思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー

2009年 03月 11日 ( 2 )

拉致被害者家族会代表の飯塚繁雄さん、飯塚耕一郎さんが、韓国・釜山市内の国際会議場で、大韓航空機爆破事件(1987年)の実行犯である金賢姫(キムヒョンヒ)元死刑囚と面会しました。飯塚繁雄さんの妹である田口八重子さんは北朝鮮で金元死刑囚の日本語教育係だったとされ、飯塚耕一郎さんは、自分が長男だと初めて公の場で明らかにした2004年2月、外務省を通じ面会を求めており、今回やっと実現しました。金元死刑囚は面会の冒頭、「大きくなったね、お母さんは生きていますよ。」と飯塚耕一郎さんに語りかけ、涙ぐみながら抱き合ったそうです。
b0077271_12362613.jpg

田口八重子さんは東京都豊島区の飲食店従業員だった1978年6月、当時1歳の耕一郎さんら2人の子供を託児所に預けたまま行方不明になりました。そして大韓機事件で逮捕された金元死刑囚が「李恩恵(リウネ)という日本人女性に日本語などを習った。」と証言したことから、この女性を警察庁と埼玉県警は1991年に田口さんと断定しています。今回の面会の前、耕一郎さんは「幼いころに引き離された田口八重子さんの人間像をつかみたい。」と話していましたが、どんな人間像をつかみとったのでしょうか。
この面会が拉致問題解決の突破口となることを切に祈ります。

写真は http://www.chosunonline.com/news/20090311000041 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-11 12:35 | 日記
ACL2009がはじまりました。名古屋グランパスは初めてのACL、初戦は韓国・蔚山現代を倒しに敵地韓国でのアウェイ戦でした。韓国での試合でもたくさんのサポーターの方がゴール裏に陣取り名古屋の応援をしていただいていることは選手にとっては心強かったと思います。
b0077271_8114827.jpg

さて試合は、先の大分戦のVTRかと錯覚してしまいそうな前半45分でした。名古屋のパスはことどこく蔚山現代の網にかかって、カウンターの餌食となってしまいました。そんな中CKから先制点をとられてしまいました。玉田選手の惜しいシュートなど見せ場はありましたが、前半を見る限り蔚山現代のペースで試合をコントロールされているな、後半もアウェイだし苦しいかなという印象でした。
しかし後半に入ると、大分戦と同じように名古屋グランパス復活です。後半5分にCKからのこぼれ球からのセンタリングを今シーズン初先発の吉田選手が頭で決めて同点です。その後は一進一退の展開でしたが、蔚山現代がボール支配しているときでも前半とは異なり決定機まで攻め込ませることはほとんどなく、ある程度安心してみていられました。そして後半30過ぎのCKにダヴィ選手が頭で合わせて逆転ゴール、その後もマギヌン選手がゴールを決め、3-1で快勝です。
b0077271_811082.jpg

大分戦に続き3得点、今年の名古屋は攻撃力が格段にアップしていますね。また今日は先発で佐藤将也選手、途中後退で花井聖選手がピッチにたちました。選手層が他のACL参加のチームと比較すると薄いと言わざるを得ない名古屋グランパスにとって若い選手が十分な戦力となることが重要です。今日の2選手を見ていると選手層の薄さを気にしなくてもよいような活躍ぶりでしたから、今年の名古屋はかなり期待がもてますね。

G大阪も中国の山東魯能を3-0で破り、Jリーグ勢はともに勝利、川崎、鹿島も続いて欲しいですね。
ACL結果
蔚山現代 1-3 名古屋
G大阪 3-0 山東魯能

写真は http://www.sanspo.com/soccer/soccer.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-11 08:01 | 球技