思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー

<   2008年 03月 ( 47 )   > この月の画像一覧

スペインGP決勝は2番グリッドからスタートしたダニ・ペドロサ選手が地元の大観衆の前で優勝を飾りました。2位にはロッシ選手が入り今シーズン初の表彰台を獲得し、ポールシッターのロレンソ選手はレース序盤でペドロサとロッシに交わされ、3位でフィニッシュ。ディフェンディングチャンピオンのストーナー選手は2度のコースオフが響いて11位に終わっています。今年はBS勢の好調さが目立っていますが、ロッシ選手が2位に入ったことで、ミシュランの巻き返しが期待できるレースだったと思います。
b0077271_12124819.jpg
b0077271_12125987.jpg

MotoGP結果
1 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 45:35.121
2 V・ロッシ フィアット・ヤマハ + 2.883
3 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ + 4.339
4 N・ヘイデン レプソル・ホンダ + 10.142
5 L・カピロッシ リズラ・スズキ + 27.524
6 J・トスランド テック3・ヤマハ + 27.808
7 J・ホプキンス カワサキ・レーシング + 28.296
8 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング + 28.449
9 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ + 32.569
10 C・バーミューレン リズラ・スズキ + 35.091
11 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ + 42.223
12 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ + 44.498
13 A・ウエスト カワサキ・レーシング + 45.807
14 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ + 45.871
15 T・エリアス チームアリーチェ + 1:09.558
16 S・ギュントーリ チームアリーチェ + 1:14.442
Did not finish
17 C・エドワーズ テック3・ヤマハ + 0.000
18 R・ドプニエ ホンダLCR + 0.000
b0077271_12132068.jpg

250ccクラスでは、久しぶりに高橋裕紀選手が3位に入り表彰台確保です。青山博一選手は4位に終わっています。
125ccクラス、期待の小山知良選手は13位と奮いませんでした。

写真は http://www.afpbb.com/category/sports/motor-sports から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-03-31 12:13 | モータースポーツ
ヒルボネン選手のレグリタイアという波乱でスタートしたラリー・アルゼンチンは最終日にもその余波がありました。わずか3SS、合計43Kmというステージのみ、そして順位もほぼ確定という中、波乱はソルベルグ選手におこりました。SS19でソルベルグ選手のインプレッサは突然ストップ、電気系にトラブルが発生してしまったようです。ソルベルグ選手はチームと連絡を取りあい何とか再始動を試みますが、マシンは息を吹き返さすことはなく、シャンパンファイトを目前にしながはまさかのリタイアとなってしまいました。
b0077271_12113937.jpg
b0077271_12114798.jpg


■総合順位
1位:セバスチャン・ローブ(フランス)/シトロエンC4 - 4時間05分48秒6
2位:クリス・アトキンソン(オーストラリア)/スバル・インプレッサ - 4時間08分21秒8
3位:ダニエル・ソルド(スペイン)/シトロエンC4 - 4時間09分53秒3
4位:コンラッド・ローテンバッハ(ジンバブエ)/シトロエンC4 - 4時間25分52秒1
5位:ミッコ・ヒルボネン(フィンランド)/フォード・フォーカス - 4時間31分03秒9

写真は http://www.afpbb.com/category/sports/motor-sports から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-03-31 12:11 | モータースポーツ
グランパスが開幕からの勢いをそのままに、ホームでの初勝利をあげました。今シーズン好調の玉田選手が開始早々に左足でのジャンピングボレーで先制します。前半終盤に同点に追いつかれますが、後半25分にマギヌンの移籍後初ゴールとなる決勝点で2連勝です。昨年も開幕4連勝といいスタートをきりましたが、その後息切れしてしまいました。今年は自分たちのスタイルをそのまま試合にだしての連勝ですから、このままの調子を維持してくれる期待感がありますね。チームにも一体感がありますから、首位戦線をかき回してほしいものです。
b0077271_12425915.jpg
b0077271_1243641.jpg


写真は http://www.so-net.ne.jp/grampus/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-03-31 12:09 | 球技
b0077271_1115127.jpgスタート直後で、馬券の夢は終わってしまいました。スズカフェニックスがスタートでつまずき、福永騎手あやうく落馬! というシーンが映し出されて、連覇はないと感じました。短距離戦で出遅れは取り戻すことは不可能に近いですから、メンバー中上がり最速の足を使って3位まで追い込んだことを評価すべきkぁもしれません。やはり1番枠が影響したのでしょうか。初騎乗の影響かもしれませんが、これも競馬、いろいろなドラマがありますね。ファイングレンはゴール前でキンシャサノキセキを差して見事にGⅠ初勝利です。

1▲ 4 ファイングレイン 牡5 57.0 幸英明 1:07.1  
2 10 キンシャサノキセキ 牡5 57.0 岩田康誠
3◎ 1 スズカフェニックス 牡6 57.0 福永祐一
4△16 ローレルゲレイロ 牡4 57.0 四位洋文
5 7 スーパーホーネット 牡5 57.0 藤岡佑介

