思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

【NFL】ドルフィンズは3連勝、止まらないタイタンズ9連勝、ペイトリオッツは同地区対決を制す

ドルフィンズ好調です。シーホークスに21-10で競り勝ちこれで3連勝の貯金が1となりました。シーズン途中で勝ち越したのは2005年以来となります。ここ数年如何に弱小球団であったか改めて感心してしまいました。この調子を持続してAFC東地区は大激戦ですからここ数年は夢でしかなかったトップを目指してほしいものです。
さてその東地区の首位対決ペイトリオッツ対ビルズは、20-10でペイトリオッツが制しました。エースQBブレディ選手を怪我で欠き、調子がでなかったペイトリオッツですが、ここにきて強さが戻ってきたようです。反対にビルズは4連敗と開幕直後の勢いが失速してしまいました。
AFC今週の注目カードはなんといってもコルツ対スティーラーズではなかったかと思います。対戦成績ではスティーラーズが圧倒的に有利でしたが、第4Q終盤に逆転したコルツが24-20で対スティーラーズ戦の連敗を11で止める勝利をあげています。
そのコルツと同地区のタイタンズですが連勝が止まりません。敵地でシカゴ・ベアーズと対戦、自慢のラン攻撃はわずか20ヤードと不発に終わりましたが、QBコリンズ選手がパス30回(41回中)成功、289ヤード、2TDと活躍し、21-14でベアースを撃破しています。
その一方で未だ白星のないライオンズは新規加入のQBカルペッパー選手を先発に起用しましたが14-38でジャガーズに敗れて開幕9連敗となってしまいました。
サンディナイトのイーグルズ対ジャイアンツはジャイアンツが36-31で競り勝ち1敗を守って2年連続のNFC制覇に突き進んでいます。
一方でAFCではコルツ、チャージャーズ、NFCではカウボーイズと言ったプレィオフ常連の強豪チームが勝率5割前後とこのままではプレィオフ進出が危うい状況、NFLもチーム間の戦力均等化が進んだのか、はたまた今期のみの現象なのか今後の試合で結果が出そうですね。
b0077271_18451692.jpg
b0077271_18452380.jpg
b0077271_18452962.jpg
b0077271_18453635.jpg
b0077271_18454380.jpg
b0077271_18454845.jpg



ブラウンズ 30-34 ブロンコス
ジェッツ 47- 3 ラムズ
ペイトリオッツ 20-10 ビルズ
バイキングス 28-27 パッカーズ
ライオンズ 14-38 ジャガーズ
テキサンズ 13-41 レイブンズ
ドルフィンズ 21-19 シーホークス
ベアーズ 14-21 タイタンズ
ファルコンズ 34-20 セインツ
レイダース 6-17 パンサーズ
チャージャース 20-19 チーフス
スティーラーズ 20-24 コルツ
イーグルス 31-36 ジャイアンツ


写真は http://www.nfl.com/scores から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-10 18:46 | 球技