思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー

<   2008年 08月 ( 85 )   > この月の画像一覧

デイ3はラトバラ選手をヒルボネン選手が追いかける展開でスタートしました。先頭スタートのラトバラ選手はルーズグラベルの砂利かき役を請け負うハンデがあり、なかなかタイムが上がらない様子。3番手スタートとなったローブ選手は、スタート順位を活かすことができずにコーナーでスピンしてタイムロス、SS12番手タイムで総合でも4位に順位を落としてしまいました。
ヒルボネン選手は続くSS15で2番手タイムを出しついにラトバラ選手をパスして首位に浮上しますが、SS17でパンクしてしまいその影響でスピン、ローブ選手に首位の座を渡してしまいました。最終SSを慎重に走ったローブ選手が本人も想像していなかったであろう逆転で優勝を手に入れました。また最終日にプッシュし続けたペター・ソルベルグ選手のスバルはそのかいあって4位に入賞です。ラリー・ジャパンに向けて一筋の光明が見えてきましたね。
b0077271_1833376.jpg
b0077271_1842074.jpg

写真は http://www.afpbb.com/category/sports/motor-sports から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-31 18:04 | モータースポーツ
サラ.ペイリン・アラスカ州知事と言ってこの人は誰と思う人が大多数だと思います。共和党の大統領候補のマケイン上院議員が選んだ副大統領候補は44歳、5児の母でもある若手の有望政治家でした。
ペイリンさんは、アラスカ州の小都市ワシラ市議を振り出しに政治家としてのキャリアをスタート、2006年12月にアラスカ州史上最年少にして初の女性として知事に就任したそうです。運輸から教育、犯罪などの問題を争点に選挙戦を戦い、アラスカの共和党員の汚職に警鐘を鳴らす救世主として人気を集めました。
マケイン氏のエネルギー政策の柱である北極圏国立野生生物保護区での石油開発に積極的に賛成するなど、マスコミの注目を集めてきていますから、日本では無名でも米国ではある程度の知名度はあるようです。
44歳という若さでマケイン氏の年齢に対する懸念を払しょくし、ワシントンの政治に毒されていない清新なイメージを有権者に与えられる可能性があり、オバマさんにはいいライバルとなりそうです。全米ライフル協会の熱心な会員で、アラスカ州の天然ガスパイプライン建設も支持しています。狩猟と魚釣りの熱心な愛好家とのこと、銃の規制が騒がれている米国でこのことがプラスとなるのかマイナスとなるか注目です。。
b0077271_9344121.jpg


翻って、日本の女性政治家といえば、姫井議員の話題などレベルが違いすぎます。古くは市川さんや土井さんという有能な女性議員が国政の番人として活躍していましたが、今はといえば中山恭子さんぐらいしか思い浮かびません。北京五輪で大和ナデシコが大活躍していましたから、政治の世界でも「男はダメね!」という元気な女性政治家の出現はないのかなあと思ってしまいました

不謹慎なことを考えてしまいましたが、マケインさんがもし大統領になって任期中になくなられたらペイリンさんが米国史上初の女性大統領! 亡くならなくても1期目終了時点で引退して共和党はペイリン大統領候補で選挙となればよほど失政がなければ大統領ポストはかなり高確率です。ヒラリーさんも真剣にオバマさんを応援しないと女性初の栄冠は夢となってしまいますね。マケインさんもいいところに目をつけたかもしれません。

写真は http://www.afpbb.com/article/politics/2512395/3276228 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-31 09:35 | 日記
F1開催がちょっと空いた今週はモンツァで合同テストが行われていました。最終日には中嶋選手も参加して4番手のタイムをマークしています。
3日間のトップタイムは、マッサ選手、ハイドフェルド選手、そして最終日がハミルトン選手と3強がそれぞれ日替わりでトップタイムをマークしたモンツァでした。
b0077271_8442184.jpg
b0077271_8425463.jpg
モンツァテスト最終日の結果
1 L・ハミルトン マクラーレン 01:22.967 97
2 K・ライコネン フェラーリ 01:23.371 79
3 G・フィジケラ フォースインディア 01:23.632 114
4 中嶋 一貴 ウィリアムズ 01:23.634 99
5 D・クルサード レッドブル 01:23.737 120
6 F・アロンソ ルノー 01:23.820 80
7 S・ボーデ トロロッソ 01:23.865 77
8 T・グロック トヨタ 01:23.897 79
9 R・クビサ BMW 01:24.089 57
10 J・バトン ホンダ 01:24.321 98

http://motorsport.com/photos/
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-31 08:43 | モータースポーツ
この人のフリー走行、予選での早さは別物なのでしょうか、ストーナー選手がフリー走行3回目もトップタイムをマークし、予選も最後のアタックで1分33秒378のタイムを記録して、ロッシ選手を逆転してのポールポジション獲得です。
一方地元開催でヘルメットデザインも地元バージョンのロッシ選手、0.5秒離されましたが2番手、フロントローを確保しました。
b0077271_811569.jpg
b0077271_8111890.jpg

