思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

【映画】最近はまっているもの/大輔と環菜

1枚のDVDを友人から借りたことから、週末の時間の過ごし方が変わってしまいました。その1枚のDVDとは「海猿」。ご存知の方も多いと思いますが、海上保安官である「仙崎大輔」を主人公として、人命救助を中心とした海上保安官の活躍を描いた物語の映画です。ここ数年、連続TVドラマはほとんど見ていなかったので、フジTVで2005年に放映されていたことなど知らずに、映画には続編があることを知り、「LIMIT OF LOVE 海猿」 を借りて見てしまいました。
そしてネットで調べると、テレビで「海猿 UMIZARU EVOLUTION」として放映されていたことを知って、こちらも全て見てしまいました。
ストーリーは海上保安官・潜水士としての仕事を縦軸に、仙崎大輔・伊沢環菜のラブストーリーを横軸にしたなかなか秀逸なドラマとなっています。特に人間の愛情、友情とは何か、恋人同士、友人同士、上司と部下、家族といろいろな切り口を用意してTVドラマでは毎回、違うスポットをあてて展開しています。映画、TVを通じて主人公の仙崎大輔が成長していく姿が漫画チックに描かれています(原作は漫画でした!)。
撮影にあたっては海上保安庁が全面協力をしていますので、巡視船、ヘリなどは本物がでていますので迫力はあり、海、船が好きな人にはそのシーンを見るだけでも堪能できるのではと思います。また20代の人にとっては、人を愛することとは何かを感じさせると思いますが、私は自らのの過去に照らして併せて結構感動しましたが、意見がわかれるかもしれませんね。まだご覧になっていない方は一見をお薦めします。映画版「LIMIT OF LOVE 海猿」 は500万人以上の人が見たということ、その数字も納得するものだと思います。
最後にテーマソングもTV版は『OCEAN』B'z 、映画は『Precious』伊藤由奈、Ipodで毎日聞いているので、最近は通勤時間帯は「海猿」づけになっています(笑)。
b0077271_12144377.jpg
b0077271_12145175.jpg
b0077271_12145839.jpg
b0077271_1215655.jpg

蛇足:先日、「LIMIT OF LOVE 海猿 プレミアム・エディション」を購入してしまいました。
羽住監督撮影台本レプリカも入っており、台本を見ると映画でカットされたシーンも結構あることがわかり、実際カットされていなかったらどうだったのかと思ってしまいました。ラストシーンも台本では病院となっていましたがそのシーンは大きな×がついていました。

写真は DVD から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-02-16 12:15 | メディア(本、映画、記事)紹介