思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー

<   2008年 04月 ( 55 )   > この月の画像一覧

聞きなれないウィルスですが、ウィキペディアによると感染により人が死亡する恐ろしいウィルスのようです。
b0077271_17291974.jpg

感染ルートは明らかではありませんが、ハクチョウが感染していたことにより地域的にかなり広範囲に感染が広まっているかもしれません。ハクチョウはご存知のように渡り鳥で、日本では北陸地方から東北、北海道地方に冬に飛来して春にシベリアにかえって行きます。
環境省十和田自然保護官事務所などによると、十和田湖でハクチョウが越冬するようになったのは約10年前だそうです。餌付けがきっかけで、青森県側も含めると約300羽が滞在するようになっています。例年11月に飛来し、今年は死骸が発見・回収された翌日の今月22日に最後の約50羽が北に飛び立ち、現在は一羽も残っていないそうで、既に北にかえったハクチョウが感染しているかどうかは定かではありませんが、東北地方だけでなく、幅広いエリアでのチェックが必要だと思うのですが。

------ 東京新聞より -------
<H5N1型ウイルス> A型インフルエンザウイルスの一種で、鶏などの家禽(かきん)が感染すると全身出血などの激しい症状が現れ、致死率は100%近い。2003年以降、アジアなどの家禽にまん延している。海外では散発的に人にも感染し、世界保健機関(WHO)によると、4月17日までに12カ国で計240人が死亡した。人への感染が重なると、ウイルスの遺伝子が変化して、人に広がりやすい「新型インフルエンザ」として世界的に大流行する恐れがあると、WHOなどが警戒している。
------- ここまで -------

お隣の中国では死亡事例がありますので、今までの鳥インフルエンザと同じように考えてはいけないと思います。自衛手段も考える必要がありますね。
 
写真、本文一部は http://ja.wikipedia.org/wiki/H5N1%E4%BA%9C%E5%9E%8B から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-04-30 17:29 | 日記
1回負けただけで自信喪失となってしまうチームなのかもしれません。若いチームだけに精神力はまだついていないのかもしれません。
前半にヨンセン選手のヘディングで先制したまではよかったのですが、すぐに同点、そして逆転されてしまいました。後半はポジショニング、選手を入れ替え、いつものグランパスに戻りましたが得点を奪うことはできずに連敗! 首位転落はさほど影響ありませんが、連敗は厳しい! 次節はG大阪戦、「自分たちが自信を持ってプレーしないといけない」楢崎選手の言葉ですが、自信を取り戻すことができれば勝利は近いと思います。
b0077271_9264712.jpg

自信といえば、浦和、川崎の両チームは自信を取り戻して連勝街道を走り出しました。

写真は http://www.so-net.ne.jp/grampus/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-04-30 08:19 | 球技
渋谷区でおきたバラバラ殺人事件の判決がでました。実刑で15年というものです。この裁判は被告の三橋歌織被告に事件当日、心神喪失状態であったかどうかが問われていた裁判だったと思います。弁護団、検事側双方の鑑定医がともに「事件当時は心神喪失状態だった」と報告していましたが、判決は歌織被告の完全責任能力を認めた形のものです。
裁判長はその理由として、
「意識障害を伴うもうろう状態や幻視、幻聴状態に陥り、適切な行動の抑制が困難な状態にあった」と、鑑定の信用性を認めた一方で、
(1)頭部を集中して攻撃するなど一定の運動能力があった
(2)自らの行動や被害者の反応なども記憶し、意識の清明さを保っていた
などの理由から「精神の障害は責任能力に問題を生じさせる程度ではなかった」と結論付けています。
三橋歌織被告は控訴の意思がないと言われています、検察側も「完全責任能力を認めた妥当な判決。」とコメントしていますから、このまま刑が確定する可能性は高いと思います。

