思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー

<   2006年 08月 ( 68 )   > この月の画像一覧

最近、よくこんなポーズをとります。たぶん遊んでほしいのだと勝手に解釈しています。
b0077271_1253843.jpg

b0077271_12533697.jpg

事実、お腹をこすってあげたりすると、ノドを鳴らし足り、目を細めたりして喜びます。
こんな顔しています。
b0077271_12535675.jpg

童心に帰ってしまうときもあるのですね母親といってもまだ3歳ですから。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-08-31 12:54 | ペット
AFCアジアカップ2007予選の日本代表メンバーが下記のように決定しました。
対サウジアラビア(9月3日)、対イエメン(9月6日)の2試合ですので、頑張ってください。
【選  手】
No. 氏名     生年月日  身長  体重  所属
GK
23 川口 能活   1975.08.15 179cm 78kg ジュビロ磐田
43 山岸 範宏   1978.05.17 185cm 84kg 浦和レッズ
44 西川 周作   1986.06.18 183cm 79kg 大分トリニータ
DF
14 三都主     1977.07.20 178cm 69kg 浦和レッズ
   アレサンドロ
20 坪井 慶介   1979.09.16 179cm 67kg 浦和レッズ
21 加地  亮   1980.01.13 177cm 73kg ガンバ大阪
31 駒野 友一   1981.07.25 171cm 73kg サンフレッチェ広島
45 田中マルクス  1981.04.24 185cm 82kg 浦和レッズ
      闘莉王
MF
4 遠藤 保仁   1980.01.28 178cm 75kg ガンバ大阪
30 阿部 勇樹   1981.09.06 177cm 77kg ジェフユナイテッド千葉
35 長谷部 誠   1984.01.18 177cm 65kg 浦和レッズ
50 中村 直志   1979.01.27 175cm 70kg 名古屋グランパスエイト
51 羽生 直剛   1979.12.22 167cm 63kg ジェフユナイテッド千葉
52 二川 孝広   1980.06.27 168cm 63kg ガンバ大阪
55 鈴木 啓太   1981.07.08 177cm 67kg 浦和レッズ
56 山瀬 功治   1981.09.22 173cm 70kg 横浜F・マリノス
58 田中 隼磨   1982.07.31 174cm 64kg 横浜F・マリノス
59 小林 大悟   1983.02.19 178cm 70kg 大宮アルディージャ
71 伊野波雅彦   1985.08.28 179cm 72kg FC東京
72 梅崎 司    1987.02.23 167cm 64kg 大分トリニータ
FW
36 巻 誠一郎   1980.08.07 184cm 81kg ジェフユナイテッド千葉
37 佐藤 寿人   1982.03.12 170cm 67kg サンフレッチェ広島
38 田中 達也   1982.11.27 167cm 63kg 浦和レッズ
65 我那覇和樹   1980.09.26 182cm 77kg 川崎フロンターレ

新しく選考されたのは、梅崎・伊野波・二川・西川の4名、活躍が楽しみです。また佐藤勇(千葉)、坂田(横浜M)が故障のために前回のイエメン戦メンバーから外れました。
今日成田を出発という、慌しいスケジュールですが、体調面に配慮して、ベストコンディションでの戦いを期待しましょう。
個人的には、中村(名古屋)が残ってほっとしています。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-08-31 12:40 | 球技
久しぶりに近所のホビーショップに寄ったところ、WRC・ラリージャパンに向けて、こんなチョロQを売っていました。インプレッサのチョロQがあれば、ベストでしたがあるのはS.ローブのシトローエンの2005年タイプと2006年タイプの2種類、かわいかったので衝動買いしてしまいました。チョロQですが、よくできています。
b0077271_814202.jpg

b0077271_8143779.jpg

さていよいよ今日がオープニングセレモニーで、明日からラリージャパンスタートです。スバルの巻き返しがなるか期待していいのかどうか、また今年はフォードの相性がよいとの噂もあります、S.ローブ/シトローエンはどうでるか、ラリーの醍醐味を満喫できる展開に期待です。
また、日本人期待の新井選手もWRカーでの参戦で、表彰台を目指して頑張るとの発言もありますから、こちらも期待ですね。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-08-31 08:15 | モータースポーツ
2007年のF1暫定スケジュールが発表されました。残念ながら鈴鹿での開催はないようです。また1カ国1開催となり、サンマリノGP、ヨーロッパGPがなくなり、ベルギーGPが復活しました。

