思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

【自民党総裁選挙】予想通り5名が立候補、史上最多の候補者ですが

自民党の総裁選挙が告示され、予想された顔ぶれが手続きをすませました。届け出順に山崎派の石原伸晃元政調会長(51)、町村派の小池百合子元防衛相(56)、麻生派の麻生太郎幹事長(67)、津島派の石破茂前防衛相(51)、無派閥の与謝野馨経済財政担当相(70)。5名が立候補するのは史上初めてのことだそうです。
b0077271_1353419.jpg

昭和40年代に、三角大福という佐藤総理引退後の総裁選挙が4名が争った選挙がありましたが、あの時に比べると候補者のレベルが低いように思います。三角大福といってもご存じない方も多いと思いますが、
三木武夫元総理、田中角栄元総理、大平正芳下総理、福田 赳夫元総理と全てが後日に総理大臣となる4人が争った選挙でした。結果は田中角栄氏が勝利し、この後に「日本列島改造論」を世に発表することとなります。後日談ですが、日本列島改造論のドラフトを執筆した方とお話しする機会があり、このようなことを言われていました「人生の失敗は、日本列島改造論です。それはあの考え方を検証する時間がなく、発表されてしまったことです。田中さんは今回の総裁選挙は福田に負けるが、その次は絶対勝ちたい。そのための目玉となる政策を考えて欲しい。このように言われて、書いたものが検証前に世にでてしまった。数年かけて検証すれば素晴らしいものになったと思う。」多分このことは事実だと思いますし、世の中総理の順番が変わっていれば全然、違う世界(日本)となっていたかもしれません。
今回は、麻生氏絶対有利といわれていますが、最近の総裁選挙は何でもありの選挙ですから、誰が勝ってもおかしくないと思いますが、誰がなっても自民党は激変しない(ほとんど変化はしない)と思いますが。

写真は http://www.jiji.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-09-10 13:04 | 日記