思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー

<   2006年 07月 ( 78 )   > この月の画像一覧

7月30日(日)、午前11時30分に第29回“コカ・コーラ”鈴鹿8耐がル・マン式スタートで幕を開けました。そして波乱は、オープニングラップに待ち受けていました。
モリワキの森脇尚護がS字で追突されて転倒してしまいました、本来であればその場でリタイアですが、ここは8耐、ピットまでスマシンを持ちかえり修復作業後、レースに復帰し完走扱いとはなりませんでしたが、最後までモリワキファンのために走ってくれました(感謝です)。

レースは序盤トップに立っていたセブンスターホンダ7の清成龍一でしたが、16周目に予定外のピットイン。FCCの伊藤真一がトップに立つと、その後はまったく危なげない走りで、パートナーの辻村猛とともに悲願の優勝を遂げました。伊藤真一は3度目の8耐制覇、最年長優勝だそうです。伊藤、辻村両選手ともGPライダーとして世界とわたりあった経験がいきたのかもしれません。
b0077271_17304583.jpg

そして総合3位には、応援していたヨシムラスズキが入りました。表彰式でライダーの青木宣篤がプロポーズ発言をしたと言う記事がでていました。よほどうれしかったのではと思います。
b0077271_17305563.jpg

惜しむらくは高橋浩紀が参戦できなかったこと、彼が参戦していたら、ワークスホンダがトップチェッカー、清成龍一の連覇達成というシーンがみれたかもしれません。ただ何れにしろ、ホンダマシンの10連覇ですね。連覇が始まった年も伊藤真一が勝っているのも何かの因縁かもしれません。
こうして、今年も、真夏の祭典はいろいろなドラマをうみ、無事終了しました。

写真は http://www.suzukacircuit.jp/8tai/topics/index.html(ヨシムラスズキ) 及び http://www.suzukacircuit.jp/8tai/topics/index.html(FCC・TZR) から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-07-31 17:34 | モータースポーツ
F1ドイツGPは、フェラーリの強さが際立ったレースとなりました。スタート当初は、ポールからライコネンがトップを奪いましたが、10周目にピットインした後は、シューマッハ、マッサのフェラーリ2台と他のマシンは速さがちがうという状態で、ドイツGPは淡々と進みました。

惜しかったのは、ホンダのバトン選手、ライコネン選手との3位争いは結構見ごたえがありましたが、結局4位入賞、しかしここ数戦の戦い方を見るとスランプは脱したようです。今後の戦いに注目ですね。
b0077271_11593774.jpg
b0077271_11594578.jpg


スーパーアグリSA06を駆る、琢磨はスタートの混乱をうまくかいくぐり14位にジャンプアップしましたが、その後思ったほどラップタイムはあがらず、ギアバックス関連のトラブルでリタイアしてしまいました。レース後のコメントを見る限りでは、次戦に向けてちょっと楽しみですね。
「ドイツでのSA06のデビューはポジティブなものとなり、昨日の予選でクルマは上手くパフォーマンスしていた。レースペースについてはもう少し良いものを期待していたから少しがっかりしたけど、SA05からは大きなステップだよ。ミッドランドとレースができるのはエキサイティングだったし、第2スティントにおいても彼らのうちの1台よりも前にいた」
「最後はギアボックス関連のオイルの問題によってレースをリタイアしなければならなかったけど、ニューマシンだからこのような問題に直面することに驚きはないよ。今日はがっかりのレースだったけど、ボクらにとっては良い週末だった。簡単ではなかったけど、間違いなく良い週末だったよ」

b0077271_1203518.jpg

左近も同様のコメントを出しています
「SA06はSA05よりもドライブしやすいから、上手く適応し続けることができて、来週のハンガリーでのレースへ向けてクルマのことをもっと学べるように願っている」
b0077271_1212151.jpg

フェラーリが完全復活し、ルノーが「マスダンパー禁止」の影響か、ミシュランタイアをうまく利用できなくなり、F1チャンピオンシップ争いはおもしろくなりました。

写真・コメントは http://www.f1racing.net/ja/index.php から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-07-31 12:05 | モータースポーツ
やっと梅雨もあけ、まぶしい太陽が照りつける夏本番、我家のノラ猫親子も昼間はどこかの日陰でじっとしているようです。そして夕方から行動開始、写真をとりたい私としては、うす暗い中、またある程度距離をおかないといけないので、なかなかいい写真が取れません。そんな中での写真です。
b0077271_825125.jpg

