思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー

2009年 03月 07日 ( 3 )

アジアラウンドの山場となった韓国戦。韓国は台湾に9-0と絶好調のようでしたから、どうなることかと思っていましたが、結果は14-2と今までの韓国戦では考えられなかった歴史的な大勝で米国での2次ラウンド進出を決めました。
試合は1回表に不調だったイチロー選手がライト前ヒットで出塁すると、中島選手、青木選手と3連打でまず先制点を取りました。しかし村田選手、小笠原選手が連続三振、いやな流れとなりそうな場面で今日先発出場の内川選手が見事に先発出場の期待にこたえてくれる三塁戦突破の二塁出打で応えました。しかし1回裏、先発の末座区投手はスライダーのコントロールが定まらずに2点本塁打を浴びてしまい、3-2とリードはわずかに1点、この先どうなることかと不安になりました。
しかし今日の日本代表打線は素晴らしい気迫を見せてくれました。2階表、先頭の城島選手がヒット、岩村選手が四球で続き、イチロー選手は三塁壱線へのバントヒットを決めます。そして中島選手が千金の押し出しを選び、青木選手は2塁ゴロ、これで2点を追加した韓国に傾きかけそうだった流れを呼び戻しました。そして1回のチャンスに三振に倒れた村田選手が2試合連続となる本塁打! これで勝負あり、松坂投手も2回以降は安定した投球を見せて4回を投げきりました。
日本代表は3回を除いて全ての回で得点をあげ、7回コールドゲームという最高の形で米国への切符を勝ち取りました。今日は今でつながりのんかった打線が線となってリズムよく得点できたことが勝因だったと思います。
なによりイチロー選手が3安打と復調したことは、米国ラウンドにむけて好材料ですし、続く中島選手、青木選手も好調を維持していますから、日本代表の1~3番は2次ラウンド突破にむけて明るい材料だと感じます。また投手陣も自分の分担をきっちりとこなした2試合でしたので心配はないと思います。
月曜日はたぶん、韓国との1位決定戦になると思いますが、2次ラウンドにむけてもう一度勝利することが必須と考えます。岩隈投手の先発が予想だれますが、岩隈投手、ダルビッシュ投手以下投手陣の踏ん張りと打線の爆発を期待し、1位通過を祈りましょう。
b0077271_22503695.jpg
b0077271_22504821.jpg
b0077271_2251056.jpg
写真は http://www.sanspo.com/baseball/baseball.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-07 22:25 | 球技
Jリーグが開幕しました。ホームに大分を迎えての開幕戦、大分には昨年はナビスコ杯準決勝、Jリーグ最終戦とくやしい試合をした相手ですから、スキッとした勝利を期待していました。
試合は前半早々は大分にペースを握られてしまいその流れの中で金崎選手に先制ゴールを決められてしまいました。しかし先制点をとられてから、だんだん動き胃がよくなり始めた名古屋は30分過ぎからは大分ゴールに迫り、惜しいシュートも何本かありましたが、結局得点を奪うことができずに前半は終了してしまいました。
そして後半にはいると、ダヴィ選手、玉田選手、小川選手、マギヌン選手を中心とした攻撃がうまく機能しはじめて、まずダヴィ選手の個人技で同点に追いつきます。後半29分にはフリーとなった金崎選手のシュートを楢崎GKがファインセーブ、その後のカウンターからマギヌン選手、中村選手とつなぎ最後は玉田選手が逆転ゴール!
その後もダヴィ選手が2点目をあげて3-1と試合を決定づけました、ウェズレィ選手にFKからヘディングを決められて3-2となり、ちょっとヒヤッとしましたが、試合はそのまま終了し、開幕戦を白星スタートと最高の結果で終えることができました。
まだ1試合ですが、昨年と比較して攻撃はバリエーションが増えたように感じます。ダヴィ選手の速さと身体能力の高さを活用した速攻が随所に見られ、昨年までのサイドからのクロスがより有効に機能しそうです。得点力不足はかなり解消されるのではと期待してしまいます。守備は楢崎GKを中心に安定していますので(カウンターの速攻への対応には課題が残りますが)、今年は昨年以上に期待できますね。不安点といえばACLもあり過密日程からくる選手の疲労、怪我かもしれません。
b0077271_22374554.jpg
b0077271_22375711.jpg

第1節の結果
FC東京 1-4 新 潟 終了
横浜M 2-4 広 島 終了
名古屋 3-2 大 分 終了
千 葉 0-3 G大阪 終了
鹿 島 2-0 浦 和 終了
川 崎 1-1  柏  終了
磐 田 2-6 山 形 終了

写真は http://www.sanspo.com/soccer/soccer.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-07 16:56 | 球技
福島県猪苗代町で開催されているフリースタイルスキー世界選手権のモーグルで上村愛子選手が優勝しました。昨季のワールドカップ種目別優勝を果たした上村愛子選手の世界選手権の過去の最高成績は3位、悲願の世界女王の座を手に入れたことになります。
そして世界選手権優勝で来年の五輪代表内定第1号となりました。伊藤みき選手も惜しくもメダルにはとどきませんでしたが4位に入賞しています。
b0077271_18131975.jpg

■女子モーグル決勝結果
1位 上村愛子(日本) - 24.71点
2位 ジェニファー・ハイル(カナダ) - 22.88点
3位 ニコラ・スドバ(チェコ) - 21.76点
4位 伊藤みき(日本) - 21.35点
5位 クリスティ・リチャーズ(カナダ) - 21.20点

写真は http://www.sanspo.com/sports/sports.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-07 16:34 | ウィンタースポーツ