今回の事件は、DVが原因となってこの猟奇的な殺人事件がおきました。DVに限らず、無意味な暴力のない社会がきることを折るのみですね。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-04-29 08:35 | 日記
ラリー・ヨルダンは、最終日にドラマが待っていました。前日まで好調に首位をキープしていたソルド選手ですが、最初のSSでルーズグラベルが乗った路面にてこずり総合順位を3位に落としてしまいます。その後はフォードの2人によるトップ争いとなりましたが、ラトバラ選手は途中のSSで左リヤサスペンションを破損して順位を大きく落としてしまいます。
その結果、堅実に走ったアトキンソン選手が連続して表彰台をゲットです。スバルはここ一番の速さはありませんが、アトキンソン選手とのコンビは信頼性が高いようでここ数戦いいリザルトをだしています。ソルベルグ選手にも伝染してほしいものです。
b0077271_18059100.jpg
b0077271_18162.jpg
b0077271_1811428.jpg
最終結果
1. Mikko Hirvonen BP Ford Focus RS WRC 07 4hours 02mins 47.9secs M
2. Daniel Sordo Citroen Total WRT C4 WRC +01mins 15.7secs M
3. Chris Atkinson Subaru WRT Impreza WRC 2007 +05mins 00.4secs M
4. Henning Solberg Stobart Ford Focus WRC 07 +07mins 35.8secs M
5. Matthew Wilson Stobart VK Ford Focus WRC 07 +10mins 41.7secs A8
6. Federico Villagra Munchi's Ford Focus WRC 07 +11mins 22.2secs M
7. Jari-Matti Latvala BP Ford Focus RS WRC 07 +12mins 15.6secs M
8. Gigi Galli Stobart Ford Focus WRC 07 +12mins 24.4secs M
9. Khalid Al-Qassimi BP Ford Focus RS WRC 07 +19mins 05.7secs A8
10. Sebastien Loeb Citroen Total WRT C4 WRC +23mins 38.1secs M

写真は http://news2.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=51&b6Ec=1 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-04-28 10:42 | モータースポーツ
フェラーリ、そしてライコネン選手のためにあったようなスペインGPでした。スタートでマッサ選手も2位にポジションアップしたフェラーリの2人はピットストップで順位をおとした以外はレースを完璧にコントロールして2戦連続してフェラーリに1、2フィニッシュをもたらしました。
レース自体は、アロンソ選手のリタイア、コヴァライネン選手のクラッシュ(幸い大怪我にはいたらなかんなようです)などいセーフティカーが数回出動する荒れた展開でした。その中、中嶋選手が開幕戦以来となる7位入賞、佐藤選手も完走、そしてバトン選手初入賞、トゥルーリ選手連続入賞と日本人選手、マシンの活躍が目立ったような気もします。しかしトップ争いは相変わらず1+2強です、早くこの中にトヨタ、ホンダが割り込んでほしいですね。
b0077271_10253865.jpg
b0077271_10255352.jpg
b0077271_1026712.jpg

決勝結果
1 K・ライコネン フェラーリ 1:38:19.051
2 F・マッサ フェラーリ + 3.228
3 L・ハミルトン マクラーレン + 4.187
4 R・クビサ BMW + 5.694
5 M・ウェーバー レッドブル + 35.938
6 J・バトン ホンダ + 53.010
7 中嶋 一貴 ウィリアムズ + 58.244
8 J・トゥルーリ トヨタ + 59.435
9 N・ハイドフェルド BMW + 1:03.073
10 G・フィジケラ フォースインディア + 1 laps
11 T・グロック トヨタ + 1 laps
12 D・クルサード レッドブル + 1 laps
13 佐藤 琢磨 スーパー アグリ + 1 laps
Did not finish
14 N・ロズベルグ ウィリアムズ + 25 laps
15 F・アロンソ ルノー + 32 laps
16 R・バリチェロ ホンダ + 32 laps
17 H・コヴァライネン マクラーレン + 45 laps
18 A・デビッドソン スーパー アグリ + 58 laps
19 S・ボーデ トロロッソ + 58 laps
20 N・ピケ・ジュニア ルノー + 59 laps
21 S・ヴェッテル トロロッソ + 66 laps
22 A・スーティル フォースインディア + 66 laps

サポートレースのGP2では、小林可夢偉選手がアジアラウンドに引き続き、本家のヨーロッパラウンドでも優勝です。日本人初の快挙! F1でもこのように快挙!という言葉を発したいですね。
b0077271_10263236.jpg

