思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

刺殺の少女は「正当防衛」 静岡地検、家裁送致せず

静岡県島田市で車内に監禁され、逃げるために男性会社員を刺殺したとして殺人容疑で書類送検された少女について、静岡地検は26日、「正当防衛が成立し、罪にならない」として家裁送致しない処分にしました(成人の場合の不起訴に当たります)。
地検は、わいせつ目的略取などの疑いで書類送検された会社員は、容疑を認定した上で被疑者死亡のため不起訴処分としています。

車内という密室での事件だけに、刺殺という行為が正当防衛と認められるかどうかが注目されていましたが、書類送検をしないというケースはきわめてマレのようで
読売新聞では
少女の弁護人の河村正史弁護士は読売新聞の取材に対し、「検察官と警察が事件の真相を究明して妥当な結論を出し、感謝している」と語った。その上で、「非行歴がない少女が生命、身体の危険に長時間さらされ、精神的に追い詰められた末の必死の行為だった。この結論に異論がある人はいないだろう」とした。

という取材記事や
少年事件を長年手がけてきた佐々木光郎・静岡英和学院大教授は「これだけの事件に巻き込まれた少女が容疑者から解放されて良かった。誰でも被害者になりうる。今後、専門家による少女の心の救済が必要だ」と話す。
という先生のコメントもあります。
今後この少女のケア、社会復帰を暖かく見守ることが重要だと思いました。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-12-27 12:37 | 日記