思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー

2008年 11月 11日 ( 2 )

田母神(たもがみ)俊雄前航空幕僚長が参議院外交防衛委員会に参考人招致されました。いろいろな爆弾発言(本人にとってはしごく当然の発言かもしれませんが)があり、物議を醸しそうです。

まずは、懸賞論文の募集については航空幕僚監部の教育課長に紹介したことを明らかにしましたが、「私が(論文応募を空自隊員に)指示をすれば、千を超える数が集まると思う」と述べ、直接的に応募を指示したことはないと主張しています。かなりの自信家なのか、航空自衛隊という組織はこういう組織なのか、もし後者であればとんでもないことがおきても不思議のないこわい組織ですね。

また、田母神氏は、浜田靖一防衛相が退職金の自主返納を求めていることについて「その意思はない」と拒否する姿勢を示しています。何でも生活が苦しいとか屁理屈を言っているようです。話は変わりますが、麻生首相が推し進めている定額給付金について、高額所得者は自主的に辞退するべきという願望はありえない(少なくとも官僚は!)ということになります。定額給付金は経済面での効果も期待薄ですから、これだけもめているのですから辞めてしまえばとも思います。話が横道にそれてしまいましたが、まだまだ要注意発言はあります。

論文については「私は間違っていないと思っている」と前置きし「国民に不安を与えたことはない」と述べ、憲法九条に関しては「国を守ることについて、これほど意見が割れるものは直した方がいい。自衛官の言論を政府見解に沿って統制するのはおかしい。」と憲法改正まで論及してしまいました。

そして過去の植民地支配と侵略を謝罪した村山談話については、「村山談話自身具体的にどこの場面が侵略とか、まったく言っていない。私は村山談話の見解と違ったものを書いたとは思っていない。」と述べ、論文は村山談話を含む政府見解と異なる内容ではないと強調しました。
ネットアクセスも集中して一時回線がパンクしたという情報もあるようですから、国民の関心は高かったのだと思いますが、発言は今までの繰り返しのようでした。
b0077271_1929116.jpg


一人の個人としての意見として考えれば、ある部分は納得できる箇所もありますが、公の立場ではそれが自衛官であろうと会社員であろうとある程度の言論の自由は統制されると思います。それが社会なのだと思いますし、誰もが好き勝手なこと(言いすぎかもしれません)を言い出すと、それは個人の意見なのか、職位者の公式見解なのか解らなくなります。これを統制とは誰も思わないのではないでしょうか。
やはり、田母神氏はちょっと感覚が私とはずれていると思います。やはりこのような人物をトップに任命したこと自体が間違いだったのではないか、任命責任はありそうな気がします。

詳しく参考人招致のやり取りを読みたい方は → http://sankei.jp.msn.com/politics/politics.htm に掲載してあります。

写真は http://www.jiji.com/jc/p から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-11 19:42 | 日記
私たち、グループサウンズ(GS)世代ではゴールデンカップスのリーダーとして知られているディブ平尾さんがお亡くなりになりました。
b0077271_12393573.jpgゴールデンカップスと言えば、「長い髪の少女」「愛する君に」「銀色のグラス」「本牧ブルース」などのヒット曲が有名ですが、一方で同時期の他のGSとは違い、ステージの上においてはこれらの曲を演奏する事を好まず、もっぱら当時のアメリカ・イギリスで流行していたロック・ポピュラーの曲を演奏していました。
演奏力にも定評があり、主としてハーフが結成したというルックス(実際にはデイヴ・マモル・ミッキーらは生粋の日本人、またエディは華人だったそうです)と相まって演奏力とは無縁な歌謡GSや企画もののアイドル系GSの多かった中、異色の本格派GSとしてディープなファンも多く存在していました。「カップス」のライブは最高、「カップス」はやはりライブを見なければいけないという評判の立つほど、際立ったライブが有名だったと記憶しています。
そのゴールデンカップスですが、2003年に、ディブ平尾、エディ藩、ルイズルイス加部、マモルマヌー、ミッキー吉野が集まり再結成され、原宿などのライブハウスで往年のヒット曲を中心にライブ活動をしていることは知っていましたが、まさか急にこのような訃報が飛び込んでくるとは思いませんでした。
2004年11月には再結成ライブや60年代のライブ映像を収めたドキュメント映画「ワンモアタイム」(アルタミラピクチャーズ製作)も公開され、劇中のインタビューでは忌野清志郎さん、北野武さん、CHARさんらがゴールデン・カップスへのリスペクトを語っています。ある意味では日本のロックシーンの1時代を支えたスーパーグループだったのではと思います。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-11-11 12:36 | 日記