思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

パリダカ、主催者が中止を発表

新年の名物ラリーである、パリ・ダカール・ラリーがテロのために中止となってしまいました。
日本からも三菱以下のワークスチームや増岡選手、片山選手など多数が参加することで有名なデザートラリーでしたが、残念な結果となってしまいました。
b0077271_8301171.jpg

中止の理由は、主にモーリタニアにおける治安上の理由によるものだそうです。モーリタニアでは昨年12月に、首都ヌアクショット近くのアレグでフランス人の観光グループが襲撃されて4人が死亡する事件が起きていました。その事件にはテロ組織であるアルカイダの一派と考えらる組織が関係していたといわれており、モーリタニア政府はすぐに多数の兵士と警官をラリーの警護に投じる決定を下し、ASOも大会の実現は問題ないという姿勢を示していました。
しかし最終的にフランス外務省からの強い勧告に従い、スタート前日の大会中止を決めました。「我々にとってもっとも重視すべきはラリー関係者の安全を保障すること。それゆえ今大会の中止を決断した。我々は参加者の努力を無にするテロリストの脅威を非難する。2008年大会のキャンセルはダカールラリーの将来にとってマイナスとなるものではない」と、いう内容の声明をASO発表しています。テロの脅威はモータースポーツにも及んできたのですね、来年は無事開催されることを期待します。

写真は http://news2.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=9 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-01-05 08:30 | モータースポーツ