レース2結果
1 小林 可夢偉 ダムス 40:27.229
2 S・ブエミ トラストチームアーデン + 1.176
3 G・パンターノ レーシング・エンジニアリング + 1.962
4 B・セナ iスポーツ・インターナショナル + 2.808
5 D・ヴァルセッチ ドゥランゴ + 3.501
6 J・ヴィラ レーシング・エンジニアリング + 8.480
7 A・パレンテ スーパーノヴァ・インターナショナル + 8.573
8 M・コンウェイ トライデント・レーシング + 9.593
9 B・ハンレイ カンポス + 11.469
10 Y・ブールマン トラストチームアーデン + 16.974
11 A・ヴァレス FMSインターナショナル + 22.871
12 M・パブロビッチ BCNコンペティション + 23.360
13 R・グロージャン ARTグランプリ + 23.558
14 H・タン トライデント・レーシング + 25.486
15 J・ダンブロシオ ダムス + 47.929
16 D・ヌネス DPR + 1 laps
Did not finish
17 P・マルドナド ピケ・スポーツ + 4 laps
18 A・ツバー ピケ・スポーツ + 4 laps
19 K・チャンドホック iスポーツ・インターナショナル + 8 laps
20 G. Ricci DPR + 8 laps
21 V・ペトロフ カンポス + 11 laps
22 A・ヴァレリオ ドゥランゴ + 12 laps
23 ロルダン・ロドリゲス FMSインターナショナル + 13 laps
24 P・ノチェーラ BCNコンペティション + 14 laps
25 L・フィリッピ ARTグランプリ + 23 laps

写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-04-28 10:26 | モータースポーツ
b0077271_9444052.jpg山口2区補選は、予想通りの結果となりました。予想を裏切るといえば、2万票以上の大差がついたことかもしれません。今回の選挙について自民党は敗北は想定内のことと捉えていたと思います。それでなければ、選挙結果にかかわらず暫定税率復活の法案を再議決することを確約するという暴挙にはでなかったと思います(ただし、この税復活により地方の財源確保ができ、これが票に結びつくという安易な考えがあったのかもしれませんが)。
福田総理の選挙演説がTVで流されていました。後期高齢者保険制度について、肯定的な発言と「負担を高齢者にしてもらうことについての正当性」を彼なりの言い回しで話していますが、その演説を聴いた瞬間に嫌悪感がはしりました。たぶん高齢者の方は憤りを感じたはずです。これでは選挙は勝てないと思います。制度の見直しをしないとダメですね。年金にしろ道路財源にしろ、どうも福田総理の政策は自民党内部でオーソライズされていないものばかり、一枚岩となっていない政党が政治の舵取りをするのですから、日本の将来は暗雲が立ち込めていると言わざるを得ません。
といって、民主党も政権政党としては未知数ですから、今後の日本政治はどうなってしまうのか、かなり心配ですね。

写真は http://www.jiji.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-04-28 09:44 | 日記
ラリー・ヨルダン2日目、ディフェンディングチャンピオン・ローブ選手は最初から飛ばして、同僚のソルド選手を追い越しラリーの主導権と握りましたが、なんとSSを結ぶ区間で事故を起こしてしまいました。その結果リタイアとなる大波乱、ソルド選手はトップに返り咲きましたがシトロエンチームにとっては大打撃です。
スバルのアトキンソン選手はその結果4位にポジションアップしましたが、3位、5位とはともに1分以上のタイム差があります。最終日は長いSSもありますので慎重に走ってできれば表彰台を確保してほしいものです。
b0077271_9264553.jpg


ラリー・ヨルダン2日目総合結果
Overall times after SS16 / Day 2 - Top 20:
1. Daniel Sordo Citroen Total WRT C4 WRC 2hours 29mins 02.9secs M
2. Jari-Matti Latvala BP Ford Focus RS WRC 07 +00mins 08.5secs M
3. Mikko Hirvonen BP Ford Focus RS WRC 07 +00mins 10.4secs M
4. Chris Atkinson Subaru WRT Impreza WRC 2007 +02mins 03.4secs M
5. Urmo Aava PH Sport-Citroen C4 WRC +03mins 07.2secs A8
6. Matthew Wilson Stobart VK Ford Focus WRC 07 +04mins 56.5secs A8
7. Henning Solberg Stobart Ford Focus WRC 07 +05mins 10.9secs M
8. Federico Villagra Munchi's Ford Focus WRC 07 +06mins 56.3secs M
9. Khalid Al-Qassimi BP Ford Focus RS WRC 07 +07mins 10.5secs A8
10. Gigi Galli Stobart Ford Focus WRC 07 +11mins 29.7secs M

