思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

【竹島問題】波紋が広がる新学習指導要領の記述

中学社会科の教科書での「竹島問題」の記述について波紋が広がっています。
福田康夫首相の対韓関係をこじらせたくないという「配慮」もあって、竹島に対して「日本固有の領土」という領有権をめぐる記述を見送る判断をしたことが逆効果となっているようです。このような「配慮」は何の意味もなく、韓国の権哲賢駐日大使は外務省を訪れ、藪中三十二事務次官と会談し、中学校社会科の新学習指導要領解説書で竹島を領土問題として記述したことに対し抗議しています。
またソウルにある日本大使館前では、日本の中学校の新学習指導要領解説書に竹島領有権の主張が明記されたことに抗議するロウソク集会が開かれ、約100人が集まったとの報道もあり、日韓関係の関係悪化が懸念されます。
韓国としてみれば、先日の金剛山事件での北朝鮮との関係悪化、そして今回の「竹島問題」、李明博大統領にとっては難題だらけの政局運営となってしまいました。領土問題は根が深いですから、そしてこの「竹島問題」は長い期間、問題とされていますのでどう決着をつけるのか大変だと思います。これは福田康夫首相にとっても同じこと、どうせなら毅然とした態度で接したほうがよかったのかもしれません。
b0077271_138135.jpg


写真は http://www.jiji.com/jc/p から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-07-15 12:50 | 日記