思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

【W杯予選】日本代表、アウェイでオマーンとドロー

38度という高熱のオマーン・マスカットスタジアムでのW杯3次予選の第4戦、結果は1-1のドローでしたが、課題もあり、よくなった点もありと複雑な内容の試合でした。
前半早い時間にミスから失点しまい、その後はオマーンにひかれて守られるといういやな試合内容で前半は終了してしまいました。後半になると前半は影を潜めていたサイドからの攻撃を意識的に行うようになり、玉田選手がPKエリア内で反則をもらい、遠藤選手がPKを決めて同点に追いつきました。
b0077271_9405930.jpg
b0077271_941128.jpg
しかしその直後に、闘莉王選手がPKエリア内で相手選手を倒しPKをとられてしまいます。ここは名古屋の守護神・楢崎選手が好セーブで失点を食い止めます。その後、日本は何度も決定機をつかみますが、ツメが甘く(オマーンGKのうまさもありますが)勝ち越すことはできませんでした。反対にカウンターからピンチを招くこともあり、岡田監督の談話「ピンチは失点したときのみ」と言うのはあまりに楽観的だと思います。前掛りで攻めているときのカウンターには十分対応できる仕組みを考えないといけないと思います。
とりあえず、勝点1を獲得したのですから、バーレーン戦よりは進歩ですが、うまい試合コーディネートをすれば勝点3をゲットできた試合だと思うと、しょっと消化不良ですね。後はレフェリングですが、久しぶりに「ああ! アウェイ!!」という笛が多すぎたように思いました。

写真は http://www.afpbb.com/category/sports/soccer から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-06-08 09:41 | 球技