思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー

<   2007年 09月 ( 67 )   > この月の画像一覧

雨の不良馬場、アストンマーチャンが中舘騎手に導かれてスタートからハナを奪い、そのまま逃げ切ってしまいました。2歳時からそのスプリント能力は高く評価されていた牝馬が見事にG1タイトル獲得です。
b0077271_17141100.jpg

中舘騎手もヒシアマゾン以来のG1(そんなにG1を勝っていないとは思いませんでしたが)3勝目です。中舘騎手を除くと馬券に絡んだ騎手は若手2人。秋は若手騎手に注目する必要があるかもしれません。

1○7 アストンマーチャン  牝3 53.0 中舘英二 1:09.4
2△6 サンアディユ     牝5 55.0 川田将雅
3△ 1 アイルラヴァゲイン 牡5 57.0 松岡正海
4▲16 キングストレイル   牡5 57.0 田中勝春
5 5 タマモホットプレイ   牡6 57.0 石橋脩

写真は http://www.jra.go.jp/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-09-30 17:02 | ギャンブル
朝からの雨で、セーフティカー先導によるスタートとなった日本GP。まずビックリしたのがフェラーリ2台のピットインでした。タイア交換と給油を行いピットアウトしましたが、これはセーフティカー先導が長くなることをよんでの1ストップ作戦かと思いました。しかしこの後もピットインを繰り返したので、単純にスタート時点でのタイアチョイスの間違いだったようです。
b0077271_1641261.jpg
b0077271_16413454.jpg
レースはハミルトン選手リードの中、淡々と進みますが、アロンソ選手のスピンにはビックリです。
b0077271_16424829.jpg
やはりかなり焦った故のスピンだったのだと感じました。その他では、ヴェッテル選手の追突、これがなければ表彰台も可能性があっただけに残念ですね。そしてライコネン選手のオーバーテイク、マッサ選手とクビサ選手の最終週のバトルなど、なかなか見ていてハラハラドキドキの日本GPでした。
b0077271_164356.jpg
b0077271_16431390.jpg
唯一残念だったのは、日本人、日本チームが活躍できなかったことです。これもF1、中国GPで巻き返して欲しいですね。
さてこれで、ハミルトン選手は12ポイントのリードをアロンソ選手との間に築きあげました。ルーキーのワールドチャンピオンに王手ですね。
b0077271_16414547.jpg

決勝結果
1 L・ハミルトン マクラーレン 2:00:34.579
2 H・コヴァライネン ルノー + 8.377
3 K・ライコネン フェラーリ + 9.478
4 D・クルサード レッドブル + 20.297
5 G・フィジケラ ルノー + 38.864
6 F・マッサ フェラーリ + 49.042
7 R・クビサ BMW + 49.200
8 V・リウッツィ トロロッソ + 55.600
9 A・スーティル スパイカー + 1:01.100
10 R・バリチェロ ホンダ + 1:28.300
11 J・バトン ホンダ + 1 laps
12 山本 左近 スパイカー + 1 laps
13 J・トゥルーリ トヨタ + 1 laps
14 N・ハイドフェルド BMW + 2 laps
15 佐藤 琢磨 スーパー アグリ + 2 laps
DNF
16 R・シューマッハ トヨタ + 12 laps
17 A・デビッドソン スーパー アグリ + 13 laps
18 N・ロズベルグ ウィリアムズ + 18 laps
19 S・ヴェッテル トロロッソ + 21 laps
20 M・ウェーバー レッドブル + 22 laps
21 F・アロンソ マクラーレン + 26 laps
22 A・ブルツ ウィリアムズ + 48 laps

