思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー

<   2007年 11月 ( 55 )   > この月の画像一覧

ロッシ選手がBSにチェンジして初めてのMotoGPテストが減れ素手開催されています。このテストの注目は「フィアット・ヤマハ」ではないでしょうか。同じチームでありながらBSとミシュランという違うタイアを利用する2人のライダー用にチームを2組にわけて参加しています。250ccチャンプのロレンゾ選手の注目の走りは「クチ」ほどビッグではないタイムですが、ルーキーとしては上々だと思います。そして注目のロッシ選手はBSに慣れることを第1目的としていますが、3番手、2番手タイムをマークしており、来年の巻き返しを予感させる走りをしています。
グレシーニに移籍した中野選手も好タイムをマーク、故加藤大治郎選手が在籍したチームでの優勝→チャンプ獲得へ滑り出しは○ですね。
そして最終日、ペドロサ選手は2日目に続きトップタイムをマーク、ヘイデン選手が2番手とレプソルホンダがトップ2独占、ロレンゾ選手もマシンに慣れて3番手と来シーズンが楽しみとなるテスト結果だったようです。
b0077271_7593661.jpg
b0077271_7594229.jpg

2日目
1 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 01:39.993
2 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 01:40.134
3 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 01:40.251
4 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 01:40.332
5 A・ドビツィオーソ コニカ・ミノルタ・ホンダ 01:40.650
6 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 01:40.692
7 R・ドプニエ ホンダLCR 01:40.820
8 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 01:40.833
9 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 01:40.838
10 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 01:40.883
11 J・ホプキンス カワサキ・レーシング 01:40.939
12 J・トスランド テック3・ヤマハ 01:41.278
13 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 01:41.424
14 A・ウエスト カワサキ・レーシング 01:41.729
15 N. Canepa ドゥカティ・マルボロ 01:42.188
16 T. Okada レプソル・ホンダ 01:43.143
17 V・グアレスキ ドゥカティ・マルボロ 01:43.399
18 伊藤 真一 ホンダ 01:43.869

テスト初日
1 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 01:40.221 35
2 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 01:40.335 60
3 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 01:40.514 56
4 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 01:40.790 47
5 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 01:40.923 63
6 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 01:41.111 58
7 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 01:41.230 90
8 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 01:41.277 65
9 R・ドプニエ ホンダLCR 01:41.313 79
10 J・ホプキンス カワサキ・レーシング 01:41.414 49
11 J・トスランド テック3・ヤマハ 01:41.776 69
12 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 01:41.889 62
13 A・ドビツィオーソ コニカ・ミノルタ・ホンダ 01:42.033 60
14 N. Canepa ドゥカティ・マルボロ 01:42.666 67
15 T. Okada レプソル・ホンダ 01:43.051 42
16 A・ウエスト カワサキ・レーシング 01:43.576 73
17 伊藤 真一 ホンダ 01:44.530 56
18 V・グアレスキ ドゥカティ・マルボロ 01:44.588 51

写真は http://www.motogp.com/ja/motogp/index.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-11-30 07:45 | モータースポーツ
b0077271_74066.jpg守屋武昌前防衛事務次官が在任中、防衛専門商社「山田洋行」元専務、宮崎元伸容疑者側からわいろの認識をもって総額389万円に上るゴルフ旅行接待を妻とともに受けたとして、東京地検特捜部は、守屋容疑者と妻、幸子容疑者を収賄容疑で逮捕しました。特捜部は守屋容疑者が防衛装備品調達などで宮崎容疑者側に便宜を図ったとみて調べるそうです。
一般に考えて、300回を超えるゴルフ接待など考えられないことですし、逮捕は時間の問題と思っていましたが、夫婦揃っての逮捕とはビックリしました。妻は職務権限がないわけですから普通は逮捕はないと思います。それだけこの事件の異様さが感じられます。刑法の「身分なき共犯」を適用とのこと、刑法にはいろいろな条文があるのですね。
これで、 宮崎容疑者(元山田洋行)に続き、官側からも逮捕者がでました。今後は政界からの逮捕者がでるかどうかの1点にかかっているのではと思います。タブロイド版の夕刊紙では、いろいろな大物政治家の名前が出ていますが、その人たちにも追及の矛先が向かうと福田政権は崩壊、総選挙となりそうです。

