思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

【F12008】オーストラリアGP/ハミルトン完勝、レースは大荒れで完走は6台、中嶋6位入賞

開幕戦のオーストラリアGPが終了しました。レースはスタート直後の多重衝突事故にはじまり、セーフティカーが3回も入る大荒れ状態、また気温が高かったこともありエンジントラブルでリタイアするマシンも多く完走はわずかに6台というレースとなりました。その中、ハミルトン選手のみは何事もなくトップを独走して開幕戦の勝利を飾りました。彼が初優勝した昨年のカナダGPも大荒れのレースでしたから、このようなレース展開は彼に向いているのかもしれません。
そのような荒れたレース、中嶋一貴選手は接触による2度のノーズ交換(クビサ選手に追突したことにより、次戦のスターティンググリッドは降格となっています)がありながら見事に6位完走、初ポイントを獲得しました。お父さんの悟選手の代名詞「なっとう走法」を息子の一貴選手も実践したところにDNAを感じますね。
惜しかったのは、ライコネン選手だと思います。怒涛の追い上げで一時は3位にポジションアップしましたが、コヴァライネン選手をオーバーテイクする際にコースアウト、そしてエンジントラブルでリタイア(最終的にはバリチェロ選手の失格で8位)と予選段階から運に見放されたレースだったようです。ただし速さは一級品ですから、マレーシアではハミルトン選手との一騎打ちが期待できます。
b0077271_12462252.jpg
b0077271_12462872.jpg
b0077271_12463491.jpg
b0077271_12463927.jpg
b0077271_12464553.jpg
b0077271_12465185.jpg


結果
1 L・ハミルトン マクラーレン 1:34:50.616
2 N・ハイドフェルド BMW + 5.478
3 N・ロズベルグ ウィリアムズ + 8.163
4 F・アロンソ ルノー + 17.181
5 H・コヴァライネン マクラーレン + 18.014
6 中嶋 一貴 ウィリアムズ + 1 laps
Did not finish
7 S・ボーデ トロロッソ + 3 laps
8 K・ライコネン フェラーリ + 5 laps
9 R・クビサ BMW + 10 laps
10 T・グロック トヨタ + 14 laps
11 佐藤 琢磨 スーパー アグリ + 27 laps
12 N・ピケ・ジュニア ルノー + 28 laps
13 F・マッサ フェラーリ + 29 laps
14 D・クルサード レッドブル + 33 laps
15 J・トゥルーリ トヨタ + 38 laps
16 A・スーティル フォースインディア + 49 laps
17 M・ウェーバー レッドブル + 57 laps
18 J・バトン ホンダ + 57 laps
19 A・デビッドソン スーパー アグリ + 58 laps
20 S・ヴェッテル トロロッソ + 58 laps
21 G・フィジケラ フォースインディア + 58 laps
22 R・バリチェロ ホンダ no time

写真は http://f1.gpupdate.net/ja/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-03-17 12:47 | モータースポーツ