最近不調なのがレプソル・ホンダのワークスホンダです。2人のライダーが怪我上がりということを差し引いてもホンダ勢のトップをドプニエ選手に奪われてペドロサ選手が6番手からのスタートとなります。中野選手も頑張って8番手からのスタート、スタートで前回のように他のバイクと絡まなければ表彰台を狙えるポジションだと思います。

公式予選
1 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 1:33.378
2 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 1:33.888
3 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 1:33.964
4 R・ドプニエ ホンダLCR 1:34.236
5 T・エリアス チームアリーチェ 1:34.322
6 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 1:34.398
7 C・バーミューレン リズラ・スズキ 1:34.461
8 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 1:34.494
9 J・トスランド テック3・ヤマハ 1:34.652
10 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 1:34.795
11 L・カピロッシ リズラ・スズキ 1:34.926
12 S・ギュントーリ チームアリーチェ 1:34.961
13 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 1:35.153
14 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング 1:35.381
15 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 1:35.418
16 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 1:35.584
17 J・ホプキンス カワサキ・レーシング 1:35.980
18 A・ウエスト カワサキ・レーシング 1:37.047

写真は http://www.afpbb.com/category/sports/motor-sports から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-31 08:11 | モータースポーツ
ディ2はスタート直後から、ローブ選手、ヒルボネン選手のトップ争いと思われましたがラトバラ選手、ソルド選手もトップ2に負けない速さをみせて20秒以内で競り合う展開となりました。
その中でヒルボネン選手はSS11までトップを死守していましたが、SS12でローブ選手に逆転されてしまいました。そしてディ2の最終SSでドラマは起きました。ローブ選手が失速してしまい、かわってラトラバ選手がSS2位の好タイムをマークしトップに躍り出ました。SS13といえば、アトキンソン選手が3位、ソルベルグ選手が4位のタイムをマークしています。やっとスバルがラリーに参加し始めたという印象ですね。
b0077271_17565946.jpg
b0077271_17572384.jpg
b0077271_17574466.jpg
b0077271_15532737.jpg


写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-30 15:54 | モータースポーツ
渡辺秀央元郵政相ら参院議員5人が、新党「改革クラブ」の結成届を総務省に提出し受理されました。代表には渡辺氏が就き、幹事長には無所属の荒井広幸氏が内定。現時点では渡辺、荒井両氏のほか、大江康弘、姫井由美子、松下新平各氏が参加する予定という報道が流れて、数時間後にまたまたとんでもない事件が勃発しました。
なんと姫井由美子参院議員は前日に提出した民主党の離党届を離党届を撤回し、渡辺秀央元郵政相らの新党「改革クラブ」に参加しないことを表明しました。これにより新党は「国会議員5人」の政党要件を満たさないことになり、船出したのはいいですが、すぐに暗礁にのりあげてしまった状態となってしまいました。
政権再編がささやかれる中、自民党からの資金援助の噂もあったこの新党(今は新党ではなく、単なる政治団体ですね!)、誰の思惑通りにもならなかったのではないでしょうか。いずれはこの新党は解散、自民党へ吸収という道筋をたどるのではないかと思います。

それはそうとして、節操のないのが姫井議員、一度離党届をだしながら1日たらずで撤回とは! この人は政治家としてのポリシーがあるのかと思ってしまいます。まあ片山前自民党参議院幹事長に対しての刺客として送り込まれて、議院となった方ですし、議員になっても不倫騒動など政治の場以外でのお騒がせが多い方、今回も1種パフォーマンスでやられたのであれば、素晴らしいと思いますがそのような考えはお持ちではなかったようです。
b0077271_1361140.jpg

もう少し政治家としての自覚をお持ちになったほうがよいと思いますよ、姫井さん!

写真は http://www.iza.ne.jp/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-30 15:30 | 日記
ロッシ選手の地元での開催となるサンマリノGP。初日のフリー走行が行われここ数戦、フリー走行、予選ではほとんど常にトップタイムをマークしているストーナー選手がここサンマリノでもトップタイムをマークしました。
ロッシ選手、1回目は5位と出遅れ気味でしたが、2回目はしっかりと2番手タイムをマークしています。前戦で4位入賞をはたした中野選手ですが、10、9番手とまずまずのタイムをマークしています。
b0077271_8353286.jpg
b0077271_836597.jpg
フリー走行2回目
1 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 1:34.806 20
2 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 1:35.224 27
3 L・カピロッシ リズラ・スズキ 1:35.377 29
4 R・ドプニエ ホンダLCR 1:35.620 27
5 C・バーミューレン リズラ・スズキ 1:35.743 27
6 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 1:35.766 27
7 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 1:35.861 23
8 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 1:35.913 24
9 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 1:36.100 27
10 J・トスランド テック3・ヤマハ 1:36.105 23
11 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 1:36.189 24
12 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 1:36.219 29
13 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング 1:36.356 26
14 T・エリアス チームアリーチェ 1:36.425 23
15 S・ギュントーリ チームアリーチェ 1:36.619 25
16 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 1:37.096 22
17 A・ウエスト カワサキ・レーシング 1:38.239 25