【身分なき共犯】収賄罪や背任罪など、公務員や会社役員という一定の身分がその成立要件となる犯罪について、身分はないが犯行に加担した者に適用される刑法65条の規定。今回は、公務員の職務権限はないが、事務次官だった夫の立場を利用して共に接待を受けたとして、妻も収賄罪の「共犯」に当たると判断されたようです。

写真は http://www.nikkei.co.jp/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-11-29 07:40 | 日記
名古屋グランパスの来シーズンの監督として噂にあがっていた、ドラガン・ストイコビッチ氏と仮契約を結んだことが名古屋グランパスから正式に発表されました。1年契約で年俸1億円(推定)、Jリーグ監督に必要なコーチライセンスを取得する来年1月15日以降に正式契約を結ぶ予定だそうです。
かつてグランパスのエースとして活躍し、初のOB監督となるストイコビッチ氏は愛知県豊田市内での就任会見で、「ファイティング・スピリット」「ネバー・ギブ・アップ」とメンタル面の改善を強調、ピクシー魂をグランパスに注入するそうです。新監督は一旦28日に帰国し、来年1月下旬に再来日し、チームの指導を開始するそうです。
b0077271_12482654.jpg

そういえばこのセリフ、来日当初にも聞かれました。1995年といえば名古屋グランパスが最下位に沈んでいた時代、負けても笑っている選手がいるとピクシーが怒っているインタビューを見たことがあります(後年、振り返っての番組でしたが)。その後、ベンゲル監督の下で強いグランパスの中心として活躍したことはよく知られています。また1990年のワールドカップでは、オシム監督指揮のユーゴスラビアのエースとしてベスト8に輝いています。当時の映像には、若き日のピクシー、オシム監督が写っています(当たり前ですね!)。
日本代表監督は、岡田さんで決まりだと思いますが、今朝の「めざましTV」で【日本代表にふさわしい人は?】の中にピクシーとベンゲル監督が入っていたのにはビックリしました。別に名古屋市内でアンケートしたわけではないと思いますが、やはりピクシーは人気あるのですね。
ただし、監督としての経験は皆無ですから、熱血指導で若いグランパス選手をビシビシ鍛えて欲しいです。

写真は http://www.so-net.ne.jp/grampus/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-11-28 12:48 | 球技
香川県坂出市でパート従業員三浦啓子さんと孫の山下茜ちゃん、彩菜ちゃん姉妹が大量の血痕を残し行方不明になった事件は、三浦さんの義弟で無職川崎政則容疑者が犯人だったようです。取り調べに対し「三浦さんだけを殺すつもりだったが、騒がれたので一緒に寝ていた子どもも殺した」と供述しており、三浦さんとの間に金銭トラブルがあったという話です。

祖母、孫娘の3人が大量の血痕を残して行方不明になった異様な事件は、発覚から12日目で急展開しました。事件発生段階から強盗殺人事件ではなく、顔見知りの犯行ではないかと言われており、警察関係者の中では早い段階で川崎容疑者がリストアップされていたようです。
川崎容疑者は「三浦さんだけ殺すつもりだったが、騒がれたので一緒に寝ていた子どもも殺した。刃物で刺した」と供述していますが、身内(と言っても血はつながっていませんが)を殺しに訪問すると言う発想(考え方)は理解に苦しみます。金銭面のトラブルと言いますが、何も人の命まで取らなくても解決策は別にあったのではと複雑な思いでニュースを見ていました。

b0077271_1230255.jpg今朝から、死体遺棄現場(当初は、五色台の山中に捨てたと供述していましたたが、その後、坂出港に遺棄したとかわったそうです)を捜索し、 運送会社の資材置き場に埋められていた女性1人、女児2人の遺体を発見したとのこと、亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。
このような事件がなくなる世の中はいつ来るのか、幸せな世の中が来ることを祈るのみです。

