思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:球技( 530 )

NBAファイナルは、第5戦がマイアミで開催され、ヒートが延長のすえ、101-100で劇的な逆転勝利を飾り、チャンピオンに王手をかけました。
この試合のヒーローは、何と言ってもドウェイン・ウェイドでしょう。レギュレーション残り10秒、2点ビハインドの状況からの同点ショット(ゴールから見て、左側からバンクショット)、ブザービーターではないですがそれに近い状況でしたから、地元ファンは大歓声だったのではないかと思います。NBAファイナルでこのような仕事ができることは素晴らしいですね。
ドラマは、これだけではなく、オーバータイムでもまた素晴らしい仕事をしました。残り1.9秒でファールをもらい、同点そして逆転のフリーフローを完璧に、第5戦だけで43得点という大活躍でした。
ウェイドはまだ24歳の伸び盛りです、シカゴ育ちということですから、小さいときの英雄であるマイケル・ジョーダンのプレイを思い出しながら、プレイしていたのではないでしょうか。マイケル・ジョーダンの再来といわれる日もちかいかもしれませんね。

b0077271_17413987.jpg

日本語公式サイト(写真もこちらから転載させていただきました)
http://www.nba.com/japan/

話は変わってワールドカップです。
日本サッカー界にも、土壇場に強い選手の出現を期待したいものです。2度の窮地を救える選手(ウェイド)は、能力だけでなく、精神力もずば抜けているでしょうし、また持って生まれた運も強いものがあるのではと思います。ジャパンの中でそのような選手はいるとすれば、巻選手かもしれませんね。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-06-20 23:02 | 球技
ワールドカップ第2戦、日本vsクロアチアは、スコアレスドローという結果になりました。試合をみていて感じたことは、日本もクロアチアもシュートの精度が低いということです。決定機は両国とも多々あったように思いますが、枠の中にシュートが行かずに、枠を大きくはずして頭を抱えてしまう、そんなシーンをよく見ました。
ひとり、枠内にミドルシュートを放った、中田のすごさに改めて感銘、これが第2戦を終ったあとの私の感想です。決勝トーナメント進出はかなり厳しい状況ですが、頑張ってほしいものです。金曜日は寝不足ですね。

さて、韓国もフランスと戦い、こちらは1vs1のドローでした。これで勝ち点4で今のところグループトップ、最終戦のスイス線の結果しだいですが、2大会連続での決勝トーナメント進出がかなりの確度で期待できますね。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-06-19 20:04 | 球技
2試合を消化したチームも増え、戦前優勝候補と言われていた、アルゼンチン、オランダ、イングランド、ドイツ、ポルトガルなどが、決勝トーナメント進出を決めました。
ポルトガルは40年振りの決勝トーナメント進出だそうです。フィーゴ、頑張ってますから、いい線いくかもしれませんね。

さて日本も下馬評では、2位で1次リーグ突破との予想が海外メディアにありました。クロアチアは強敵ですが、フランス大会でのリベンジを果たして、決勝トーナメントへの望みをつないで欲しいものです。

頑張れ、Samurai Japan
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-06-18 17:04 | 球技

NBAもファイナルです

アメリカの3大スポーツの1つ、NBAもファイナルの真最中です。今年はヒートとマーベリックスという新鮮な対決、どちらが勝っても初優勝です。
個人的には、S.オニールが好きですのでヒートに勝ってほしいと思いますが、出だし2連敗でどうなることかとヒヤヒヤものでした。ここ2戦は、チームの歯車がかみ合って連勝して、現在成績は2勝2敗の五分。第5戦も地元でやれる分、若干ヒートが有利と言われています。
オニールはレイカーズ時代にファイナル勝ってますので、ファイナルの戦い方も把握していると思います。チームの柱として優勝目指して頑張ってください。
b0077271_8472544.jpg


日本語公式サイト(写真もこちらから転載させていただきました)
http://www.nba.com/japan/finals2006/index.html
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-06-17 09:05 | 球技

今日はスペイン戦

もうすぐキックオフです。バルセロナがヨーロッパチャンピオン、アロンソはF1でポイントリーダー、さてワールドカップでのスペインはどうでしょうか?
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-06-14 22:00 | 球技