写真は http://f1.gpupdate.net/ja/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-09-30 16:42 | モータースポーツ
b0077271_17292853.jpg地元で強いグランパスです。期待の新人小川選手が出場5試合目で待望のゴールを決めて柏に快勝です。1-0の後半9分に中村選手のパスを受けて右足できっちり決めました。古賀選手が退場して10人となったレイソルの士気をそぐ一発でした。
「前にボールが出れば、おれはこれぐらいやるし、グランパスはいいサッカーができるのは分かっている。これを続けるんだ。」とは本田選手の談話、ホントにそうですね。
小川選手「点を取れたこともそうだけど、チームが勝てたことがうれしい。この1点で終わらないようにしたい」まさにその通り、今後もたくさん点とってください。

写真は http://www.chunichi.co.jp/chuspo/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-09-30 09:08 | 球技
いよいよ秋のG1シーズンの到来、その最初は1200mの電撃戦です。今年は外国馬の参戦もさく、また日本馬にもこれといった本命はいない混戦が予想されます。
京王杯の勝ち馬のキングストレイルは強いよ思うのですが、ゼンノエルシドも京王杯楽勝後に臨んだこのレースで完敗していますから、本命にはちょっとですし、サンアディユもセントウルSを勝っていますがちょっと使い詰めが心配です。
ということで、私の本命は3歳牝馬のクーヴェルチュールにします。キーンランドカップの勝ち方もよかったですし、まだ3歳成長分も期待できます。もう一頭の3歳牝馬アストンマーチャンも侮れない存在です、昨年暮れはこの馬が桜花賞勝つのではといわれた馬です。北九州記念は奮いませんでしたがここは一発逆転は十分気体でします。
ということで、秋1発目は以下のような予想ですが、ほとんど人気ある馬ばかりですね。一棟だけ人気ありませんが、白井厩舎のG1馬って時々化ける(スペシャルウィークの秋天皇賞のように)のです。

◎ クーヴェルチュール
○ アストンマーチャン
▲ キングストレイル
△ サンアディユ、メイショウボーラー、スズカフェニックス、アグネスラズベリ、アイルラヴァゲイン
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-09-29 17:15 | ギャンブル
朝から雨の富士スピードウェイで30年ぶりにF1公式予選がスタートしました。雨だといいなと言っていた佐藤琢磨選手でしたが、マシンのフロントグリップが不足していたようで、予選は21番手に沈んでしましました。
またトヨタ勢もラルフ選手はQ1ラストで左近選手と絡んでしまい、Q2には進出しましたがタイムなしの16番手、トゥルーリ選手も期待されたわりにはウェットセッティングが決まらなかったのか14番手で予選終了です。
頑張ったのはホンダのバトン選手、雨で最高速がでない状況をうまく利用して予選7番手は今期の最高グリッドです。明日の決勝、雨の場合は期待ができますね。そして8番手には何とトロロッソのベッテル選手が入りました。
さてポール争いは、いつもの4人が最終ラップまで争い、ハミルトン選手がポールを奪取しました。以下アロンソ選手、ライコネン選手と続きますがその差はわずか、明日の逆転も十分考えられます。
b0077271_17271574.jpg
b0077271_17272294.jpg
b0077271_17273097.jpg
b0077271_17273711.jpg
b0077271_1727453.jpg

公式予選
1 L・ハミルトン マクラーレン 1:25.368
2 F・アロンソ マクラーレン 1:25.438
3 K・ライコネン フェラーリ 1:25.516
4 F・マッサ フェラーリ 1:25.765
5 N・ハイドフェルド BMW 1:26.505
6 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:26.728
7 J・バトン ホンダ 1:26.913
8 M・ウェーバー レッドブル 1:26.914
9 S・ヴェッテル トロロッソ 1:26.973
10 R・クビサ BMW 1:27.225
11 G・フィジケラ ルノー 1:26.033
12 H・コヴァライネン ルノー 1:26.247
13 D・クルサード レッドブル 1:26.247
14 J・トゥルーリ トヨタ 1:26.253
15 V・リウッツィ トロロッソ 1:26.948
16 R・シューマッハ トヨタ no time
17 R・バリチェロ ホンダ 1:27.323
18 A・ブルツ ウィリアムズ 1:27.454
19 A・デビッドソン スーパー アグリ 1:27.564
20 A・スーティル スパイカー 1:28.628
21 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 1:28.792
22 山本 左近 スパイカー 1:29.668


