思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

【NFL】ドルフィンズ連勝で勝率5割へ、ジャイアンツは4連勝/第5週の結果

ドルフィンズは開幕連敗後2連勝と調子をあげてきたチャージャーズとの対戦でした。RBトムリンソン選手のランを止められれば勝機はあるのではないかとささやかな期待をしていましたが、結果はその通り(試合はまだ見ていません、スコアブックでの確認ですが)、わずか35ヤードしか獲得させないというディフェンスの金星です。
攻撃陣もRBブラウン選手が224回で125ヤード、1TDの成績、QBぺニントン選手もパス22回成功(29回中)、228ヤード、1TDと大活躍、17-10で見事に連勝を飾りました。本当に久しぶりの連勝ですね(昨年は1勝止まりでしたから)。
b0077271_19431543.jpg
b0077271_19432326.jpg
b0077271_19433143.jpg

ジャイアンツは相変わらず好調です。シーホークスと対戦し、攻撃陣がトータルで523ヤード獲得するなど大爆発し44-6で快勝、開幕からの連勝を4に伸ばしました。
弟の大活躍に触発されたわけではないでしょうが、ペイトンマニング選手率いるコルツも第4Q残り8分で10-27と17点のリードをひっくり返す大逆転劇を演じました。
開幕4連勝のチームは明暗がわかれました。ビルズはカーディナルスに17-41と大敗、やはりエースQBエドワーズ選手の早々の負傷退場が響いたのかもしれません。一方のタイタンズはレイブンズとのディフェンス対決を13-10で辛勝し、開幕5連勝を飾りました。
b0077271_1944218.jpg
b0077271_19441084.jpg
b0077271_19442123.jpg
b0077271_19442943.jpg

前節で黒星がついてしまったカウボーイズですが、ベンガルズに31-22で競り勝ちました。勝利に貢献したのは、新人RBフェリックス・ジョーンズ選手だったようです。ラン9回96ヤード、1TDは新人としてはりっぱな成績ではないでしょうか。一方のベンガルズはこれで開幕5連敗です。
NFCは有力チームが勝ち進んでいますが、AFCは戦国時代の模様です。ドルフィンズも連勝しましたし、今のディフェンスの頑張りが続けば気が早いですが、プレィオフ進出も夢ではなさそうな展開となってきたようです。


イーグルス 17-23 レッドスキンズ
ジャイアンツ 44- 6 シーホークス
テキサンズ 27-31 コルツ
ドルフィンズ 17-10 チャージャース
パッカーズ 24-27 ファルコンズ
ライオンズ 7-34 ベアーズ
パンサーズ 34- 0 チーフス
レイブンズ 10-13 タイタンズ
ブロンコス 16-13 バッカニアーズ
49ers 21-30 ペイトリオッツ
カウボーイズ 31-22 ベンガルズ
カーディナルス 41-17 ビルズ
ジャガーズ 21-26 スティーラーズ


写真は http://www.afpbb.com/category/sports/nfl から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-10-06 18:56 | 球技