写真は http://www.sanspo.com/keiba/keiba.html から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-03-31 08:05 | ギャンブル
この日の主役はローブ選手ではなく、ソルベルグ選手でした。スバルのエースとしての意地を見せた1日でした。特に昼のサービスを経て始まった午後のループでは、SS14、16、17、18と、ローブ選手にトップ譲ったSS155以外はすべてベストタイムをマークし、2位に浮上しています。初日2位のアトキンソン選手は3位、4位はソルド選手ですが、アトキンソン選手とは1分近く差がありますので、スバルが2台表彰台が現実味をおびてきました。
b0077271_10595615.jpg
b0077271_110456.jpg
b0077271_1101132.jpg


写真は http://news2.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=51 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-03-30 11:00 | モータースポーツ
スペインGP予選はミシュランライダーたちがトップを独占しました。ロッシ選手、ストーナー選手にはフラストレーションの溜る予選ではなかったかと思います。
ロレンソ選手がルーキー初となる2戦連続のポールポジション獲得です。
b0077271_10562788.jpg


予選結果
1 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 1:38.189
2 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 1:38.844
3 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 1:38.954
4 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 1:39.061
5 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 1:39.064
6 R・ドプニエ ホンダLCR 1:39.122
7 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 1:39.286
8 J・トスランド テック3・ヤマハ 1:39.334
9 J・ホプキンス カワサキ・レーシング 1:39.439
10 L・カピロッシ リズラ・スズキ 1:39.484
11 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 1:39.559
12 C・バーミューレン リズラ・スズキ 1:39.704
13 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング 1:39.767
14 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 1:40.037
15 A・ウエスト カワサキ・レーシング 1:40.088
16 T・エリアス チームアリーチェ 1:40.286
17 S・ギュントーリ チームアリーチェ 1:30.939
18 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 1:41.027

写真は http://www.motogp.com/ja/motogp/index.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-03-30 10:56 | モータースポーツ
b0077271_1525370.jpg今年は、本命馬のスズカフェニックスの取捨が大きいと思います。主戦の武豊騎手はドバイ遠征で福永騎手に乗り換わります。福永騎手もリーディングを争うジョッキーですから、乗り替わりはそれほど影響しないと思いますが、問題は枠順、1番枠からのスタートがどう響くかです。
橋田調教師はそれほど問題ではないと言っていますが、差し馬ですから、うまく馬群をさばけるかが課題でしょう。
その他の馬では、ファイングレイン、マルカフェニックス、ローレルゲレイロなどが人気を集めそうですね。そんな中、今回はあるジンクスにかけてみようかと思います。それは
①福永騎手が騎乗して、2歳時に東京スポーツ杯を勝った馬は、5歳のこのレースを勝っているということです。
 対象は、キングヘイローとアドマイやマックスの2頭です。偶然といえばそうですが、今回の対象となるフサイチリシャールも調教ではよさそうですからいい線いくかもしれません。ということで予想は以下のとおりです。

◎ スズカフェニックス
○ フサイチリシャール
▲ ファイングレイン
△ マルカフェニックス、ローレルゲレイロ

写真は http://www.sanspo.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-03-29 15:25 | ギャンブル
一部を除き全般的にウェットコンディションでラリーはスタートしました。その中午前中をリードしたのはヒルボネン選手、悪コンディションの中でローブ選手以下に大量のリードを築き上げました。ところが午後のSS5でフィニッシュまであと約88mというところでまさかのレグリタイアです。マシンを岩に当てて右フロントサスペンションを破損してしまいました。その結果、ローブ選手が労せずして首位に浮上し初日を終えています。
2位はSS9を制したアトキンソン選手でローブとの差は1分30秒6。そのアトキンソン選手の8秒3後方には終盤足まわりのセッティングが合わずにペースが上がらなかったソルベルグ選手、4位はガリ選手となっています。
b0077271_1224624.jpg
b0077271_1225376.jpg
b0077271_123078.jpg


写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-03-29 12:03 | モータースポーツ
20代前半のヤングライダーの活躍が目立つ今年のMotoGPです。その中でロッシ選手も頑張っています。フリー走行は3、2番手タイムをマークし、明日の予選でのブレイクが期待できます。

b0077271_11503382.jpg
b0077271_11504059.jpg
b0077271_11504774.jpg
フリー走行2回目
1 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 1:40.321 28
2 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 1:40.364 24
3 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 1:40.584 24
4 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 1:40.673 28
5 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 1:40.815 26
6 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 1:40.877 21
7 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング 1:40.909 25
8 J・トスランド テック3・ヤマハ 1:41.028 15
9 L・カピロッシ リズラ・スズキ 1:41.157 24
10 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 1:41.189 22
11 R・ドプニエ ホンダLCR 1:41.268 26
12 C・バーミューレン リズラ・スズキ 1:41.303 28
13 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 1:41.393 24
14 J・ホプキンス カワサキ・レーシング 1:41.519 21
15 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 1:41.825 20
16 S・ギュントーリ チームアリーチェ 1:42.115 10
17 A・ウエスト カワサキ・レーシング 1:42.181 23
18 T・エリアス チームアリーチェ 1:42.183 22

