思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

【映画】「大決戦!超ウルトラ8兄弟」製作発表、全然違うことを考えてしまった

「大決戦!超ウルトラ8兄弟」の製作発表会が開催されたそうです。ネットニュースでは、そのときの会見がたくさんの写真とともに公開されており、初代ウルトラマンとウルトラセブン世代としては何か懐かしく写真を眺めてしまいました。その記事も結構注目というか、「夢を与える作品」ということでなんとウルトラセブンのモロボシダンとアンヌ隊員が結婚しているということです。そのほか「ウルトラマン」のハヤタシンとフジアキコ、「帰ってきたウルトラマン」の郷秀樹と坂田アキ、「ウルトラマンA」の北斗星司と南夕子も夫婦として登場するそうで、昭和のウルトラヒーローは守る対象が地球から家族になったようです。
b0077271_2062237.jpg

ウルトラセブンというば、前作のウルトラマンと異なり地球を侵略しようとする宇宙人とウルトラ警備隊+ウルトラセブンとの戦いが主要テーマでした。なかには地底人との戦いなど、今思えば考えさせられる内容の秀作も多数あり、50を過ぎた「おっさん」でも考えさせられる内容のものもあります。確か記憶によれば「地底人」が登場するストーリーは、地球の先住民は地底人であり、その後に生まれた地球人が地球を侵略し、地底人を地底に追いやって、再びその地底人が地球上に現れると言うストーリーだったと思います。ここまで書いて「チベット問題」などの人権問題も同じではないかと考えさせられます。今地球という場所には私たち人間が住んでいますが、過去はどうだったのか、例えばイスラエルは誰の土地なのか、チベットは誰が住むことが一番いいのか、こんなことを考えてしまいました。

なお映画は、8人のウルトラマンと5体の怪獣が横浜を舞台に対決するそうで、9月13日から全国でロードショー予定、26日から前売り券の販売を開始するそうです。見に行くかどうかちょっと悩んでいます。

写真は http://mainichi.jp/enta/mantan/graph/anime/20080422/ から(ほかにもたくさんあります)
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-04-24 20:07 | メディア(本、映画、記事)紹介