思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

【NFL】第6週、チャージャーズがペイトリオッツに快勝、ドルフィンズは残り3秒で逆転負け(追記あり)

AFCの優勝を争うと見られているチャージャーズとペイトリオッツが対戦しました。接戦になるであろうと思いましたが、結果は30-10という一方的な試合でチャージャーズの圧勝です。前半2TDでリードしたチャージャーズでしたが、後半最初の攻撃でペイトリオッツにゴール前まで迫られてしまいました。ここでディフェンス陣が頑張り、第4ダウンのギャンブル攻撃を止めて無失点に切り抜けたのがよかったのではと思います。RBトムリンソン選手は足の故障で精彩を欠いていましたが、攻撃陣は安定していました。今年はこれから連勝してスーパーボール進出といけそうな予感もあります。
そのチャージャーズを前週に破ったドルフィンズですが、開幕白星のないテキサンズ相手に勝利を握りそうでしたが、最後残り3秒で相手QBショーブ選手に第4ダウンギャンブルでの勝ち越しTDランを決められてしまい逆転負け、3連勝はなりませんでした。
その他では、コルツが持ち前の攻撃力を爆発させ、レイブンスに快勝しています。またジェッツもベンガルズに勝利し3勝目をあげています、ベンガルズ6連敗です。もうひとつの連敗継続チームのラムズは、Kブラウン選手が残り2秒で49ヤードFGを決め、19-17でレッドスキンズに大逆転勝利、シーズンをまたいでの連敗記録を「8」でストップさせています。カウボーイズも勝てた試合を落として2敗目、ジャイアンツと2差は痛いですね。
b0077271_22262571.jpg
b0077271_21471057.jpg
b0077271_21471868.jpg
b0077271_21472727.jpg
b0077271_21474317.jpg

第6週の結果
レッドスキンズ 17-19 ラムズ
バッカニアーズ 27- 3 パンサーズ
セインツ 34- 3 レイダース
バイキングス 12-10 ライオンズ
ジェッツ 26-14 ベンガルズ
コルツ 31- 3 レイブンズ
テキサンズ 29-28 ドルフィンズ
ファルコンズ 22-20 ベアーズ
ブロンコス 17-24 ジャガーズ
シーホークス 17-27 パッカーズ
49ers 26-40 イーグルス
カーディナルス 30-24 カウボーイズ
チャージャース 30-10 ペイトリオッツ

マンディナイトの結果/失意のイーライ
ブラウンズ 35-14 ジャイアンツ
b0077271_214826100.jpg
マンディナイト、ジャイアンツvsブラウンズの試合。これまでの試合を見ていればジャイアンツの順当勝ちと思いましたが、なんとイーライ・マニング選手が3インターセプトと去年のレギュラーシーズンの不調時を彷彿されるようなデキで、ジャイアンツが完敗です。
これでNFCは全勝チームがなくなり優勝争いは面白くなりましたが、マニング兄弟は面白いですね。兄貴のペイトン選手が実力通りの試合を見せたと思えば、弟のイーライ選手は去年の不調時に逆戻り! 兄弟そろっての大活躍はいつ見られるのでしょうか。

写真は http://www.nfl.com/scores から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-10-13 16:06 | 球技