思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー

<   2006年 10月 ( 70 )   > この月の画像一覧

ここまで無敗のインディアナポリス・コルツ、シカゴ・ベアーズともに勝利、開幕からの連勝を7に伸ばした。1敗のデンバー・ブロンコスと対戦したコルツは前半で6対14とリードを奪われてしまいました。後半も苦戦が続きましたが、ペイトン・マニング率いるハイパワーオフェンスが攻略、最後は残り2秒にアダム・ビナティエリが、37ヤードFGを決め34対31で熱戦に終止符、これでコルツは、グリーンベイ・パッカーズに次ぐリーグ史上2チーム目となる2年連続開幕7連勝の偉業を達成しました。
b0077271_23281722.jpg

サンフランシスコ・49ersと対戦したベアーズは守備陣が4ファンブルロス、1インターセプトを奪い、第1Qにいきなり24点を先制、第2Qにも17点をあげて前半で勝負を決め41対10で圧勝、ベアーズの開幕7連勝は、スーパーボウル制覇した1985年の開幕12連勝につぐ記録だそうです。
b0077271_23293638.jpg

マンディナイトでは、ペイトリオッツがブレイディ4TDパスでバイキングスに快勝です。ジャイアンツも勝って地区首位を守りました。
我らがドルフィンズは、今週はお休みです。来週は絶好調のベアーズとの対戦、かなりの苦戦が予想されますが、ここで勝利すると勢いに乗れそうです。ベアーズがそろそろ連勝疲れになることを期待して来週を待つことにしましょう。都合のよい想像です。

写真は http://www.nfljapan.co.jp/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-10-31 23:30 | 球技
ロッシが何と5周目に転倒してしまいました。その瞬間にN,ヘイデンの初タイトルは決まってしまったかもしれません。スタートダッシュを決めてロッシに先行したヘイデン、前戦までのレース運びとは一味違う、シーズン前半の積極性が見えた本来のヘイデンがここバレンシアにはいたような気がします。
b0077271_22551359.jpg

翻って、ロッシはここ数年のロッシではなく、今年前半のロッシが全て出てしまったレースだったような気がしました。やはり6連覇というか、連続して王者に君臨しているとモチベーションが下がってしまうのでしょうか、今年のロッシはロッシらしからぬミスが多かったように思います。そして最終戦の最後にまたそのミスをしてしまったこと、逆にそんな人間ロッシを見たことがロッシがますます応援したくなる存在になったとも言えます。
来年こそは、再び強いロッシが復活することを期待します。

写真は http://www.motogp.com/ja/motogp/index.htm  から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-10-30 22:55 | モータースポーツ
WRC第14戦ラリー・オーストラリアは、日曜日に第3レグを行い、前日までのリードを守り、ヒルボネンがうれしいWRC初優勝を飾りました。T.マキネンの後継者として初優勝を期に、グロンホルムとフォードの2枚看板として活躍して欲しいですね。
b0077271_121896.jpg

スバルのソルベルグは、最終日も複数のSSでトップタイムをマークしましたが、差を詰めるまでにはいたらず2位に終わりました。
b0077271_12182574.jpg

また初日に出遅れたグロンホルムは最終日も追い上げましたが5位までがやっとの状況で、この結果により怪我で休養中のローブがドライバースタイトルを獲得しました。
b0077271_1247762.jpg


1. Mikko Hirvonen
2. Petter Solberg    +00mins 37.1secs
3. Manfred Stohl    +03mins 58.6secs
4. Xavier Pons     +04mins 45.4secs
5. Marcus Gronholm   +12mins 23.9secs

写真は http://news1.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=51 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-10-30 12:18 | モータースポーツ

本日のオマケショット

ネコベットに毛布の組み合わせは、猫たちに好評で特に「ネネ」と「モモ」は席が空いていれば、このとおり、すっぽり入ってうたた寝をしています。「ヌヌ」「ナナ」の2匹も好きですが、なぜか「チャチャ」はあまり気に入っていない様子です。やはり「チャチャ」はカミさんに言わせると。熱がりだそうで、このようなぬくぬくは嫌いなのかもしれません。おまけのショットでした。

b0077271_8145514.jpg
b0077271_815610.jpg

[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-10-29 17:09 | ペット
ダイワメジャーが勝ってしまった天皇賞・秋。過去、前哨戦の毎日王冠を勝った馬は勝てないといわれていたが、やはりジンクスは破るためにあるものなのか、安勝騎手の手綱に導かれて見事皐月賞につぐG1勝利。
b0077271_10262281.jpg

横典騎手は、スィフトカレントで見事な騎乗をみせるも、菊花賞に続いてまたも銀メダル。彼のG1銀メダルはここ数年でいくつになったのだろう。あと一歩が足りないのか、騎乗馬の能力がイマイチなのか、横典ファンの方、そのうち運が向いてくることを祈りましょう。

1 14 ダイワメジャー   牡5 58.0 安藤勝己 1:58.8  
2 10 スウィフトカレント 牡5 58.0 横山典弘 1:58.9 1/2
3 15 アドマイヤムーン  牡3 56.0 武豊  1:59.0 3/4

