思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

【食品偽装問題】汚染米問題は、幅広い食品へ展開、どうする日本の食問題

米穀加工販売会社「三笠フーズ」が汚染された工業用の「事故米」を食用と偽り転売していた問題で、有機リン系殺虫剤「メタミドホス」に汚染された中国産もち米704キロが、給食大手「日清医療食品」を通じて大阪、京都など近畿2府4県の病院や高齢者福祉施設、保育所計119か所に「給食用」として納入されて、一部がおこわやもちなどとして提供されていたことがわかったそうです。このおこわやおもちによる健康被害はまだ報告されていませんが、これは一企業が利益優先主義で犯した犯罪という捉え方ではなく、食品の安全をどう考えていくかという問題として捉えなければいけないと思います。

病院、福祉施設の給食だけでなく、アサヒビールなどが販売している焼酎の原材料にも使われていたことが解っており、日本人のかなりの人が知らずにこの汚染米を口にしていた可能性があります。これらの企業はすでに自主回収に着手していますから、これからの食品に少なくとも「三笠フーズ」の汚染米が含まれているとは思いませんが、第2の「三笠フーズ」がないという保証はありません。
b0077271_171332100.jpg

やはり、事故米といわれる食品の扱い、そのチェック機構をしっかりと整備し、再発が起きない仕組みを早急に構築する必要があると思います。
そのためには、農林水産省の調査方法(安全チェックの調査は、事前に連絡してから調査に行くという全然意味のないチェックをしていたそうです!)、事故米の流通に対するチェック機構の設立、不正を働いたときの処罰(営業の無期限停止など)を早急に確立してほしいものです。

でも何で最近、このような事件が明るみにでてくるのか、よくわかりません。ネット社会が普及し、誰でもが簡単に告発できる仕組みができ、内部告発が簡単に可能となったのかもしれません。ということは今までも闇の中で同じことは行われていたともいえます。企業は規模の大小を問わずに真剣にCSRに取り組んで欲しいですね。

写真は http://www.sanspo.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-09-12 08:27 | 日記