思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

大阪冬の陣、勝利するのは/府知事選挙、出馬表明する人、懲戒請求される人

b0077271_16142123.jpg大阪大大学院教授の熊谷貞俊氏が、大阪市内で開かれた民主党府連の政治資金パーティーに出席し、「心を無にし全力を尽くして頑張る」と決意を表明しました。熊谷氏は“阪大のガリレオ”というキャッチフレーズで選挙を戦うとか、何かTV番組の視聴率争いの感がするネーミングです。20日にマニフェスト(公約集)を発表する予定だそうです。橋下氏は今日、「子どもが笑う」をキャッチフレーズに子育て支援策の充実に力を入れる姿勢を明確にしていますが素案レベル、この点では熊谷氏先行していますね。どのようなマニフェストがだされるか楽しみです。
さて、一方の橋下氏ですが、こちらは、平成11年に起きた山口県光市の母子殺害事件の裁判をめぐり、被告弁護団の懲戒請求をテレビ番組で視聴者に呼びかけたことに対し全国の市民ら約340人が、「刑事弁護の社会的品位をおとしめた」として、橋下氏の懲戒処分を所属先の大阪弁護士会に請求しました。
事の起こりは、今年の5月27日放送の「たかじんのそこまで言って委員会」(読売テレビ系)で、元少年の弁護団が1、2審での主張を上告審以降に変更し、殺意や婦女暴行目的を否認したことを批判し、「もし許せないと思うんだったら、一斉に弁護士会に懲戒請求をかけてもらいたい」などと視聴者に呼びかけたことが発端です。
この懲戒請求に対し橋下氏は「特定の弁護士が主導して府知事選への出馬を表明した時期に懲戒請求したのなら、私の政治活動に対する重大な挑戦であり、刑事弁護人の正義のみを絶対視する狂信的な行為」とコメントしますが、この問題は以前からいろいろな方から問題視されていたわけである意味、身から出た錆ともいえます。
選挙前からいろいろ問題のある橋下氏、このままでは自民党・福田首相と同じで支持率が急降下してしまいますよ。知事選には、共産党推薦で弁護士の梅田章二氏も出馬表明していますから、今後の選挙戦、面白い展開になってきました。やはり人気だけで立候補して当選というパターンは払拭して欲しいですから。

写真は http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200712/sha2007121802.html から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-12-18 12:42 | 日記