思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2008年F1は予選方式を微調整

FIAは2008年シーズンの予選をわずかに変更することを明らかにしました。セッション時間がQ1が20分間、Q2が15分間、Q3が10分間となることです。
主に変更されたのは、これまでドライバーたちが燃料を軽くするためにバーンアウト走行を行っていた予選Q3のようです。
b0077271_16153743.jpg
・予選セッションは決勝レース前日の14時から15時に行われる。
・セッションは次のように行われる。
a:14時~14時20分(Q1)
全てのクルマがトラックを走行し、セッション終了時に最も遅い7台が先に進めなくなります。残った17台のクルマのラップタイムはリセットされます。
b:14時27分~14時42分(Q2)
残った17台のクルマがトラックを走行し、セッション終了時に最も遅い7台が先に進めなくなります。残った10台のクルマのラップタイムはリセットされます。
c:14時50分~15時(Q3)
残った10台のクルマがトラックを走行し、ポールがきまります。

この方式はチャンピオンシップに24台のクルマが参戦した場合を想定しており、22台の場合は、6台のクルマがQ1とQ2でそれぞれ先に進めなくなることは今年と同じ、Q3の時間が短くなり、バーンアウト走行が今までのようにできなくなりますから、Q3が純粋に速さをきそう予選となりそうです。

写真は http://f1.gpupdate.net/ja/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-12-22 16:16 | モータースポーツ