思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー

2009年 03月 19日 ( 2 )

日本代表は岩隈投手~杉内投手の完封リレーでキューバを5-0でくだし、決勝ラウンド進出を決めるとともに再び韓国と雌雄を決する戦いの場へ進出です。
3回までは緊迫した投手戦となったキューバ戦ですが4回に敵失で2点を先制した日本代表は、5回に青木選手がヒットで追加点をあげ、7回には中島選手の犠飛、9回はイチロー選手の3塁打、再び青木選手のヒットでダメ押しとなる5点目をあげました。
投げては岩隈投手が6回を無失点、そしてリリーフした杉内投手が3回を無失点とキューバ打線を完璧に抑えました。といって、第4の先発といわれた杉内投手を使ってしまい明日の韓国戦は誰が先発? と考えてしまいました。
b0077271_1839791.jpg
b0077271_18391555.jpg

またイチロー選手にも快音が復活し、青木選手は4安打、中島選手も復帰と上位打線が好調になりつつありますから、決勝ラウンドはかなり期待がもてそうです。

韓国以外には強さを発揮するのか、先制した試合は強さを発揮するのかよくわかりませんが、こういう試合ができるのであれば韓国を破ることはたやすいのではないかと思ってしまいます。韓国戦も重要ですが、1位となってアメリカと戦うのか、2位となってベネズエラと試合をするのか、そんなことを考えて試合をする余裕が必要かもしれません。明日はリラックスして韓国戦に臨んで韓国を撃破して欲しいものです。

写真は http://www.afpbb.com/category/sports/baseball から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-19 18:41 | 球技
1人の女性を殺害した名古屋市千種区の闇サイト殺人事件で、強盗殺人罪などに問われた3被告のうち2人を死刑、1人を無期懲役とした名古屋地裁の判決は、凶悪事件には被害者が1人でも極刑にするという、司法の厳しい姿勢を示したもので評価できる判決であったと思います。
5月21日から始まる裁判員裁判を間近に控えて、死刑か無期懲役かの判断を迫られる裁判員にとって、多大な影響を及ぼす意義ある妥当な判決といえると思います。何度も訴えていますが、終身刑のない日本の裁判制度の中で、「人の命は地球より重い!」という教えを考えれば、死刑という極刑を選択することは当然ではないかと考えます。
b0077271_1071534.jpg

一方で、「人を殺しても、『ごめんなさい』と自首すれば、自分の命は守れるのか。それっておかしい」遺族のお母様のこの発言、たいへん深い意味を持っていると思います。自首という制度は犯罪を悔いて罪を償う、その姿勢を評価する上で自首した者の刑を減刑するという制度だと思います。ただ今回のような凶悪犯罪の場合、この制度をそのまま適用してもいいのだろうか、この遺族の叫びを聞きこんな疑問が生まれました。
いずれにしろ、自首する気持ちがあるなら、犯罪を犯さない強い気持ちを持つことが大切であることに変わりはないですが。

絵は http://www.asahi.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-19 08:11 | 日記