写真は http://f1.gpupdate.net/ja/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-09-29 17:13 | モータースポーツ
久しぶりに松坂大輔投手の好投を見ることができました。日本人ルーキー投手最多の15勝を難産のすえに達成です。今日は四球が少なく、ランナーをためて1発をあびたここ数戦とは違う投球内容。ランナーをだしてもそれほどあわてることなく、間合いをゆっくりとることを心がけた投球をしていたように思います。
b0077271_1710826.jpg
b0077271_17101793.jpg

ヤンキーズが負けたため、レッドソックスの12年ぶりの地区優勝も決まり、これからプレィオフに向けてレギュラーシーズン最後の登板をいい形で締めくくれた大輔君、プレィオフでも頑張ってくれるでしょう。

写真は http://www.afpbb.com/category/sports/baseball から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-09-29 17:10 | 球技
いよいよ30年ぶりの富士スピードウェイでの日本GPがスタートです。今日はフリー走行が午前、午後と行われ、ライコネン選手が午前、ハミルトン選手が午後と、フェラーリ、マクラーレンがそれぞれのセッションのトップタイムを分け合いました。
日本勢ではトヨタのトゥルーリ選手が午後のセッションで4番手のタイムをマークして気をはいています。いよいよ明日は公式予選、天候が下り坂なのがちょっと心配ですが、佐藤琢磨選手は「雨が降らないかな」といっていますから、雨の予選となるとスーパーアグリの1発があるかもしれませんね。
b0077271_20514734.jpg
b0077271_20515315.jpg
b0077271_20515994.jpg

金曜フリー走行2
1 L・ハミルトン マクラーレン 1:18.734 38
2 F・アロンソ マクラーレン 1:18.948 34
3 F・マッサ フェラーリ 1:19.483 36
4 J・トゥルーリ トヨタ 1:19.711 35
5 K・ライコネン フェラーリ 1:19.714 29
6 H・コヴァライネン ルノー 1:19.789 40
7 G・フィジケラ ルノー 1:19.926 39
8 D・クルサード レッドブル 1:19.949 33
9 R・シューマッハ トヨタ 1:19.969 40
10 R・クビサ BMW 1:20.069 45
11 M・ウェーバー レッドブル 1:20.006 35
12 A・ブルツ ウィリアムズ 1:20.233 37
13 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:20.270 43
14 J・バトン ホンダ 1:20.336 44
15 N・ハイドフェルド BMW 1:20.462 36
16 A・スーティル スパイカー 1:20.736 37
17 R・バリチェロ ホンダ 1:20.889 33
18 V・リウッツィ トロロッソ 1:20.985 44
19 S・ヴェッテル トロロッソ 1:20.997 38
20 A・デビッドソン スーパー アグリ 1:21.007 34
21 山本 左近 スパイカー 1:21.305 38
22 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 1:21.352 34
b0077271_20521622.jpg
b0077271_20522226.jpg
b0077271_20522785.jpg
b0077271_20523332.jpg

金曜フリー走行1
1 K・ライコネン フェラーリ 1:19.119 26
2 F・マッサ フェラーリ 1:19.498 27
3 F・アロンソ マクラーレン 1:19.667 27
4 L・ハミルトン マクラーレン 1:19.807 24
5 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:20.058 26
6 R・クビサ BMW 1:20.297 26
7 A・ブルツ ウィリアムズ 1:20.411 24
8 J・トゥルーリ トヨタ 1:20.483 32
9 A・スーティル スパイカー 1:20.516 29
10 A・デビッドソン スーパー アグリ 1:20.601 22
11 R・バリチェロ ホンダ 1:20.068 24
12 H・コヴァライネン ルノー 1:20.718 27
13 N・ハイドフェルド BMW 1:20.728 26
14 V・リウッツィ トロロッソ 1:20.808 29
15 R・シューマッハ トヨタ 1:20.828 28
16 G・フィジケラ ルノー 1:20.851 23
17 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 1:21.186 15
18 M・ウェーバー レッドブル 1:21.437 18
19 J・バトン ホンダ 1:21.541 22
20 S・ヴェッテル トロロッソ 1:21.854 18
21 D・クルサード レッドブル 1:22.436 18
22 山本 左近 スパイカー 1:22.902 17

