけど、集中力が問題だ」との感想を述べたほか、「今のは誰?」などと目につく選手も多々いたという印象も語っています。監督となって、第2のピクシーを育てて欲しいものです。

優勝争いは、浦和が鹿島に直接対決で破れたため、最終節まで浦和優勝はお預けとなりました。ガンバはロスタイムに同点に追いつかれてしまいました。悪夢の試合でした。そして残留争いは甲府が負けて降格が決定しています。

写真は http://www.sponichi.co.jp/index.html から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-11-25 08:49 | 球技