写真は http://www.asahi.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-11-28 12:30 | 日記
ペイトリオッツは、31-28でイーグルスに辛勝し、無傷の開幕11連勝を達成しました。これでペイトリオッツは5年連続の地区優勝を決めています。ペイトリオッツは第3Qまでリードを奪われる苦しい展開でしたがが、第4QにRBマローニー選手のTDランで逆転し、守備陣が試合終盤に2インターセプトを奪って反撃を食い止めました。ブレイディ選手は、1TDに終わり、開幕から続けていた1試合3TDパスの記録が途切れました。
チャージャースのトムリンソン選手がラン24回77ヤードをあげ、リーグ史上23人目となる通算ラン1万ヤードを突破しました。106試合での1万ヤード達成は、リーグ史上4位タイの速さです。試合は32-14で、レイブンズに快勝し貯金を1としました。
ベアーズはブロンコスに、オーバータイムで決勝FGを決め、37-34で勝っています。WRへスター選手は、この試合でも75ヤードのパンとリターンTD、88ヤードのキックオフリターンTDを決め、これで今シーズンも昨シーズンと同じ5キックリターンTDを達成しています。
b0077271_1853495.jpg
b0077271_18535716.jpg

さてマンディナイトのドルフィンズですが、雨による酷いフィールドコンディションの影響により、両チームともオフェンスが大苦戦の試合展開、しかし最後にスティーラーズにFGを決められ0-3でまたまた惜敗、これで11連敗です。ペイトリオッツの初黒星かドルフィンズの初白星、どちらが先かなんていう賭けが成立しそうです。
b0077271_185495.jpg

次週の注目の一戦は、ともに1敗でNFCトップに並んでいるカウボーイズ対パッカーズの直接対決。また2敗のコルツと3敗のジャガーズによるAFC南地区首位対決も楽しみですね。

写真は http://www.nfljapan.co.jp/index.html から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-11-27 18:54 | 球技
b0077271_12444610.jpg朝日新聞朝刊には、日本代表監督に岡田武史氏決定とありますが、正式には12月の理事会承認後に発表ということのようです。オシム監督が倒れて、3次予選の組み合わせが決まり、代表監督後任人事は急がなければいけない事項ですが、やはりしきたりは守らなければいけないようです。
中日新聞には、前中国代表監督のミルチノビッチ氏からの売り込みがあったとの報道もありますから岡田氏ですんなり決定というシナリオは修正もありえるかもしれません。しかしオシム監督就任以来目指してきたサッカーのスタイルは急激に変化させることは困難ですから、オシム監督の考え方をよく理解した後任を選ぶことが得策だと思います。そういう意味では、岡田さんは適任なのかもしれませんね。

「監督としてのオシムさんである前に、夫であり父であるオシムさんがいる。日本サッカーの発展のためと、彼と家族の人生のためと、二つの選択が一致しないのなら、人間オシムさんを優先して考えたい」 監督人事にかかわった協会幹部はそう話しています。その考えを反映したのか日本協会のホームページには、オシム監督夫人・アシマさん、家族からファンへ感謝のメッセージも協会ホームページにあります。掲載ページ
1日も早いご回復をお祈りいたします。

写真は http://www.asahi.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-11-27 12:44 | 日記
2010年W杯南アフリカ大会の各大陸別予選組み合わせが、南アのダーバンで行われた抽選会で決まりました。4大会連続の本大会出場を目指す日本はアジア3次予選でバーレーン、オマーン、タイとの比較的楽な(?)2組に入り、来年10月に始まる最終予選進出に向けて明るい展望が開けたといわれますが、果たしてその思惑通りとなるかこれからが本番です。
アジア3次予選は20チームが4チームずつ5組に分かれ、来年2月6日から9月10日までホームアンドアウエー方式で6試合を実施。各組2位まで計10チームが最終予選に進み、5チームずつ2組に分かれる同予選の各組2位までが本大会の出場権を得ます。3位同士で勝ったチームが、オセアニア1位との大陸間プレーオフに臨むことになります。

また注目の欧州予選は、08年欧州選手権予選で本大会進出を逃した強豪イングランドが、同予選で苦杯をなめたクロアチアと再び同組に入りました。06年W杯ドイツ大会優勝のイタリアはブルガリアやアイルランドなどと対戦。最多5度の優勝を誇るブラジルらの南米は、総当たりの予選が既に始まっています。