日本は惨敗、韓国は勝利

日本は後半39分からの6分間で3失点、敗因はいろいろな要素が絡み合ったもので特定は困難かと思いますが、ちょっとがっかりした結果となりました。
この結果、1次リーグ突破はかなり困難、クロアチア、ブラジル戦を連勝すること(最悪でも1勝1分)が必須ではないかと考えます。優勝候補のブラジルは1-0でクロアチアに勝利、初戦としてはまずまずの結果ではないでしょうか。やはり下馬評通り強いですね。
b0077271_1751368.jpg

さて昨日は、韓国が2-1でトーゴに快勝、アジア勢の今大会初勝利をあげました。隣国のこととはいえ、うれしい結果です。まして、決勝点をあげたのは、日本でもおなじみのアン・ジョンファン。フランス、スイスと強豪との戦いが待っていますが、何とか1次リーグを突破して、アジアの力を示して欲しいと思います。
b0077271_1748517.jpg

写真は、http://www2.asahi.com/wcup2006/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-06-14 18:18 | 球技

いよいよ日本登場です

b0077271_20151786.jpg

あと2時間弱で、日本がピッチにたちオーストラリアと戦います。頑張れ、「サムライ・ジャパン」。皆で応援しましょう。
高原、柳沢、中村らの体調もベストのようですから、試合後もこのような笑顔を期待しましょう。

写真は、http://www.asahi.com/sports/ より
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-06-12 20:16 | 球技
イングランド勝ちました。ベッカムのFKは見事でしたが、その後はちょっと消化不良の内容です。優勝候補としては、まだ全開になっていないのでしょうか。
また早朝の試合で、アルゼンチンも勝利しました。優勝候補といわれる国は、いまのところ勝ち点3を取っています。順調な滑り出しのワールドカップですね。
ワールドカップ結果と最新情報

イングランド戦ニュース
アルゼンチン戦ニュース

こんな歴史的なこともありました
【ポーランド-エクアドル】で上川主審が誕生しました。
b0077271_16104232.jpg

写真は、 http://germany2006.nikkansports.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-06-11 10:11 | 球技

ワールドカップ開幕

ワールドカップ開幕しました。早速夜中のドイツvsコスタリカ戦見てしまいました。ドイツは日本との親善試合と同じようにカウンターからの速攻で失点してしまうなど、相変わらず弱点の守備に課題を残す試合だったと思います。
一方、攻撃陣は好調のようで、サイド、中央からの切り崩しで何回も決定機をつくり出していましたので、今までのドイツと違い、失点もするがそれを補う得点もするという、見ていてハラハラ、ドキドキする試合が続くのではと思います。
今日は、イングランドvsパラグアイ戦があります。ウォルコットが途中出場するかどうか楽しみです。

いろいろワールドカップ関連グッズもでています。
b0077271_16154721.jpg

[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-06-10 17:25 | 球技
今日からワールドカップです。国内も各地で盛り上がっているようで、こんな新聞記事もあります。
今朝のニュースでは、ドイツのスポーツ新聞によると日本はF組でブラジルについで2位通過と予想されています。
私の注目はちょっと変わっていて、プレミアリーグ・アーセナルの選手がどの位活躍するかに注目しています。ご存知のように、アーセナルの監督はA.ベンゲル氏(元名古屋グランパス監督)で、名古屋は私の好きなチームです。
b0077271_1254572.jpg

名古屋を一応Jリーグのお荷物からそこそこの実績をあげるチームにした名監督ですから、彼が指導しているアーセナルの選手がどの程度、ワールドカップで活躍するか、大注目です。
ヨーロッパの強豪倶楽部を差し置いて、10数名がワールドカップの各国代表に選ばれていることも彼の実績かもしれませんね。アンリやレーマンは実績がありますから、活躍すると思いますが、ウォルコット選手が試合にでるかどうかに注目です。イングランド代表の最年少記録を塗り替えた逸材といわれていますので、果たしてピッチにたつかどうかイングランドの試合から目が離せません。

できれば、ワールドカップ後にベンゲルに「ジャパン」の監督になってもらいたいものです。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-06-09 22:06 | 球技