「シマ」ちゃんが木のぼりをして枝のところにいます(わかりますか)。
b0077271_8252262.jpg
b0077271_8252926.jpg

「フケ」ちゃんが庭で遊んでいます。そばに「ウッシー」くんと「シロ」ちゃんがいるのですが、どちらも色が黒いので写真とれませんでした(というより、目のみが光っている写真となってしまいました)。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-07-31 08:23 | ペット
先日、ブログに「広島女児殺害事件で、死刑ではなく無期懲役判決がでました」という記事を書きました。すると最近コメントをいただき、標記のブログが立ち上がっていることを知りました。
「小さな風」(http://smallwind.blog.shinobi.jp/) ← これがリンク先です

この事件に限らず、「再犯に厳罰を」(7/26)の記事で書きましたが、無期懲役と死刑という2つの刑罰にはあまりにギャップが大きいように思います。無期懲役と言っても、20~30年で仮出所できる(している)わけですから、懲役30年とかわらないとも言えるわけです。

ヤギ被告の犯した犯罪は、終身刑(無期懲役ではない)に値するものだと個人的には思います。このような運動が活発になり、個人が一人ひとり犯罪に対して、厳格な目を持つことが、凶悪犯罪を減少される第一歩となるのではないでしょうか。

また、裁判員制度ももうそこまできています。明日から「裁判員」となる可能性もあるわけですから、ちょっと真剣に考えてみませんか。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-07-30 17:06 | メディア(本、映画、記事)紹介
今朝の「ネネ」と「ヌヌ」です。「ヌヌ」は朝のお散歩が終わって一服状態で寝ています。「ネネ」は早起きしたのか、ご飯を食べていつものように睡眠タイム。最近は1日16時間ぐらいはこのように寝ているようです。私も早くそんな生活がしてみたいものです(笑)。
    朝の運動を終えて、一休み「ヌヌ」の寝ポーズです
b0077271_9232930.jpg

    朝飯食べて、ゆっくりしてます「ネネ」の寝姿
b0077271_9243690.jpg

    そして2匹の位置関係、つかず離れずって感じですね
b0077271_9245586.jpg

[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-07-30 09:24 | ペット
今朝未明に行われた「キングジョージVI&クイーンエリザベスステークス」はなんと6頭立てのレースとなりました。ハーツクライは、ハリケーンランの後ろ3番手を追走し、直線では、後方から先に仕掛けたエレクトロキューショニストを交わして一旦はトップにたちましたが、その後の3頭の競り合いに破れ3着となりました。
しかし、着差は微々たるもので、もう一度レースがあれば着順は変わっていたかもしれないという接戦でした。日本馬の実力は示せた競馬でしたが、やはり勝ってナンボの世界ですから、くやしいですね。
b0077271_8571146.jpg

写真は http://www.sanspo.com/keiba/top/ke200607/ke2006073001.html から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-07-30 09:02 | ギャンブル
待ちに待った、ドイツGPが始まりました。残念ながら左近選手はフリー走行でSA06をクラッシュ、予選はSA05でのエントリー、その結果タイムは最下位となりました。結果は予想でしたものですから、決勝での奮起を期待しましょう。SA06では琢磨選手と遜色ない走りをしていますので、MF1とのバトル期待大です。
b0077271_8322412.jpg

そして、琢磨選手は19番手、予選後のインタビューの晴れやかな顔が印象的でした。やっとバトルができるマシンを得た充実感が滲み出ていました。決勝ではトトロッソも追い回して欲しいものです。
b0077271_831488.jpg

さて、ポールは昨年トルコGP以来のライコネン選手がゲットしました。FIAのマスダンパー禁止の影響か、ルノーは今一歩のでき、かわりに今GPが300戦目となるホンダが好調です。
フェラーリは前戦からの好調を維持して、2、3番グリッドからのスタート、ルノーはなんとアロンソが7番グリッドと決勝に向けて暗雲がたちこめています。決勝レースが楽しみですね。
b0077271_8324895.jpg

