思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

浦和レッズ、セパハンを降しACミランとの準決勝へ

2007クラブW杯準々決勝、セパハンvs浦和レッドダイヤモンズ。アジア杯と同じ顔合わせとなった試合は浦和レッズが3-1でセパハンを降し、欧州代表ACミランとの準決勝へ駒を進めることとなりました。浦和ファンの皆様、おめでとうございます。
今までのJリーグ数戦とは、選手の動きが違いましたね、選手全員がほどよい休暇がさいわいしたのかいききとしたいつもの浦和レッズを久しぶりに見たような気がします。決定機を逃したり、作ってしまったりの前半でしたが、32分に相馬選手のセンタリングに永井選手がドンピシャの先制ゴール! これでチームは落ち着いて攻守に光っていました。
b0077271_17292236.jpg
b0077271_17293291.jpg

後半のワシントン選手のゴールは角度のないところから、よく入ったというワールドクラスのゴールだったと思います。これで、準決勝はACミランとの戦いですね。クラブチームが真剣勝負でどこまで通じるか、日本の実力が測れる一戦ですね。浦和レッズに頑張ってもらい、欧州代表のACミランに一泡吹かせて欲しいものです。準決勝が楽しみですね。
オジェック監督のコメント「チームのパフォーマンスにとても満足している。良いサッカーを披露できたと思う。良く組織されていたし選手の意欲も高かった。常に前向きなプレーを心がけた。3点を奪うことができたが、今日のチームの出来にはとても満足している」

PS:豊田スタジアムでの試合でしたが、再来年は名古屋サポータの赤い軍団がスタンドをうめて応援している姿を想像してしまいました。夢は夢のままで終わって欲しくないですね!

写真は http://www.afpbb.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-12-11 17:30 | 球技