フリー走行1回目
1 C・ストーナー ドゥカティ・マルボロ 1:35.422 24
2 C・エドワーズ テック3・ヤマハ 1:35.424 24
3 A・デ・アンジェリス ホンダ・グレシーニ 1:36.145 26
4 J・ロレンソ フィアット・ヤマハ 1:35.375 29
5 V・ロッシ フィアット・ヤマハ 1:36.464 27
6 N・ヘイデン レプソル・ホンダ 1:36.518 25
7 A・ドビツィオーソ ジルスコットレーシング 1:36.602 26
8 C・バーミューレン リズラ・スズキ 1:36.608 24
9 J・トスランド テック3・ヤマハ 1:36.740 22
10 中野 真矢 ホンダ・グレシーニ 1:36.883 25
11 T・エリアス チームアリーチェ 1:37.099 26
12 R・ドプニエ ホンダLCR 1:37.196 25
13 L・カピロッシ リズラ・スズキ 1:37.355 27
14 D・ペドロサ レプソル・ホンダ 1:37.380 27
15 S・ギュントーリ チームアリーチェ 1:37.534 28
16 M・メランドリ ドゥカティ・マルボロ 1:37.669 22
17 A・ウエスト カワサキ・レーシング 1:37.929 26

写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-30 08:36 | モータースポーツ
ラリー・ニュージーランドが開幕しました。前戦でチャンピオンシップポイントのトップとなったローブ選手ですが、トップスタートのため滑りやすい路面に苦労して午前のセッションを終えて3位といつもポジションとは違う、ちょっと違った展開です。さて初日を終えてトップはヒルボネン選手、安定した走りで2位に浮上したローブ選手に30秒弱の差をつけています。
b0077271_18103913.jpg
b0077271_18104651.jpg

さてフィンランドの仕様をベースに足まわりのセッティングを変更したインプレッサを持ち込んだスバルチームでしたが、SS1からタイムが伸びずに苦しいラリーとなってしまいました。特にSS2ではグループNのマシンより遅いタイムしかマークできないセッションもあり、ちょっと重症のようです。アトキンソン選手はSS3でコースアウトしてディリタイアとなってしまいました。2日目からの巻き返しができるかどうか、ちょっと不安の残った初日のスバルチームでした。
b0077271_18105715.jpg
b0077271_1811441.jpg


写真は http://news2.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=51 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-29 18:17 | モータースポーツ
昨日から日本各地で大雨による土砂崩れなどの災害がおきています。今東京地方の雨はやんでいますがこれから土砂降りの雨が降るとも言われていますので、外出はしたくないですね。
今年の梅雨からおかしいと思っているのですが、シトシトじめじめした梅雨ではなく、土砂降りの豪雨が日本各地で起こっています。これも地球温暖化の影響なのでしょうか。
b0077271_12324325.jpg
でもこの異常気象現象は日本だけのことではなく、インドなどのアジア各国でもおこっているようです。地球最後の日が近づいているのかもしれないとな、なんてSFチックに考えてしまいます。
ますは、くれぐれも災害に直面しないように気をつけましょう。

写真は http://www.asahi.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-29 07:42 | 日記
トロロッソが正式に佐藤琢磨選手と来期のシートについての交渉を行っていることを認めました。それに伴い、今シーズン中のF1テストに参加する可能性がでてきました。トロロッソのヴェッテル選手は来期のレッドブル入りが確定しており、またブルデー選手も来期トロロッソに残留する可能性は不透明な状態ですから、トロロッソの来期のラインアップは2人のレギュラードライバーが交替するという事態も考えられます。
トロロッソのベルガー氏は来期はベテランと新人の組み合わせを考えているようですから、琢磨選手のトロロッソ入りはかなり確率が高いかもしれません。トロロッソは、セナ選手、ブエミ選手にも声をかけているそうですから、まだまだ事態は流動的です。
b0077271_1953296.jpg

琢磨選手、エンジンとのセットになるかもしれませんが、フォースインディア入りもささやかれていますから、F1ストーブリーグから目が離せない状況です。アロンソ選手のホンダ入りという噂もありますし、そろそろストーグリーグも本格化しそうですね。

写真は http://news2.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=1 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-08-28 20:00 | モータースポーツ