思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

【W杯予選】アジア地区の最終予選組み分け決定、日本はA組

b0077271_6545340.jpgW杯アジア最終予選の組み合わせ抽選会が行われ、日本はA組となりました。そのA組ですがオーストラリア、バーレーン、ウズベキスタン、カタールの4カ国、初戦はアウェイでのバーレーン戦となりました。
3次予選で1勝1敗だったバーレーン、強敵はオーストラリアですが、バーレーンにちゃんと勝利することがこの最終予選を勝ち抜くポイントではないかと思います。
なおB組は、韓国、イラン、サウジアラビア、北朝鮮、UAEの5カ国です。なおB組は、韓国、イラン、サウジアラビア、北朝鮮、UAEの5カ国です。こちらの方が強敵揃いのような気がします。とりあえずはラッキーな抽選だったのでは!

★豪州
サッカー協会設立は1961年。FIFA加盟が63年。FIFA(国際サッカー連盟)ランクは35位(日本は38位)。アジア杯出場1度(07年)で8強。W杯出場は2度(74、06年)で最高成績は16強(06年)。オセアニアからアジア連盟に転籍後、今回が初のW杯予選で、3次予選はイラク、カタール、中国と同組で1位通過。主力はMFキューウェルら。監督は韓国代表やJリーグの大宮、京都の監督経験もあるオランダ人のピム・ファーベーク氏。
★バーレーン
サッカー協会設立は1957年。FIFA加盟が68年。FIFAランクは72位。アジア杯出場3度(88、04、07年)で最高成績は4強(04年)。W杯出場はなし。06年ドイツW杯最終予選は大陸間プレーオフでトリニダード・トバゴに敗れた。3次予選は日本に次いで2組2位。3月の日本戦でゴールしたFWフバイルや、MFサルミーンが主軸。監督はチェコ人のミラン・マチャラ氏。
★ウズベキスタン
サッカー協会設立は1946年。FIFA加盟が94年。FIFAランクは58位。アジア杯出場4度(96、00、04、07年)で最高成績は8強(04年)。W杯出場はなし。3次予選6試合では参加20チームで最多の15得点。5勝1敗でサウジアラビアに続いて4組2位。FWシャツキフが中心。監督は同国のラウフ・イニレイフ氏。
★カタール
サッカー協会設立は1960年。FIFA加盟が72年。FIFAランクは83位。アジア杯出場7度で最高成績は8強(00年)。W杯出場はなし。06年には自国開催のアジア大会で金メダル。3次予選は最終戦でアジア杯王者イラクとの直接対決を制し1組2位。ウルグアイ生まれのFWセバスティアンが中心。監督もウルグアイ人のホルヘ・フォサッティ氏。

図表は http://www.asahi.com/sports/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-06-28 06:55 | 球技