思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

【北京五輪その1】ソフトは悲願の金メダル

ほぼ同時刻に進行していた日本女子チームのメダルをかけた戦いが終わりました。2チームの試合結果は正反対となりましたが、両チームとも全力をつくし、それがスポーツの醍醐味だということをみせてくれたと思います。さてそれでは感想と少し。
ソフトボール決勝、アメリカを今大会3度目の試合となりました。予選リーグの大敗は日本チームの戦略の中での敗戦ですから、問題なしそして昨日もほぼ互角の戦いをしており、問題は上野投手の体調だけでした。今朝の新聞を読むと右手中指の肉が318球の投球で削げてしまい、テーピングをしての投球だったそうです。このような話を聞くと、もう感動を通り越してしまいます。上野投手の力投に打線も奮起し、キャプテン山田選手の本塁打を筆頭に3得点、そして守備も2度の満塁を無失点に防ぐなどチーム一丸となっての金メダルだと思います。
TVで解説を宇津木元監督がなさっていましたが、解説者というよりは応援団団長という感じ、本来解説は中立な立場で意見を述べるのが原則ですが、この試合に限ってはこの熱い解説(日本チームへの応援)でよかったと思います。優勝が決まって、感無量となり絶句していた瞬間がとてもあの宇津木さんでも、涙するのだと思いました。それほどアメリカを倒すということが日本のソフトボール関係者の悲願だったとあらためて認識しました。
b0077271_8261384.jpg
b0077271_8262391.jpg


金メダルおめでとう、そして感動をありがとう、日本チーム!

写真は http://www.afpbb.com/category/sports から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-22 08:26 | 球技