思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー

2006年 07月 31日 ( 3 )

7月30日(日)、午前11時30分に第29回“コカ・コーラ”鈴鹿8耐がル・マン式スタートで幕を開けました。そして波乱は、オープニングラップに待ち受けていました。
モリワキの森脇尚護がS字で追突されて転倒してしまいました、本来であればその場でリタイアですが、ここは8耐、ピットまでスマシンを持ちかえり修復作業後、レースに復帰し完走扱いとはなりませんでしたが、最後までモリワキファンのために走ってくれました(感謝です)。

レースは序盤トップに立っていたセブンスターホンダ7の清成龍一でしたが、16周目に予定外のピットイン。FCCの伊藤真一がトップに立つと、その後はまったく危なげない走りで、パートナーの辻村猛とともに悲願の優勝を遂げました。伊藤真一は3度目の8耐制覇、最年長優勝だそうです。伊藤、辻村両選手ともGPライダーとして世界とわたりあった経験がいきたのかもしれません。
b0077271_17304583.jpg

そして総合3位には、応援していたヨシムラスズキが入りました。表彰式でライダーの青木宣篤がプロポーズ発言をしたと言う記事がでていました。よほどうれしかったのではと思います。
b0077271_17305563.jpg

惜しむらくは高橋浩紀が参戦できなかったこと、彼が参戦していたら、ワークスホンダがトップチェッカー、清成龍一の連覇達成というシーンがみれたかもしれません。ただ何れにしろ、ホンダマシンの10連覇ですね。連覇が始まった年も伊藤真一が勝っているのも何かの因縁かもしれません。
こうして、今年も、真夏の祭典はいろいろなドラマをうみ、無事終了しました。

写真は http://www.suzukacircuit.jp/8tai/topics/index.html(ヨシムラスズキ) 及び http://www.suzukacircuit.jp/8tai/topics/index.html(FCC・TZR) から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-07-31 17:34 | モータースポーツ
F1ドイツGPは、フェラーリの強さが際立ったレースとなりました。スタート当初は、ポールからライコネンがトップを奪いましたが、10周目にピットインした後は、シューマッハ、マッサのフェラーリ2台と他のマシンは速さがちがうという状態で、ドイツGPは淡々と進みました。

惜しかったのは、ホンダのバトン選手、ライコネン選手との3位争いは結構見ごたえがありましたが、結局4位入賞、しかしここ数戦の戦い方を見るとスランプは脱したようです。今後の戦いに注目ですね。
b0077271_11593774.jpg
b0077271_11594578.jpg


スーパーアグリSA06を駆る、琢磨はスタートの混乱をうまくかいくぐり14位にジャンプアップしましたが、その後思ったほどラップタイムはあがらず、ギアバックス関連のトラブルでリタイアしてしまいました。レース後のコメントを見る限りでは、次戦に向けてちょっと楽しみですね。
「ドイツでのSA06のデビューはポジティブなものとなり、昨日の予選でクルマは上手くパフォーマンスしていた。レースペースについてはもう少し良いものを期待していたから少しがっかりしたけど、SA05からは大きなステップだよ。ミッドランドとレースができるのはエキサイティングだったし、第2スティントにおいても彼らのうちの1台よりも前にいた」
「最後はギアボックス関連のオイルの問題によってレースをリタイアしなければならなかったけど、ニューマシンだからこのような問題に直面することに驚きはないよ。今日はがっかりのレースだったけど、ボクらにとっては良い週末だった。簡単ではなかったけど、間違いなく良い週末だったよ」

b0077271_1203518.jpg

左近も同様のコメントを出しています
「SA06はSA05よりもドライブしやすいから、上手く適応し続けることができて、来週のハンガリーでのレースへ向けてクルマのことをもっと学べるように願っている」
b0077271_1212151.jpg

フェラーリが完全復活し、ルノーが「マスダンパー禁止」の影響か、ミシュランタイアをうまく利用できなくなり、F1チャンピオンシップ争いはおもしろくなりました。

写真・コメントは http://www.f1racing.net/ja/index.php から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-07-31 12:05 | モータースポーツ
やっと梅雨もあけ、まぶしい太陽が照りつける夏本番、我家のノラ猫親子も昼間はどこかの日陰でじっとしているようです。そして夕方から行動開始、写真をとりたい私としては、うす暗い中、またある程度距離をおかないといけないので、なかなかいい写真が取れません。そんな中での写真です。
b0077271_825125.jpg

「シマ」ちゃんが木のぼりをして枝のところにいます(わかりますか)。
b0077271_8252262.jpg
b0077271_8252926.jpg

「フケ」ちゃんが庭で遊んでいます。そばに「ウッシー」くんと「シロ」ちゃんがいるのですが、どちらも色が黒いので写真とれませんでした(というより、目のみが光っている写真となってしまいました)。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-07-31 08:23 | ペット