写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-09-28 20:53 | モータースポーツ
大規模な反政府デモが続くミャンマーで日本人が犠牲になってしまいました。同国最大の都市・ヤンゴン市内で、デモを取材していたカメラマンの長井健司さんが、治安部隊とデモ隊の衝突に巻き込まれ死亡しました。
同国では燃料費の大幅値上げを機に、軍事政権への不満が爆発し、各地で僧侶と市民が抗議のデモ行進を連日行っており、軍政側がデモ弾圧に乗り出し、多数の死傷者がでています。
国連の安保理も緊急会議を開催し、ミャンマー政府に対する制裁を考えようとしましたが、単なる警告のみという軽い処置にとどまっています。国際社会では、ミャンマーの軍事政権を支持している国(ロシア、中国)もあり、なかなか制裁、介入は困難なようです。
ミャンマーといえば、元のビルマ、「ビルマの竪琴」で日本人にはよく知られています。また、民主化活動家アウン・サン・スー・チーさんが、長い間軟禁状態にあることで非難を浴びていることでも知られています。
そして国民の90%以上が仏教徒ということですから、今回僧侶の方が数百名も軍政府に拘束されている事態は異常事態と考えて当然かと思います。武装していない僧侶の方を連行しているTV映像を見ていると、異様としか見えません。

b0077271_8313519.jpg亡くなられた長井さんですが、フリーのジャーナリストとしてアフガニスタンや中東で活躍されていました。TVにもよくでておられたのでごぞんじのかたも多いと思います。
「伝える価値があればどこにでも行く」が彼のモットー。写真家の村田信一さんは「普段はもの静かだが、現場では非常にパワフルでがんがんと前に行くタイプ。パレスチナではイスラエル軍がつくっている壁の周りでデモを取材していた。残念だ」と語っています。
長井さんは26と27の両日、日本テレビのニュースで「現場を目撃した日本人」としてミャンマー情勢を電話で伝えていたそうですから、その直後に銃弾に倒れてしまったのですね。映像を見ると、プレス腕章はつけていませんでしたから、カメラを銃器と判断されて狙撃されたのかもしれません。