★日本代表の試合日程 
2月 6日 W杯3次予選 タイ ホーム  
3月26日 W杯3次予選 バーレーン アウエー  
6月 7日 W杯3次予選 オマーン ホーム  
6月14日 W杯3次予選 オマーン アウエー  
9月 6日 W杯3次予選 タイ アウエー  
9月10日 W杯3次予選 バーレーン ホーム

★アジア予選の組み分け
▽グループ1 
オーストラリア、中国、カタール
▽グループ2
 日本、バーレーン、オマーン、タイ
▽グループ3
韓国、北朝鮮、ヨルダン 、トルクメニスタン
▽グループ4
サウジアラビア、ウズベキスタン、レバノン、シンガポール
▽グループ5
イラン、クウェート、UAE、シリア
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-11-26 12:18 | 球技
アドマイヤムーン、岩田康誠騎手とも東京コースとは相性が悪かったので無印としたのですが、見事に裏切られてしまいました。積極策をとり直線も他馬とは異なりインコースをついた岩田騎手のコース取りが最後のクビ差の勝利を導き出したと思います。
惜しかったのはポップロック、またあと一歩のところでGⅠタイトルをゲットしそこねました。後は有馬記念、ウオッカも最後はいい足を使っていましたから、コースがかわり同じメンバーでの再対決、結果はどうなるか予想が難しいですね。
b0077271_1256304.jpg


1 4 アドマイヤムーン 牡4 57.0 岩田康誠 2:24.7  
2▲2 ポップロック 牡6 57.0 O.ペリエ
3◎10 メイショウサムソン 牡4 57.0 武豊
4△11 ウオッカ 牝3 53.0 四位洋文
5 18 デルタブルース 牡6 57.0 川田将雅

写真は http://www.jiji.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-11-25 16:35 | ギャンブル
久しぶりに大相撲の中継を見ました。魁皇関は関取の中でちょっとした関係がある方ですので、陰ながら応援していたので内心ほっとしています。これで来場所も元気な姿を見せてくれると思うと、不祥事続きの大相撲に一つの光明が見出せますね。今場所は千代大海関も頑張っているし、ベテラン力士が頑張っている姿はオジサン族には励みになります。
b0077271_927581.jpg

さて魁皇関との関係はと言うと、魁皇関の奥様とひょんなことで知り合いになってしまいました(といって、もう6年近くはお会いしていませんが)。彼女の現役時代はTVでしか見ていませんでしたが、引退後に六本木のスナックでお会いしたのが初めてで、よくお話しをしました。気さくな方で、冗談も通じるナイスレディ、聞くところによるとここのところ旦那様の成績が芳しくなく、心労が絶えなかったとか、これでゆっくり休めるのではと思います。魁皇関、勝ち越しおめでとうございます。昨日の一番は、あなたの勝利への執念を見ることができました。
今度、共通の友人に近況を聞いてみようと思います。新しいエピソードが発見できたらブログに書きますね。

写真は http://www.jiji.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-11-25 09:28 | 日記
b0077271_8493948.jpg今期のJリーグの試合のVTRを見ているような内容でした。スピラールが復帰して守備は安定しますたが(楢崎選手の好セーブに助けられた部分もありますが)、攻撃の詰めの甘さは相変わらず、16本のシュートを打ちながら11試合目の無得点試合でした。
この試合を観戦した、ストイコビッチ氏は「チャンスは多くつくったけどノースコア。モチベーションは高かったけど、集中力が問題だ」との感想を述べたほか、「今のは誰?」などと目につく選手も多々いたという印象も語っています。監督となって、第2のピクシーを育てて欲しいものです。

優勝争いは、浦和が鹿島に直接対決で破れたため、最終節まで浦和優勝はお預けとなりました。ガンバはロスタイムに同点に追いつかれてしまいました。悪夢の試合でした。そして残留争いは甲府が負けて降格が決定しています。

写真は http://www.sponichi.co.jp/index.html から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-11-25 08:49 | 球技