思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

【北京五輪】新疆ウイグル自治区の警備隊襲撃事件、これでも五輪は安心か!

イスラム教徒が多数を占める中国西部・新疆ウイグル自治区のカシュガルで、国境警備に当たる武装警察部隊の分署が襲撃されて武装警察官16人が死亡、16人が負傷するという痛ましい事件が発生しました。地元警察当局は新疆独立派が北京五輪直前の1-8日の間にテロを計画しているとの情報を事前につかんでいたことを明らかにし、テロリストによる攻撃との見方を示しています。事前情報がありながらテロを防げなかったわけです。
b0077271_2032989.jpg

事件はトラックが分署に突入し、乗車していた2名が手榴弾を投げ込み、それが爆発してこの惨事となったそうです。どうも中国政府は、北京五輪成功のため、
チュルク語を話すウイグル人の間では、五輪を前にした中国当局の弾圧に対する怒りが高まっていたそうです。「ウイグル人は同自治区内のいたる所でテロリストとみなされ、警察や武装警察は無原則に人々を拘束している。」と述べる人もおり、さらに拘束された者たちは拷問を受けたとも語っています。
中国はご存知のように多民族国家ですから、民族間の紛争もあるようで、テロが多発する国家だそうです。単に五輪が開催されるのでテロが注目されているだけで今までもたくさんのテロがあった国家であるということを認識すべきなのかもしれません。
以前、【爆破事件】中国で暴動、バス爆破! オリンピックは大丈夫? という記事を書いたときにコメントをいただいた方の
中国では暴動は日常茶飯事-この事態が改善されない限り中国はまともな国になれない!
という記事を思い出しました。中国は決して安全な国ではないという認識でオリンピックに臨まなければいけませんね。

写真は http://www.afpbb.com/category/war-unrest から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-04 20:03 | 日記