写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-04-27 09:27 | モータースポーツ
ライコネン選手が今シーズンの初ポール獲得です。初日から好調のフェラーリに割り込んだのは、地元の英雄のアロンソ選手、ここにきてマシンも改良され調子よさそうです。
その一方で、ちょっと失速気味なのがマクラーレンチームですね、2台仲良くサードローからのスタートです。Q3進出が期待された中嶋選手は惜しくも12位でしたが、上位とのタイム差は僅差ですから、決勝で頑張って入賞目指してください。
佐藤選手は参加することに意義のあるスペインGPという感じですが、完走目指して粘り強い走りを期待しましょう。
b0077271_9132699.jpg
b0077271_9135893.jpg
b0077271_9142619.jpg
b0077271_9143839.jpg
公式予選
1 K・ライコネン フェラーリ 1:21.813
2 F・アロンソ ルノー 1:21.904
3 F・マッサ フェラーリ 1:22.058
4 R・クビサ BMW 1:22.065
5 L・ハミルトン マクラーレン 1:22.096
6 H・コヴァライネン マクラーレン 1:22.231
7 M・ウェーバー レッドブル 1:22.429
8 J・トゥルーリ トヨタ 1:22.529
9 N・ハイドフェルド BMW 1:22.542
10 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:22.699
11 R・バリチェロ ホンダ 1:21.049
12 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:21.117
13 J・バトン ホンダ 1:21.211
14 T・グロック トヨタ 1:21.230
15 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:21.349
16 S・ボーデ トロロッソ 1:21.724
17 D・クルサード レッドブル 1:21.810
18 S・ヴェッテル トロロッソ 1:22.108
19 G・フィジケラ フォースインディア 1:22.516
20 A・スーティル フォースインディア 1:23.224
21 A・デビッドソン スーパー アグリ 1:23.318
22 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 1:23.496

写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-04-27 09:14 | モータースポーツ
2001年現役最後の試合を行った「味の素スタジアム」での東京ヴェルディ戦、結果は0-2の完封負けでした。負けるときはこのような内容という典型的なパターンで、パスミスも多く負けるべくして負けたと思います。
ストイコビッチ監督も「いつまでも勝ち続けることはできない」といっているように、この敗戦の原因を次戦ではしっかり修正してのぞんでほしいですね。連敗しないことが大切です!
b0077271_8192963.jpg


写真は http://www.so-net.ne.jp/grampus/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-04-27 08:06 | 球技
長野市で聖火リレーが行われ、大きな混乱なく終了しましたが、何事もなくということはありませんでした。TVでも生放送され、長野駅前では萩本欽一さんが走者でしたが、何かが投げ込まれ警備する機動隊が盾で防御するシーンが映し出されました。
また福原愛選手の走っている最中に男性が乱入し、こちらも警察官に抑えられるというシーンがあり、日本も他の国と同様なのだと実感してしまいました。また沿道の声も相当だったようで、TVの集音マイクからははっきりと聞こえませんでしたが、中国に対するブーイング、またその反対の声が叫ばれていたようです。
上空からの映像を見ると、警備の隊列のすごさに唖然! やはりこれが聖火リレーなのかと考えてしまいます。最終走者の野口みずき選手まで無地に走り終わったことでよかったのかもしれませんが、もう少し開かれたリレーであったらを感じました(たぶん、無理なことだとは思いますが)。逮捕者が5名でたそうです、この5名を多いと思うか、少ないと思うか、判断が難しいですね。
b0077271_16383100.jpg
b0077271_16382322.jpg
b0077271_163841100.jpg


写真は http://www.jiji.com/jc/p から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-04-26 16:38 | 日記