1   3月18日 オーストラリアGP
2   4月8日 マレーシアGP
3   4月15日 バーレーンGP
4   5月13日 スペインGP
5   5月27日 モナコGP
6   6月10日 カナダGP
7   6月17日 アメリカGP
8   7月1日 フランスGP
9   7月8日 イギリスGP
10  7月22日 ドイツGP
11  8月5日 ハンガリーGP
12  8月26日 トルコGP
13  9月9日 イタリアGP
14  9月16日 ベルギーGP
15  9月30日 中国GP
16  10月7日 日本GP
17  10月21日 ブラジルGP

日本GPは、富士スピードウェイでの開催となります。1977年以来30年ぶりの開催、関東地区のファンにとってはうれしい話ですが、立体交差のあるサーキットでのF1階際がなくなり、また日本でのF1は鈴鹿という伝統(?)もできていましたので、少し複雑な心境です。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-08-30 08:28 | モータースポーツ

「モモ」の定位置かな

最近、「モモ」はよくここで涼んでいます。ここというのは階段の踊り場です。上から見るとこんな感じ。
b0077271_813996.jpg

階段下から見上げるとこんな感じ。
b0077271_8124222.jpg

我家の猫はどうも丸まって寝ている姿が多いようです。別にエアコン効かせすぎているわけでもないのですが。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-08-30 08:14 | ペット
昨日、イビチャ・オシム監督ら代表スタッフはミーティングを行い、西アジア遠征(31日~)のメンバーを選考したそうです。9月3日のサウジアラビア戦、6日のイエメン戦を異なる選手で戦うことも話し合われた模様で、選手の入れ替えは難しいですが、選手を固定せずに相手に応じてメンバーを代える「オシム流」が見えてきました。

「サウジアラビア戦とイエメン戦で選手を入れ替えられないか」オシム監督のこの発言にメンバーはびっくり、しかし冷静に考えれば、アウェイでの連戦、サウジは必勝体制で攻め重視で来ることが予想され、イエメンは先日の試合と同様、引いて守りカウンターねらい、当然起用する選手もディフェンス重視のサウジ戦、攻撃重視のイエメン戦となりますね。
やはり、固定概念(今までは、まず代表メンバーありきで、戦う相手のことはあまり考えていない)を拭いさって、メンバー選考にあたる、頼もしい指揮官登場ではないでしょうか。
「敵を知り、己を知らば、百戦危うからず。」、孫子の兵法の有名なフレーズですが、「己を知る」ということが今までと違います。

今までは、一番サッカーに対してのポテンシャルの高い選手を選考していたのに対して、敵に対して一番優れた能力を持った人材を選ぶという新しい発想です。適材適所という言葉もあります、オシム流の代表選び期待できます。仕事をする上でもこの考え方は参考となりますね。
個人的には、名古屋から中村、本田と2人選ばれるといいな、なんて思ってます。

関係ないですが、ブログのスキンをかえました。書かれている内容も雰囲気が違うなとひとり悦にいってます(アホですね)。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-08-29 17:56 | 球技
スバルワールドラリーチーム(SWRT)は、9月1日(金)から9月3日(日)北海道十勝管内で開催されるWRC(世界ラリー選手権)第11戦「ラリージャパン」に、ペター・ソルベルグ(ノルウェー)、クリス・アトキンソン(オーストラリア)がドライブする2台のインプレッサWRC2006で出場します。
初開催だった一昨年の同イベントではソルベルグが優勝し、昨年は惜しくも最終日にリタイヤとなるまでソルベルグがトップを快走するなど、ラリージャパンはスバルにとって相性が良いラリーです。今年はまだ優勝がありませんが、何とか地元で今期初Vを飾ってほしいものです。
b0077271_1372775.jpg