さて、私の期待馬はシンガリ負け。そういえばダイワメジャーも昔の天皇賞でシンガリ負けしてたっけ、来年以降に期待します。
2,3着の騎手は先週の菊花賞と同じですね、そういえば馬主も一緒のような気がしましたが。G1は1週お休みで再来週はエリザベス女王杯ですね、今度はどんな結末が待っているのやら。

また今日の東京新馬戦では、ザサンデーフサイチ(約6億円の馬)が出走しましたが3着でした、いいい血統の馬であっても初戦から実力をだすことは難しいようです。

写真は http://www.sponichi.co.jp/gamble/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-10-29 16:34 | ギャンブル
MotoGP最終戦のバレンシアGPの予選が行われ、前戦でポイントリーダーとなったV.ロッシがポールポジションを獲得し、6年連続チャンピオンに向けての視界は良好のようです。
ライバルのN.へイデンは5番手、2列目のスタートポジションです。日本人選手では、コニカミノルタへの移籍が決定している中野選手が4番手、玉田選手は15番手スタートです。
b0077271_119181.jpg

250ccクラスでは、青山(博)がポールポジション獲得、ここ3戦表彰台の勢いが続いています。
b0077271_1194670.jpg

写真は http://f1express.cnc.ne.jp/  から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-10-29 09:18 | モータースポーツ
10月28日にレグ2が行われ、初日トップのヒルボネンが安定した成績でトップを堅持しています。スバルのソルベルグは低速コーナーでトラクションがかからず苦労しながらもフルアタックを敢行。とくに大きなミスもなくステージをクリアしていきましたが、トップとの差は若干拡がってしまいました。
b0077271_8504634.jpg

ヒルボネンのWRC初優勝か、スバルの今期初優勝か、最終日はこの争いが注目です。また初日出遅れたグロンホルムは7位まで挽回してきており、最終日の結果に逆転チャンプの望みがかかっています。こちらも注目です。

1. Mikko Hirvonen
2. Petter Solberg     32.3secs
3. Manfred Stohl     +02mins 36.9secs
4. Xavier Pons Kronos   +02mins 57.0secs
5. Marcos Ligato     +11mins 25.3secs

写真は http://news1.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=51 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-10-29 08:50 | モータースポーツ

「ナナ」の探検日記

「ナナ」は我家の猫の中で一番高いところが好きのようです。今日は昼寝の後、納戸(今は私のPC部屋、このブログもこの部屋で作詞しています)に入ってきて、天袋を眺めていました。
上にあげてみると、早速探検開始。カメラで写真を撮りだすと、カメラについているストラップが気になるのか、こちらに近づいてきて、このショットです。
b0077271_1921554.jpg
b0077271_1922957.jpg
b0077271_1924176.jpg

[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-10-28 19:02 | ペット
1万8千人のサポータの中、グランパスがほぼ1ヶ月ぶりの勝利をあげました。ただ前半は羽生に先制点を入れられる苦しい展開。
ストヤノフが警告2枚で退場となり、人数で勝った後半に期待したところ、後半4分に玉田、そして24分に杉本がゴールを決めて久しぶりに勝利の美酒を味わえました。
この調子で残り5試合も頑張って欲しいものです。スタジアムには行っていない東京のサポータの応援メッセージでした。
b0077271_16462477.jpg

Jリーグの優勝争いは、3位の川崎が勝ち、首位の浦和が破れました。明日のガンバが勝つと3つ巴の戦いとなります。来年は、この中に名古屋も入って盛り上がりたい!

写真は http://tochu.tokyo-np.co.jp/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-10-28 17:17 | 球技
大荒れのレグ1、木曜の晩に行われた2本のスーパーSSで開幕したラリー・オーストラリアは、金曜日からパース周辺のグラベルロードで本格的に競技がスタート。まず最初はフォードのマーカス・グロンホルム、スタート後間もなくして転倒、約9分タイムをロスして最下位に順位を落としてしまいました。続いてダニエル・ソルドがギヤボックスのトラブルで停止、さらにマシュー・ウイルソンも足まわりを破損してストップ。これに反して、スバルの2台は好調なスタートを切りました。
b0077271_8441842.jpg

とくに地元オーストラリア出身のクリス・アトキンソンは、SS3からSS5にかけて連続SSベストタイムをマークしてラリーリーダーに。ペター・ソルベルグも2位ヒルボネンに続く3番手をキープする。しかし好事魔多しという言葉が的中しSS6、アトキンソンはコースアウトで首位から陥落。マシンから出火したため競技が中断、その結果アトキンソンに代わってヒルボネンがトップ、それをソルベルグが1.4秒差で追うという展開に。SS7で一時ソルベルグはトップとなりますが、午後のSSで逆転され26秒差の2位で1日目を終了しました。
b0077271_8445687.jpg

新井選手も6位と健闘しています、またグロンホルム選手は18位まで挽回しています。

写真は http://news1.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=51 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-10-28 08:45 | モータースポーツ