フリー走行1回目
1 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 1:40.714 23
2 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 1:40.828 20
3 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 1:40.918 26
4 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 1:41.182 27
5 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 1:41.371 25
6 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング 1:41.378 21
7 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 1:41.419 25
8 C・バーミューレン リズラ・スズキ 1:41.443 23
9 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 1:41.579 23
10 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 1:41.599 23
11 J・トスランド テック3・ヤマハ 1:41.607 18
12 L・カピロッシ リズラ・スズキ 1:41.746 23
13 J・ホプキンス カワサキ・レーシング 1:41.944 21
14 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 1:41.980 21
15 A・ウエスト カワサキ・レーシング 1:42.300 22
16 R・ドプニエ ホンダLCR 1:42.454 23
17 S・ギュントーリ チームアリーチェ 1:42.868 20
18 T・エリアス チームアリーチェ 1:43.206 21

写真は http://moto.gpupdate.net/ja/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-03-29 11:58 | モータースポーツ
b0077271_17165456.jpg大物日本人メジャーリーガーの松井秀喜選手が結婚しました。今年にかける松井選手、まず身を固めて今シーズンを戦うわけですね。よく野球選手は結婚すると成績が落ちるといわれていますが、練習熱心の松井選手のこと、かえって守らなければいけない伴侶ができたことでよりいっそう頑張るのではないでしょうか。今年の松井選手は一味違う!
松井選手らしい、インタビューの受け答えではないかと思います。

--結婚までの経緯は
 「出会いは06年くらいです。一言でいうと僕が一目ぼれした感じ。お付き合いが始まったのは昨年からです」
--お相手の性格は
 「どちらかというと控えめな感じ。あまり活発的ではないですかね。明るいですし、いろいろと相手への気づかいができる方だと思う」
--結婚は早い時期に意識したのか
 「徐々にそういう気持ちが出てきた。基本的には(出会いから)あまりたたないうちに、この女性となら一緒にいたいな、というのがあった」
--プロポーズは
 「もちろん僕の方から。それも昨年ですけれど僕からしました」
--なんと言ったのか
 「恥ずかしいので勘弁してください。ストレートに一言でという感じです」
--結婚式は
 「実は昨日、ニューヨークで両家の親族のみで無事、挙げてきました。厳かな雰囲気の中、非常にすばらしい式になったと思います」
--おめでたは
 「残念ながらと言ったらおかしいですが、それはないです」
--入籍はしたのか
 「これからします。(挙式は)シーズンが終わってからにするか、前にしようか迷っていたが、こういうことはシーズン前にしっかり形としてけじめを付けて、新たな気持ちでシーズンに臨みたいという気持ちもありましたので、この時期になりました」
--日本で披露宴などの予定は
 「今のところ、その予定はないです」
--長嶋茂雄氏には
 「報告しています。おめでとう、と。ようやく結婚したか、という感じでしたけれど、野球にも必ずいい影響があるし、これから2人で頑張ってくださいというお言葉を頂きました」
--子供は何人欲しいか
 「チャンスをいただいて子宝に恵まれたら幸せ。何人ほしいとかは考えていません」
--故郷の石川県のファンも喜んでいるが
 「地元の皆さんも喜んでくださっているのであれば非常にうれしいですし、まあ、それは来年のお正月にでもしっかりとご報告したい」
--奥様にはどう呼ばれているのか
 「そういうこと、恥ずかしいな…。秀喜さん、ですね」
--野球にもいい影響がありそうだが
 「健康面、食事の面、ふだんの生活習慣から何からしっかりと考えてやってくれると思う。常にいい体調でグラウンドに行けるという、そういう風になっていくと思う。体調面でいい影響があると思います」
--同僚のジーターはどういうと思うか
 「マツに先にいかれたな、といわれると思う」
--奥様の得意料理は
 「なんでもおいしいのですが、(特に)ハンバーグはおいしいですね」
--結婚の決め手になったのは
 「人間性、性格というか。そういう部分だと思う。いろんな意味で分かちあえる、共有できる気持ちが強かったのだと思います」
--日米での遠距離恋愛だったが
 「常に連絡は取り合っていた。僕の心の中には常に彼女の存在があった。そういう意味で支えてもらった」
--独身最後の大物日本人大リーガーの肩書ともお別れになる
 「そういう肩書と別れを告げるのはなんともない。結婚するというのはうれしいものです」
--ニューヨークでのデートは
 「そんなに人目を気にしたりとかそういうことはなく、ある程度普通にしていました」

写真とインタビューは http://www.sanspo.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-03-28 17:17 | 球技