また、新井敏弘もスバルの最新型ワールドラリーカー「インプレッサWRC 2006」で出場します。新井はS自身のホームイベントで唯一の日本人ドライバーとして世界のトップドライバー達と同じ土俵で戦い、表彰台以内入賞を目指たいと述べています。
今週末に迫った、ラリージャパンでは、後塵をはいしているシトローエン、フォードと互角の戦いを期待しています。

写真は http://news2.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=1 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-08-29 12:54 | モータースポーツ
我家は家の中だけでなく、ベランダや庭にもダンボールハウス(単なる箱という人もいます)があります。最初は、我家の猫たちの遊び場でしたが、今はノラ猫親子の休息の場です。
b0077271_2021565.jpg

昨日も、「ボイ」と「ウッシー」がお昼寝していたようで、窓(の下にあります)を開けたら、このように顔をだしてこっちを見つめています。きっと「せっかく寝ていたのに」と言っているのかもしれません。
b0077271_20211974.jpg

そばのエアコン屋外機と壁の間では、「シマ」と「フケ」がこちらはぐっすりとお昼寝の真最中です。毎日見ていると大きくなったとは感じませんが、古い写真と見比べると「顔立ち」などだいぶしっかりしてきているように感じます。秋風が吹くころには、皆りっぱな猫となって巣立っていくのかもしれません。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-08-28 20:21 | ペット
トルコGPは、フェラーリを駆るマッサがうれしい初優勝で幕を閉じました。レースはスタートでフィジケラが行き場をなくしてスピンをする波乱(おかげで、SA06ニュースペックの琢磨は大変なGPとなりました)、しかしマッサ、シューマッハのフェラーリコンビは楽々とアロンソを引き離し、いつもの高速パレードがはじまりました。
b0077271_12563027.jpg

また、マッサとシューマッハのラップタイムは明らかにシューマッハの方が速く、いずれはシューマッハ、マッサの順番となると予想していましたが、リウッツィのスピンでフェラーリの思惑は無残に砕かれ、セーフティーカーが導入され、各車ピットイン(マッサとシューマッハも同時にピットインし、アロンソに2位を奪われる)し、レースは波乱模様となります。
b0077271_12564077.jpg

シューマッハはピットイン後のタイヤセットがイマイチなのか、アロンソ追撃が今一歩でコースアウトもするありさま。これでレースは決まりかと思いきや、最後のピットストップ後からは、アロンソ・シューマッハの10周以上ものデッドヒートに目が奪われました。ハンガリーGPとは違うF1の面白さを見せてくれました。結果は、0.081秒差でマッサが2位を死守、ポイント差を12に拡げていざ、イタリアGPへと向かうこととなりました。
b0077271_12565178.jpg

さて、残念なのはライコネンです。このレースもリアタイアがバーストしてトップ争いから脱落し、スピンしてコースアウト→リタイアという結末です。ストーブリーグでは主役ですが、実際のF1のフィールドでも主役をはってくれないと、キミファンが減ってしまいますよ、頑張れライコネン、イタリアGPは期待してますよ。

http://news2.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=1
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-08-28 12:55 | モータースポーツ
そういえば、最近ブログに「ヌヌ」登場していませんでした。元気に育っていますし、いろんなところで遊んでいます。
さてカミさんが、玄関のそばにダンボール箱をおいたところ、
b0077271_10352459.jpg
b0077271_10353148.jpg

早速「ヌヌ」が中に入って睡眠し始めました。
写真をとると、まぶしいので反対向いてしまいました。
b0077271_10355967.jpg

これからは、気をつけますね「ヌヌ」ちゃん!
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-08-27 10:36 | ペット