思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

【NPB】山本昌、200勝達成

中日ドラゴンズの山本昌広投手がプロ野球通算200勝を達成しました。42歳11カ月の史上最年長で史上24人目となります。最近はプロ野球はほとんど見ない私ですが、昔は中日ドラゴンズのファンでした。もともとはジャイアンツファン(と言うより、長島ファン)でしたが水原監督が
中日の監督になったころからなんとなく、中日を応援するようになりました。当時は星野投手、小川投手、谷沢選手、大島選手、田尾選手など個性豊かな選手が活躍していたことを記憶しています。
さて山本投手ですが、1983年にドラフトで中日に入団しますがなかなか活躍の機会がなく、星野監督時代に米国留学をしています。そこでアイク生原氏に出会い、投球術に開眼し現在の地位を獲得しました。活躍しだしたころはまさか200勝するような大投手になるとは想像できませんでした。同じ左腕では野口投手のほうが球速もありましたし、小松投手も活躍していたと思います。無事これ名馬ではありませんが、大きな故障もなく活躍できたことがこの大記録達成となったのですね。
ちなみにこの試合、完投で勝利しましたががこれは、若林忠志氏の持つ史上最年長完投記録42歳8カ月を更新する42歳11カ月です。最年長記録を数々更新している山本昌投手に新たな勲章がまたひとつ追加されたわけです。中日では杉下茂さんに続く200勝投手誕生とか、そういえば星野投手も200勝達成していませんし、そのことを考えると素晴らしいですね。その星野氏へはちゃんと勝利した後に電話で報告しているとか、律儀な面も併せ持つ山本昌投手、この200勝はあくまで通過点ですから、今後もたくさんの白星を重ねてください、期待しています!
b0077271_12353966.jpg
b0077271_12354673.jpg


写真は http://www.sanspo.com/top.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-05 12:36 | 球技