思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

春口監督が引責辞任、そして日本の15歳学力全科目で後退

関東学院大ラグビー部員の大麻取締法違反事件で新たに部員12人の大麻吸引が発覚したことを受け、関東学院大は同部の春口広監督が辞任したと発表しました。またラグビー部員全員には来年3月末まで、練習などを含む一切の課外活動を停止する処分も併せて発表しています。
b0077271_12384194.jpg本田副学長によると、春口監督は同日「世間を騒がせた」などとして辞表を提出、大学側はいったん電話で慰留しましたたが、春口監督の辞意は固く、同日付で受理したといいます。春口監督はラグビーファンならご存知の方も多い、優秀な指導者で関東学院大学ラグビー部を率いて、毎年お正月の大学選手権の常連校まで引き上げた人物です。現日本代表の箕内拓郎選手(NEC)や松田選手(東芝)、有賀選手(サントリー)などを育てたことで有名です。
ほとんどお1人で指導メニューを作成し、指導されていたことが、現在部員160名近くをかかえる部の運営として適切ではなかったことが今回の問題ではないかとも言われています。またカリスマを持った指導者が現場から去ることは惜しいと思いますが、身からでたサビなのかもしれません。

一方、経済協力開発機構は、世界57の国・地域の15歳約40万人を対象に2006年に実施した学習到達度調査の結果を発表しています。日本の高校生は「数学的応用力」が10位(前回は6位)、「読解力」は15位(同14位)。すでに公表している「科学的応用力」6位(同2位)と合わせ、全科目で前回より順位が後退しています。これもゆとり教育の弊害かもしれません。そもそもゆとり教育とは、学力だけでなく人間としての人格形成を目的として考えられたと思うのですが、大麻事件など人格形成もされず、学力も低下ではいいことなしの「ゆとり教育」だったと思います。文部科学省にも猛反省してほしいものです。

写真は http://www.jiji.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-12-05 12:20 | 教育と図書館関連