ご冥福をお祈り申し上げます、とともに一刻も早く暴動が終了(鎮圧ではない!)することを期待します。

写真は http://www.sanspo.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-09-28 08:25 | 日記
大相撲の序ノ口力士、時太山(本名・斉藤俊さん)が名古屋場所前の6月、愛知県犬山市で稽古後に急死した問題で、師匠の時津風親方(元小結・双津竜、本名・山本順一)と兄弟子らが傷害致死容疑などで愛知県警に立件される見通しとなったそうで、時津風親方は容疑を認めているといいます。日本相撲協会の北の湖理事長(元横綱)は捜査の行方を見守る方針とのことですが、早急な対応が必要なのではないでしょうか。
朝青龍問題に揺れる角界が再び激震に見舞われてしまいました。しかし事の本質は、古くから相撲協会に根付いている問題だと思います。
もともと、けいこの厳しさは角界の伝統であり、親方や兄弟子が竹刀で弟子をたたくことは日常茶飯事と言われています。しかし金属バットで、となれば話は別問題、まして5月に初土俵を踏み、晴れて番付にしこ名が載った翌日の新弟子に対する執拗な暴行です。ある協会関係者は「ぶつかりげいこは体力のある関取衆でも、10分もやればヘトヘトになる。それが30分も続いた上、金属バットが使われたとすれば、こういう結果にもなる」と明らかに過失ではなく、暴行行為とみられても仕方がない行為ではないでしょうか。
これがスポーツとして同じように人気のある高校野球の世界であれば、部長、監督たる指導者は解雇は当然で、対外試合禁止(半年以上)処分となります。これを当てはめれば、師匠の時津風親方は解雇処分で、時津風部屋の力士は少なくとも次場所は出場停止となります。高校野球の場合、この連帯責任が問題視されていますが、相撲協会も今日定例理事会および師匠会が開かれるようですが、疑わしきは罰せずではなく早めの処分が望まれます。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-09-27 12:07 | 日記
自民党の福田康夫総裁は、第91代首相に選出され首相官邸に組閣本部を設置して組閣を開始し、新しい内閣の顔ぶれが決まりました。大方の予想通りに
かなめの官房長官に町村信孝外相が横滑りし、後任の外相に高村正彦防衛相が就任しました。そしてこれも下馬評通りに新しい防衛相には石破茂・元防衛長官が選任されました。
伊吹幹事長の後任は、渡海紀三朗・元文部科学副大臣とこれも順当な人事、いかにも福田総理らしい堅い人事だと思います。とりあえずの臨時国会のりきり内閣というイメージが強いですね。
注目の麻生前幹事長は入閣を固辞したそうですが、これだけ留任が多い中、もし固辞しなかったらどのポストを用意していたのでしょうか、副総理というポストを用意していたといわれますが、これだと内閣が失敗すると同罪となり総裁の目はなくなりますし、外務大臣は外交政策が違うのでありえないでしょうから、文部大臣しか考えられませんが、果たしてどうだったのか、聞いてみたいものです。
b0077271_11554827.jpg

◇総理
福田康夫(ふくだやすお)71歳=衆(当選6回)群馬4区
◇総務(再任)
増田寛也(ますだひろや)55歳=非議員(元岩手県知事)
◇法務(再任)
鳩山邦夫(はとやまくにお)59歳=衆(当選10回)福岡6区
◇外務(新任)
高村正彦(こうむらまさひこ)65歳=衆(当選9回)山口1区
◇財務(再任)
額賀福志郎(ぬかがふくしろう)63歳=衆(当選8回)茨城2区
◇文部科学(新任)
渡海紀三朗(とかいきさぶろう)59歳=衆(当選6回)兵庫10区
◇厚生労働(再任)
舛添要一(ますぞえよういち)58歳=参(当選2回)比例
◇農林水産(再任)
若林正俊(わかばやしまさとし)73歳=参(当選2回)長野
◇経済産業(再任)
甘利明(あまりあきら)58歳=衆(当選8回)神奈川13区
◇国土交通(再任)
冬柴鉄三(ふゆしばてつぞう)71歳=衆(当選7回)兵庫8区(公明党)
◇環境(再任)
鴨下一郎(かもしたいちろう)58歳=衆(当選5回)東京13区
◇防衛(新任)
石破茂(いしばしげる)50歳=衆(当選7回)鳥取1区
◇官房(新任)
町村信孝(まちむらのぶたか)62歳=衆(当選8回)北海道5区
◇国家公安(再任)
泉信也(いずみしんや)70歳=参(当選3回)比例
◇沖縄・北方(再任)
岸田文雄(きしだふみお)50歳=衆(当選5回)広島1区
◇金融、行政改革(再任)
渡辺喜美(わたなべよしみ)55歳=衆(当選4回)栃木3区
◇経済財政(再任)
大田弘子(おおたひろこ)53歳=非議員(元政策研究大学院大教授)
◇少子化、男女共同参画(再任)
上川陽子(かみかわようこ)54歳=衆(当選3回)静岡1区

写真は http://www.nikkei.co.jp/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-09-26 08:17 | 日記