思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

【論文問題】公と私の区別

航空自衛隊トップの田母神俊雄・航空幕僚長が更迭されました。原因は彼が発表した論文の中に、昭和戦争などに関し「我が国が侵略国家だったなどというのは濡れ衣だ」などと主張するくだりがあったそうです。この主張ですが個人の立場で発することは言論の自由が認められているわけですから何ら問題はないと思います。ただ、航空幕僚長という自衛隊のトップの位置にたつ人の発言となると、如何に過去に発言したことと言えども問題となりますね。
その他にも「今なお大東亜戦争で我が国の侵略がアジア諸国に耐え難い苦しみを与えたと思っている人が多い。しかし、私たちは多くのアジア諸国が大東亜戦争を肯定的に評価していることを認識しておく必要がある。」と主張しています。
b0077271_12291698.jpg

麻生首相は「(論文を)個人的に出したとしても、立場が立場だから、適切でない」と発言していますが、このような主旨の論文を発表することがわかっていながらなぜ、田母神俊雄氏を任命したのか、ちょっと疑問ですね。事前の思想チェック(言葉は過激で適切ではないかもしれませんが)を怠った責任は追求されると思いますし、対アジア外交を考える際、おおきなマイナスとなることは自明です。2007年3月に空幕長に就任したので直接は麻生首相に責任はないとは思いますが、下記辞任会見(定年会見)でも問題発言をしていますし、その定年退職もとってつけたような形ですから、またまた国会が別の事件で紛糾してしまいそうです。

その後に本人が行った辞任会見(定年会見、何で更迭ではなく定年なのか釈然としませんが)でも「私は、国家国民のためにという信念に従って書いたもので、自ら辞表の提出は致しておりません。いわゆる政府見解に一言も反論できないということでは、北朝鮮と一緒ですね。日本は、古い歴史と優れた伝統を持つ、素晴らしい国家です。決して『侵略国家』ではありません」と発言していますから、やはり相当な論客であり、一国の空を守るべき航空自衛隊のトップとしては不適切な思想の持ち主ではなかったかと考えます。引退後にこのような発言をすることはかまいませんし、私個人も全てを否定するわけではなく、一部の主張には賛同できるところもありますので。

写真は http://www.jiji.com/jc/p から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-04 12:29 | 日記