思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

阪神ジュベナイルフィリーズはトールポピー

お兄さんは今年のクラシック戦線で人気のあったフサイチホウオウですし、厩舎は角居厩舎ということで△にはしていましたが、まさか最後にあの足を使うとは思いませんでした。ゴール前200m位では、今度は本命馬の勝利かと思いましたがやはりこの秋は予想が当たりません(笑)。
2着のレーヴダムールもいい足を使って追い込んできて、藤岡騎手あと一歩で初GⅠだったのが惜しかったと思います。私の本命「エイムアットビップ」は逃げずに馬群の中で折り合い、ゴール前で抜け出すと言う競馬をし、3着でした。展開が違えば順位もまた違ったと思わせる今日のレース。春の桜のシーズンにはどの馬が笑っているか今から楽しみですね。

1△15 トールポピー 牝2 54.0 池添謙一 1:33.8  
2 9 レーヴダムール 牝2 54.0 藤岡佑介
3◎10 エイムアットビップ 牝2 54.0 福永祐一
4▲11 オディール 牝2 54.0 安藤勝己
5 6 シャランジュ 牝2 54.0 村田一誠

b0077271_16493476.jpgジャングルポケットの子供というのがハナの流線でわかりますね。池添騎手の惚れ込みを信じて重い印をつければよかったかと反省です。来週はいろいろな情報を集めようか、そうすると予想が散漫になりそうで、どうしたものか、悩んでいます。


写真は http://www.sponichi.co.jp/index.html から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-12-02 16:19 | ギャンブル