思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

【ペットその後】あの「崖っぷち犬」は今

ちょうど2年前に、マスコミで大々的に取り上げああげられた「崖っぷち犬」、多数の里親希望者の中からつるぎ町の主婦が引き取り、リンリンを名づけられすくすく育っていると思っていました。ところが、ネット記事を見ていると、こんな記事を目にしました。
b0077271_19225655.jpg

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokushima/news/20081123-OYT8T00533.htm
http://osaka.yomiuri.co.jp/animal/genre1/20081124-OYO8T00288.htm
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2008/11/2008_122645287022.html

やはり、3ヶ月間もノラ生活をしているとなかなか人間になつくものではなく、また1週間の「崖っぷち」生活が影響しているのか、TVなどに過敏に反応してしまったそうです。この2年間の間に家出を2回もしてしまい、飼い主さんを困らせてしまったようです。
そしてこの5月からは、県動物愛護管理センターで人に懐く訓練を受けていたそうです。その間に里親さんが体調をくずしてしまい、もう犬を飼えなくなったとか、結局センターで飼うことにしたそうです。「崖っぷち犬」のときはあれだけ大騒ぎしたマスコミも今回はほとんど取り上げられずに地元新聞のみがこのニュースをとりあげていました。
一般に、センターでは、里親が見つからない犬猫は預かった七日後に殺処分しているそうです。例外的に「犬のしつけ方教室」や「動物ふれあい教室」で活躍してもらう動物は飼育しているそうですが、リンリンが教室に登場するのは難しそうな状況、それでもセンターの久米明徳係長は「特別視するのはよくないが、多くの県民に、リンリンと同じような境遇の犬猫が数多く殺処分されていることを知ってもらうきっかけにしたい。動物を飼うときには、命と社会に対する責任感を持つことの大切さも訴えたい」と話しています。
NHKのTVドラマで「ディロン」のなかでも取り上げられていますが、動物を飼うことの責任の重さを訴えていました。
県動物愛護管理センターでは、2007年度に7434匹、今年も9月末までに3237匹を処分しているそうです。このような処分される犬や猫がいなくなることを望みます。

産経ニュースにこんな記事がありました。
http://sankei.jp.msn.com/region/kinki/wakayama/081122/wky0811220344010-n1.htm
その通りだと思います。我家は犬ではなく、猫を飼っていますが、この猫たちも家族の一員、最近ネネは老猫となって寝てばかりですが寝顔もまた可愛いものです。
b0077271_19231177.jpg


写真は http://osaka.yomiuri.co.jp/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-25 19:23 | ペット