思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー

2009年 02月 22日 ( 2 )

ゴール前の追い比べは大迫力だったと思います。その中で最後にサクセスブロッケンがクビだけ出たところがゴールだったということで、カジノドライヴ、カネヒキリも差のない競馬をしたと思います。レコード決着で久々の好勝負ではなかったかと思います。
b0077271_16513937.jpg
レースは予想通りにエスポワールシチーが先頭に立ってレースを引っ張り、有力馬が全て10番手以内にポジションをとるという、厳しい展開となりました。その中で外から先行馬を差し切ったサクセスブロッケン(+内田騎手の腕)はまだ4歳ですし、今後のダート界をカジノドライヴと引っ張っていく存在となりそうですね。

フェブラリーステークス結果
1△15 サクセスブロッケン 牡4 57.0 内田博幸 1:34.6 レコード
2◎14 カジノドライヴ 牡4 57.0 安藤勝己 1:34.6 クビ
3○ 2 カネヒキリ 牡7 57.0 C.ルメール 1:34.6 アタマ
4 12 エスポワールシチー 牡4 57.0 佐藤哲三 1:34.8 1 1/4
5△16 フェラーリピサ 牡5 57.0 岩田康誠 1:35.0 1 1/2


写真は http://www.sanspo.com/keiba/keiba.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-02-22 16:29 | ギャンブル
3チームが参加して行われたバーレーンテストの結果です。各チーム遜色のないタイムです。
空力ソリューションやエンジン・ギアボックスの信頼性テスト、BSタイヤのテストなど、チーム毎にテスト項目が若干異なっているようでタイム比較というよりはどの程度順調にテスト項目を消化できたかが今回のテスト評価ではないかと思います。
b0077271_85174.jpg

b0077271_849302.jpg
b0077271_8493783.jpg
b0077271_8495293.jpg
トヨタのバセロン・ャシー部門シニア・ゼネラル・マネージャーのコメントからはトヨタとしては満足な結果が残せたテストだったようです。
「今日のアクシデントを除けば、とても順調な今週のテストだった。風や砂の影響はあったものの、好天が続き、周回が稼げたことにより、準備した数々のパーツを試すことができた。本日は、午前中、油圧オイルに問題があり、多少時間がとられた。これまでのテストにより、TF109への信頼は高く、これまで得られたデータを基に、開幕に備えることができる。新しいレギュレーションの確認を進めつつ、新型車のパフォーマンスに自信を深めることのできた有意義な2週間だった。」

4日目結果
1 F・マッサ フェラーリ 01:32.162 113
2 N・ハイドフェルド BMW 01:32.225 122
3 T・グロック トヨタ 01:32.445 65
3日目結果
1 T・グロック トヨタ 01:32.492 132
2 F・マッサ フェラーリ 01:32.917 105
3 N・ハイドフェルド BMW 01:32.993 82
2日目結果
1 K・ライコネン フェラーリ 01:32.102 107
2 J・トゥルーリ トヨタ 01:32.230 149
3 N・ハイドフェルド BMW 01:32.585 104
初日結果
1 C・クリエン BMW 01:32.544 131
2 K・ライコネン フェラーリ 01:32.804 116
3 J・トゥルーリ トヨタ 01:33.064 141

写真は http://f1.gpupdate.net/ja/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-02-22 08:50 | モータースポーツ