思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

【金融不安】各国市場は急反発、NY市場、東京市場は史上最高の上げ幅(追記あり)

日本は休日のため株式市場はお休みでしたが、世界各国ではG7財政担当相会合の結果(大規模な公的資金の投入)を受けて大幅に反発して全ての市場で株価が上昇しました。そして本家のNY市場でも史上最大の936.42ドル高を記録しました。
b0077271_8233178.jpg

株価が上昇することはいいことと言われていますが、ここ数週間の値動きを見ると、乱高下しすぎのような気がします。史上何番目かの下げ幅を記録した翌日に史上最高の上げ幅を記録するなど、ゆるやかな上昇カーブを描くのが理想と思うのですが、いかがなものでしょうか。今回の回復も単にG7の結果を各国が実施することへの期待がかなり含まれていると思います。その期待が万一失望に終わったとき、また株の大暴落必至だと考えます。そうならないことを祈りましょう。

b0077271_20562054.jpg
(追記:21:00)
東京株式市場は、金融危機に対する各国の取り組みを好感して急伸し、日経平均株価は前週末比1171円14銭(14.15%)高の9447円57銭で取引を終え、過去最高の上昇率を記録しました。予想していたこととはいえ、日本の市場も史上最高の上昇率を記録するとは! しかしまだ今年はじめと比較すると38%下落していますから手放しで喜べる数字ではありません。
日本市場に続いてヨーロッパ市場も2日続きで上昇傾向です。やはりNY市場のダウ平均株価の上昇がいい方向に作用しています。問題はこれから開くNY市場であhないでしょうか。今日もまた上昇すれば一応、株価は安定したと考えてよいのではと思います。1日急伸しただけでは安心はできません。ただどの市場の株価も暴落前の水準まで戻していませんから、金融不安が払拭されたわけではありません。公的資金の投入により一時的に株価が持ち直したと冷静に判断したほうが賢明でしょうか、
公的資金投入の次に打つ施策が景気回復の特効薬となるかが重要ではないかと思いますが、良薬はあるのかそれが不安ですね。


写真は http://www.afpbb.com/category/economy から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-10-14 08:23 | 日記