写真は http://www.f1racing.net/ja/index.php から

1位 K.ライコネン(マクラーレン)
2位 M.シューマッハー(フェラーリ)
3位 F.マッサ(フェラーリ)
4位 J.バトン(ホンダ)
5位 G.フィジケラ(ルノー)
6位 R.バリチェロ(ホンダ)
7位 F.アロンソ(ルノー)
8位 R.シューマッハー(トヨタ)
9位 P.デ・ラ・ロサ(マクラーレン)
10位 D.クルサード(レッドブル)
11位 M.ウエーバー(ウイリアムズ)
12位 C.クリエン(レッドブル)
13位 J.トゥルーリ(トヨタ)
14位 J.ビルヌーブ(BMWザウバー)
15位 N.ロズベルグ(ウイリアムズ)
16位 N.ハイドフェルド(BMWザウバー)
17位 V.リウッツィ(トロロッソ)
18位 C.アルバース(ミッドランド)
19位 佐藤琢磨(スーパーアグリ)
20位 T.モンテイロ(ミッドランド)
21位 山本左近(スーパーアグリ)
22位 S.スピード(トロロッソ)
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-07-30 08:33 | モータースポーツ
昨日の夜のこと、「ボイ」「サスケ」と「シロ」「フケ」「シマ」「ウッシー」の親子が庭で珍しく遊んでいました。どうも最初は「シマ」が灯篭のところで遊んでいたのを「ボイ」が連れ戻しにきたところ、皆が遊びだしてしまったのが実態のようです。
けっこう遊んで、おなかがすいたとみえて、「ウッシー」がベランダにきたのですが、そこにはすでに、別の猫がいて追い払われそうになりました。そこで我家のお助けウーマンのカミさんが「ウッシー」を救助しました。
b0077271_8164952.jpg

「ウッシー」は目脂がたまるタイプだそうで、目薬をさすため家に入れて撮ったショットです(家に入れたのは2回目だそうです)。ほとんど飼い猫と一緒ですね。「ヌヌ」も別に嫌がらないですし、我家は都合11匹の猫がいることになりそうです。ところで、気になる「ウッシー」の性別ですが、オスでした。
b0077271_815261.jpg
b0077271_8155485.jpg

[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-07-29 08:16 | ペット
スーパーアグリと2台の新車SA06がホッケンハイムでのドイツGPウィークエンドでデビューしました。
佐藤 琢磨と山本 左近は朝のフリープラクティスセッションで予定していたテストプログラムをほぼ完了した模様です、琢磨は15位、左近は19位でした。
雨が午後、ほとんどのチームの走行開始を遅らせた中、SAF1チームは不運にも2台のマシンにハイドロリック系の問題が出てそうで、結局セッション終了間際に数ラップのメニュー消化でテスト終了となったそうです。
いよいよ今日からSA06の真価が問われる予選、決勝が始まります。ベストを尽くして頑張ってください。
下記アドレスに、琢磨、左近のコメントがあります。
b0077271_7564765.jpg

写真は  http://www.f1racing.net/ja/news.php?newsID=125568 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-07-29 07:57 | モータースポーツ
 新車SA06で初のセッションに臨んだスーパーアグリの2台は、佐藤琢磨がトップから3.753秒遅れの15番手、今回がデビューレースとなる山本左近は4.869秒遅れの19番手でフリー走行1回目を終えたそうです。

1 35* アレクサンダー・ブルツ   ウイリアムズFW28・コスワース 1'16"349
2 36* アンソニー・デイビッドソン ホンダRA106          1'16"523
3 38* ロバート・クビカ        BMWザウバーF1.06      1'17"343
4 12 ジェンソン・バトン       ホンダRA106          1'17"439
5 37* ロバート・ドーンボス     レッドブルRB2・フェラーリ    1'17"835

15 22 佐藤琢磨           スーパーアグリSA06・ホンダ  1'20"102
19 23 山本左近           スーパーアグリSA06・ホンダ  1'21"218

AUTO SPORT WEBから
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-07-28 22:04 | モータースポーツ